葬儀横浜 遺族厚生年金

 今回は葬儀横浜 遺族厚生年金に付いて書かせて頂きました。

 

 現代の日本に於きましては 従業員5名以上の企業にお務めして居られる方は 厚生年金保険(共済年金保険)に加入しなければ成りません。故人様が厚生年金(共済年金)に加入されていた場合は ご遺族には 遺族厚生年金(遺族共済年金)が支給されます。その支給額や支給条件は 故人様の加入状況により異なります。

 

 故人様が厚生年金や共済組合に加入していた国民年金の第2号被保険者の場合は 残されたご遺族には 遺族厚生(共済)年金が支給されます。厚生年金の遺族厚生(共済)年金はお子様の有無に係わらず支給されます。但し 30歳未満のお子様のいない奥様には 5年間の有期給付となります。又 条件を満たせば 奥様を亡くされたご主人も受給する事が出来ます。

 

 遺族厚生(共済)年金が支給される為には 故人様が以下の何れかの条件を満たしている事が必要です;

ー 厚生(共済)年金の被保険者が死亡したとき、又は 被保険者期間中の怪我や病気がもとで 初診日から5年以内に亡くなられた時。但し 保険料の納付期間が10年以上である事。

ー 1級、2級の障害厚生年金を受けている方が亡くなられた時。

− 老齢厚生年金を受けている方、又は受ける資格期間を満たした方が亡くなられた時。

遺族厚生(共済)年金を受給できるご遺族の範囲と優先順位は 配偶者、子、父母、孫、祖父母の順となります。但し 夫、父母、祖父母の場合は 亡くなられた時点で55歳以上であり、かつ 支給は60歳からとなります。又 子、孫は満18歳未満になる年度の3月末日を過ぎていない場合となります。

 

 手続きは 年金事務所で申請を行います。申請の期限は死亡日から5年以内となります。

申請に必要とされるものは 遺族厚生(共済)年金裁定請求書、年金手帳、死亡を証明する書類、戸籍謄本、住民票、所得の証明書、印鑑 などです。支給される金額は 故人様が老齢基礎年金として受取る予定の金額の4分の3に相当する額です。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る