横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 準確定申告の申告

2018年4月27日

 今回は葬儀横浜 準確定申告の申告に付いて書かせて頂きました。

 準確定申告の申告と、それに伴う納税は 法定相続人が行わなければ成りません。法定相続人が複数居られる場合は 連名で申告、納税を行います。相続分が確定していない場合での納税は 法定相続分に応じて納税し、確定後に相続者間で調整を行います。準確定申告は 相続人より 確定申告書を 故人様が居住していた市区町村の税務署に提出する事により行います。

 準確定申告は 法定相続人が行います。法定相続人が2名以上居られる場合は 相続人全員が連名で1通の準確定申告書を提出します。法定相続人が確定していない場合は 相続予定の方々の中から代表者を決めて申告します。所得税の納付は相続人が行いますが、2名以上居られた場合は 相続分に応じた割合で割り振り、それぞれが納付します。故人様の遺言による指定相続分が有る場合は その割合で割り振ります。又 相続放棄をした相続人がいる場合は そのかたを除いた相続人全員で 準確定申告と納税を行います。

 準確定申告は ご逝去を知った日の翌日から4ヶ月以内に行わなければ成りませんが、申告する時点で相続分が確定していない場合も有ります。この様な場合は 法定相続分にに応じて割り振った税額を それぞれの相続人が納税します。相続人が負担した税額は 債務として相続財産から控除されます。

 準確定申告をにより 故人様に還付金が還付された場合、還付金は 未収金として相続税の対象となります。他の相続財産と合わせて扱う事となりますので 金額の多寡に係わらず相続財産リストに加えておこます。

 準確定申告に必要とされるものは以下の通りです;

ー 準確定申告の申告用紙と付票。

ー 死亡日までの決算書。

ー 所得の内訳書。

ー 生命保険・地震保険の控除証明書。

- 医療費の領収書。

ー 相続人全員の認め印。

ー 申告者の身分を確認できるもの(免許証など)。

   今回は以上です。