葬儀横浜 エンディング・樹木葬

 今回は葬儀横浜 エンディング・樹木葬に付いて書かせて頂きました。

 

 エンディングをお考えの際に 御自身に遺骨をどの様な形で埋葬して貰うのかお決め頂かなければ成りません。既に墓所をお持ちであれば、その墓石にお納めする事と成りますが、新たに墓所・墓石を手当てしなければならないケースでは 自然の中に戻りたい とのご希望や、比較的 費用を必要としない埋葬の形として、樹木葬と呼ばれる形態が御座います。樹木葬とは 墓地・埋葬等に関する法律にもとずく許可を得た墓地(霊苑)にご遺骨を埋葬し、墓石の代りのに樹木を墓標として故人様を弔う方法です。

 

 ご火葬後のご遺骨を土中に埋葬して、墓石の代りに樹木を植えるのが樹木葬の基本です。樹木葬が散骨と異なる点は ご遺灰(ご遺骨を粉骨したもの)を撒いて自然に還すのではなく、墓地・埋葬法にもとずく許可を得た 里山や墓地にご遺骨を埋葬すると言う点です。日本に於いて 最初に樹木葬墓地を実現したのは 岩手県に所在する臨済宗妙心寺派の 大慈山祥雲寺です。祥雲寺では ”花に生まれ変わる仏たち” をコンセプトに 自然と墓地の共生うたって居ります。

 

 近年 注目されて参りましたのが 霊苑として開発された土地に設けられた樹木葬墓地です。霊苑型の樹木葬では 御一人のご遺骨に対して一本の樹木を植えるケースもあれば、一本のシンボルツリーを植えて その周りにご遺骨を埋めるスタイルも御座います。埋葬方法も 一体毎、数体、合同で多数のご遺骨を埋葬する等 色々な形態が御座います。又 骨壺に納めたご遺骨をそのまま埋葬する形態と、ご遺骨を粉骨した上で埋葬する形態とが御座います。樹木の管理は 寺院や霊苑の管理者が行い、承継者を必ずしも必要とは致しません、従いまして 永代供養型のお墓が一般的ではあります。

 

 樹木葬墓地には限りませんが、樹木葬墓地を選ばれる際には 立地条件、墓地の管理状況、管理・運営主体が信頼出来るか、管理料などの費用関係 に付いても良く確認して下さい。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る