横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 彼岸

2018年3月15日

 今回は葬儀横浜 彼岸に付いて書かせて頂きました。

 彼岸とは 雑節の中の暦日の一つで、春と秋の二回あり、春分の日と秋分の日を中日として、その前後3日間を合わせた七日間を言います。最初の日を 彼岸の入り、中心の日を中日(ちゅうにち)、最後の日を 彼岸明け、と呼びます。中日にはご先祖に感謝してお墓参りを行い、前の3日間と後の3日間の計6日間は 悟りの境地を得る為に必要な六つの徳目(六波羅蜜)を一日に一つずつ修めなければならないとされます。そして 彼岸の間に営む仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。

 彼岸の行事は 日本仏教独特の行事で インドや中国の仏教には存在しません。日本仏教の浄土思想では 阿弥陀如来が治める極楽浄土は西方に位置し(西方浄土)、春分と秋分の日は 太陽が真東から昇って、真西に沈む事から、西方に沈む太陽を礼拝して極楽浄土に思いはせたのが彼岸の始まりとされます。その後 この西方拝礼に先祖供養の思想が加味されて 現在の様な 彼岸の行事が定着しました。

 日本で初めて彼岸会が営まれたのは 西暦806年に全国の国分寺の僧に命じて 崇道天皇の為に 七日金剛般若経を読ませた のが始まりとされます。現在でも 各寺院でお彼岸には 彼岸法要が営まれます。

 彼岸の中日には 各家庭で おはぎ や団子を作って仏壇に供え、先祖を供養する為にお墓参りをします。又 仏壇に精進料理をお供えし、ご家族も同じ料理を食するのが 古くよりの習慣です。又 お供え物として作られる ぼたもち や おはぎ の名称は 春の彼岸に咲く 牡丹と、秋の彼岸に咲く 萩 に由来すると言われて居ります。

   今回は以上です。