葬儀横浜 生命保険の手続きU

 今回は葬儀横浜 生命保険の手続きUに付いて書かせて頂きました。

 

 ご家族が亡くなられて、故人様が住宅ローンを支払って居られた場合は 団体信用生命保険に加入している事が一般的です。加入のご確認を頂き、加入していた場合には 手続きをされると、住宅ローンの残債の全てが団体信用生命保険の保険金として債権者に支払われ、住宅ローンは完済となります。尚 生命保険の保険金は 受取人により課税される事も御座いますので、ご確認下さい。

 

 銀行などの金融機関と住宅ローンを組む場合は 団体信用生命保険への加入を前提とするのが一般的です。これは 住宅ローンの契約者(債務者)が債務の返済途上で亡くなられた場合に ローン残額と同額が団体信用生命保険の保険金として金融機関に支払われる仕組みです。住宅金融金庫のノーンの場合には 任意加入ですが、年金融資や民間銀行のローンの場合には 加入が義務付けられて居ります。場合によりましては 支払い金利に団体信用生命保険料が含まれている場合も御座います。故人様が団体信用生命保険に加入していたかをご確認頂き、借入先の金融機関で手続きをします。

この場合 住宅ローンは故人様の死亡と同時に完済される事に成りますので、故人様の債務にはならず、相続税や債務控除の対象とも成りません。

 

 生命保険の死亡保険金には 相続税、所得税、贈与税 がかかる場合が有ります。課税される税金の種類は 保険料の負担をした人や保険金の受取人により異なります。

所得税は 保険料の負担者と受取人が同一人の場合です。

相続税は 亡くなられた被保険者と保険料の負担者が同一人の場合です。

贈与税は 保険料の負担者、被保険者、保険金の受取り人が全て異なる場合です。

尚 受取人が相続人の場合は 相続税の非課税の適用が受けられます。


   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る