葬儀横浜 エンディング・遺言書の方式

 今回は葬儀横浜 エンディング・遺言書の方式に付いて書かせて頂きました。

 

 遺言書は 御自身の趣くままに書き残す事が可能ですが、後々に法律上も有効とする為には 民法に定められた方式に従って作成しなければ成りません。遺言書作成に於ける方式としては 普通方式と特別方式とが有ります。普通方式には 自筆証書遺言、公正証書遺言、そして 秘密証書遺言の3種類が御座います。又 特別方式としては 危急時遺言(臨終遺言)、隔絶地遺言などが御座います。

 

 世の中で一般的な遺言作成に使われる方式は普通方式となりますが、その中には 自筆証書遺言、公正証書遺言、そして 秘密証書遺言の3種類が御座います。

自筆証書遺言は 遺言書の全文を自筆で書く方式ですので、ご自分の都合に合わせて何時でも作成する事が出来、特別な費用は必要としません。但し その内容や書き方によっては法的に有効と認められない場合が有りますので、その点は確認が必要です。

公正証書遺言は お近くの公証役場に出向き、遺言者が遺言の内容を口述し、それを公証人が文書に作成して遺言書とし 公証役場に登録します。遺言書登録に当たりましては 2名以上の証人が必要であり、作成に当たりましては 費用が必要となります。

秘密証書遺言は ご自分で作成した遺言書を封印の上 公証役場に登録し、本人の遺言書である事を証明して貰うものです。開封は裁判官立会いの下で行われ、それまでは 誰も遺言書の中を見る事は出来ません。公正証書遺言と同様に2名以上の証人が必要で、登録の為の費用が必要です。

 

 遺言者が特別な状況下にある場合は 特別方式の遺言書を作成する事が可能です。特別方式の遺言は 病気や事故などで 死が間近に迫っている場合や、感染症病棟内や航海中の船舶内などの隔絶された状態に居る場合など、特別な事情下に置かれた際に採用される方式です。例えば 病床で臨終間際の 意識の有る内に遺言を作成したい、という場合は 危急時遺言の方式で遺言を作成する事が出来ます。

尚 特別方式で遺言を作成した後に状況が変わり 普通方式での遺言が作成出来る状態になった場合、作成後 6ヶ月以上経過しても生存している場合、には特別方式遺言は無効と成ります。

 

   今回は以上です。

 

▲このページのトップに戻る