葬儀横浜 エンディング・遺言の効力(法律上)

 今回は葬儀横浜 エンディング・法律上 効力を有する遺言に付いて書かせて頂きました。

 

 法的に効力を持つ遺言の内容は 故人様との身分に関すること、故人様の財産の処分に関すること、故人様の遺産の相続に関すること、の3点となります。それ以外の事柄に付いて記載された事柄は 法律上は 効力を持ちません。

 

 身分に関することとしては;

1 お子様に認知

   婚姻関係にない相手との間で出来た子 との親子関係を認めること、胎児の場合も有効と成ります。

2 未成年者の後見人・後見監督人の指定

   推定相続人に親権者のいない未成年者がいる場合、未成年者の後見人を指定する事が出来ます。更に 後見人を監督する 後見監督人を指定する事もできます。

 

 財産の処分に関することとしては;

1 財産の遺贈

   財産を相続人以外の人に贈与する事が出来ます。

2 財産の寄付

   財産を寄付したり、財団法人を設立するなどの寄付行為を指定する事が出来ます。

3 信託の設定

   財産を 指定した信託銀行や個人に預けて、管理、運用を委託する事が出来ます。

 

 相続に関することとしては;

1 相続分の指定とその委託

   法定相続分とは異なる相続分を指定する事ができます。また 第三者に相続分の指定を委託することが出来ます。

2 遺産分割方法の指定とその委託

   遺産をどの様に分けるか、具体的な遺産分割の方法を指定することが出来ます。また 第三者を指名して分割方法の指定を委託する事も出来ます。

3 遺産分割の禁止

   相続開始から5年を限度として 財産の分割を禁止する 指定が出来ます。

4 相続人相互の担保責任の指定

   相続後の相続人同士による担保責任を軽減したり、加重したり指定することが出来ます。

5 特別受益の持ち戻しの免除

   相続分から差し引かれる 生前贈与や遺贈などによる特別受益分を 考慮に入れないよう免除を指定することが出来る。

6 相続人の廃除や廃除の取り消し

   相続人の廃除をしたり、廃除の取消しを指定することが出来る。

7 遺言執行者の指定とその委託

   遺言内容を実行する為の遺言執行者を指定しておく事や、第三者に指定を委託することが出来ます。

8 祭祀承継者の指定など

   先祖の祭祀を主宰したり、墓や仏壇などを受け継ぐ人を指定できます。

 

   今回は以上です。      

▲このページのトップに戻る