葬儀横浜 お盆

 今回は葬儀横浜 お盆に付いて書かせて頂きました。

 

 お盆とは 仏教用語の盂蘭盆会(うらぼんえ)を略してお盆と呼ばれますが、日本の夏に営む 祖先の霊をお祀りする一連の行事で、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事とされます。古くは 太陰暦の7月15日を中心として営まれましたが、現代では 太陽暦の8月15日を中心として営まれます。尚 横浜では太陽暦の7月15日を中心として営む場合も御座います。 

 

 お盆には 先祖の霊が自宅に戻ってくると言われます。お盆の時期は 8月13日のお盆の入りに始まり、16日のお盆明けまでの4日間となります。

 

 お盆を迎えるに当たっては 仏壇を綺麗に清め、仏壇とは別に お盆の入りの前日(12日)に精霊棚(盆棚)を設けます。仏壇の近くに小机を置き、その上に 真菰(まこも)や すのこを敷いて精霊棚とします。精霊棚には お位牌を安置し、三具足を配置します。その上で 季節の果物や野菜をお供えします。

 

 13日の夕刻に ご先祖の霊が迷わず自宅に戻れる様 玄関先で野火(おがらを燃やす)を焚いて迎え火とします。そして 14、15日と朝晩 精霊檀にお参りして 先祖の霊をお慰めします。特に15日の夕食は 家族全員で集まり、先祖と霊と共に食卓を囲みます。15日のお盆が終りますと、16日夕刻に 玄関先で野火(送り火)を焚いてご先祖の霊をお見送りします。送り火と致しましては 京都五山で焚かれる送り火が有名です。又 地域によりましては 先祖の霊は川に帰るとして、聖霊流し(燈籠流し)を行います。


 ご家族が亡くなられて 初めて迎えるお盆を 新盆(にいぼん)と呼び、近親者や友人が集まって、丁寧に供養します。供養に当たりましては お願いするご住職には 日時場所など早目にご相談される事をお薦めします。新盆には 故人様の霊が迷わずお戻り頂ける様 軒先に提灯を飾り、夜には 灯りを入れます。尚 忌明け前にお盆を迎えた場合は 翌年が新盆となります。


   今回は以上です。 

▲このページのトップに戻る