葬儀横浜 手続き(世帯主ご逝去)

 今回は葬儀横浜 葬儀後の手続き(世帯主ご逝去)に付いて書かせて頂きました。

 

 世帯主がご逝去され ご葬儀が無事に終了致しましたら、まずは 世帯主の変更届を居住地の市区町村役所に、住居の賃貸契約 変更を家主(地主)に、公共料金の契約者変更を該当機関に、そして 自動振替口座の変更を、それぞれ届出なければ成りません。又 健康保険証、年金手帳、運転免許証、パスポート、身分証明証、などを発行元に返却し、各種の会員権やカードなども 退会、停止の手続きを早い機会に行います。

 

 世帯主が亡くなられた場合には 世帯主を変更しなければ成りません。新たに その家の生計を維持する方が 新しい世帯主となります。世帯主を変更する為には 居住地の市区町村役所に ”世帯主変更届” を届出ます。届け出は 故人様が亡くなられた日から 14日以内に 新しい世帯主、若しくは世帯員(家族)が行わなければ成りません。届け出の際には 印鑑と 本人確認に必要な書類(パスポート、運転免許証など)が必要となります。尚 残された家族が一人の場合や、母親と幼児の様に 新しい世帯主が明確な場合は自動的に 世帯主変更が行われますので、変更届を出す必要は御座いません。届け出は代理人に依頼する事も可能ですが、その場合には 別途 委任状が必要となります。

 

 故人様の住居が賃貸契約に基ずいて使用され、ご遺族がその賃貸契約を継承される場合には 名義変更をしなければ成りません。民間の場合は 家主(地主)に連絡をし契約者変更を依頼します。同居して居られたご家族が新しい名義人の場合は 家主(地主)に名義変更の拒否権は有りません。公団や公営住宅の場合は それぞれの規定に基ずいて変更の手続きをしなければ成りませんので、早い機会に 管理事務所に問合せて 必要書類を用意し、手続きします。

 

 公共料金の契約者変更、自動振替口座の変更、会員権やカードの退会・停止、のども該当する機関に確認をして 必要とされる手続きを行います。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る