葬儀横浜 葬儀後の手続き

 今回は葬儀横浜 葬儀後に必要な手続きに付いて書かせて頂きました。

 

 ご家族のどなたかが亡くなられて、ご葬儀が滞りなく営まれましたら 故人様の自動振替口座の変更、健康保険証・年金手帳の返却、運転免許証・パスポートの返却、その他 身分証明証 公共機関の無料パスなどの返却を行わなければ成りません。又 クレジットカードやその他カード会員などの 退会、解約の届も出さなければ成りません。

 

 故人様名義の銀行預金は 死亡された時点から相続財産となります。金融機関には 名義人の死亡を認識した時点で その口座を凍結する義務が負わされて居ります。口座凍結後には 該当口座からの入出金は全て停止され、送金も出来なく成りますので 自動引き落としの案件は 全て未払いの状態となります。ご遺族であっても出金する事は出来ません。口座を再開する為には 遺産相続を正式に確定し、故人の戸籍謄本(除籍謄本)、相続人全員の印鑑証明、遺産分割協議書を添えて、該当金融機関で手続きをしなければ成りません。口座引き落としを継続させる為には 引き落し口座の変更届を出来るだけ早めに提出する必要が御座います。尚 口座から引き落しが出来なかった料金は 後日 請求が参りますので、その時に相手方指定の口座に振り込んでも構いません。

 

 健康保険証・年金手帳は 故人様が企業にお務めだった場合にはお務めの企業に、そうでない場合は市区町村役所に返却します。尚 横浜市国民年金にご加入の方には 葬祭費として五万円が支給されますので、返却の際に合わせて請求される様 お薦めします。

 

 運転免許証は 原則として居住地の所轄警察署に返却することになって居ります。そのまま 更新の手続きをしなければ いずれ無効となります。

 

 パスポートは 有効期限が残っている場合には 悪用されるのを避ける為に、都道府県庁の旅券課に返却します。ご遺族が記念として残されたい場合には その旨を申し出ると、効力停止の処理をした後に還して貰えます。

 

 企業の身分証明証や 公共機関の無料パスなども 出来るだけ早く 発行元に返却します。

 

 携帯電話、インターネット、クレジットカード、JAF、その他の会員なども 発行元に連絡をして、退会・解約に必要な書類を確認して手続きします。特に 月会費、年会費が必要とされるものは 出来るだけ早めに手続きする事をお薦め致します。

 

   今回は以上です。 

▲このページのトップに戻る