葬儀横浜 死亡一時金

 今回は葬儀横浜 国民年金の死亡一時金に付いて書かせて頂きました。

 

 国民年金に於ける死亡一時金とは 国民年金の第1号被保険者の方が亡くなられた際に 故人様により生計を維持されていたご遺族のかたに対して支給される一時金で、その金額は保険料を納めた年数に応じて12万円〜32万円の間の支給額となります。但し 遺族基礎年金の支給を受けられるとき、あるいは 寡婦年金を受給される場合は 支給の対象とはなりません。

 

 国民年金第1号被保険者として保険料を36ヶ月(3年間)以上納めていた方が亡くなられた場合、故人様と生計を共にしていたご遺族に対して死亡一時金が支給されます。その条件は 故人様が老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受給していないこと、となります。死亡一時金を受給出来る方は 故人様によって生計を維持していたご遺族(1 配偶者、2 子、3 父母、4 孫、5 祖父母、6 兄弟姉妹の中で優先順位の高い方)のなかの何方かとなります。受給出来る金額は 保険料を納めた期間により異なります。寡婦年金と死亡一時金のどちらかを受給される場合は 金額を比較して 多い方を選択します。

 

 支給申請の手続きは 住所地の市区町村役所国民年金窓口で行います。必要とされるものは 国民年金死亡一時金裁定請求書、年金手帳、除籍謄本、住民票、印鑑などです。死亡一時金を受ける権利の時効は 故人様の死亡日の翌日から2年です。

 

   今回は以上です。 

▲このページのトップに戻る