葬儀横浜 エンディング・自筆証書遺言

 今回は葬儀横浜 エンディング・自筆証書遺言に付いて書かせて頂きました。

 

 自筆証書遺言は 何時でも何処ででも自由に作る事が出来る遺言書です。但し 書式や内容に一定の条件が有り、それを満たす事が必要となります。自筆証書遺言は 遺言内容全文、作成年月日、氏名を全て自筆で書きあげ、最後に押印する事で完成します。又 封印は しても、しなくても、有効です。

 

 何時でも、何処ででも 本人が自由に作成する事が出来るのが 自筆証書遺言です。証人の必要も有りませんので、遺言の内容も、遺言書を作成した事も秘密にして於く事ができます。但し 書式や内容に付いて 一定の条件を満たしていないと法的に有効とは見做されませんので、作成の際には その条件を確認頂いた上で作成願います。又 遺言者の死後、遺言が発見されなかったり、紛失や第三者による改竄のおそれも有りますので、保管の方法、ご遺族への伝達方法には注意が必要と成ります。遺言者の死後 遺言書は 所轄の家庭裁判所に提出して、検認の手続きを取る事により、遺言書は法的に有効となります。

 

 自筆証書遺言は 全文を必ず自筆で書かなければ成りません。代筆やワープロで作成されたものは効力を持ちません。勿論 テープに録音したものやビデオに録画したものも無効です。作成した日付、氏名も自筆で書き、押印します。日付、氏名、押印のいずれか一つでも欠けると無効とされます。日付は〇年〇月〇日でなくとも、満〇才の誕生日 の様に日付が特定可能であれば有効です。年は元号でも西暦でも有効です。但し 〇年〇月で日付の記載の無い場合は無効となります。署名は実名がベターですが ペンネームや通称でも 遺言者が特定出来れば有効となります。押印は実印でも認め印でも有効となります。拇印も認められて居りますが、遺言者の確定の為に困難が伴いますので、出来れば避けた方が良いでしょう。用紙や筆記用具に制限は有りませんが、改竄を避ける為、鉛筆は使用せず、ボールペン、筆、サインペンなどを使用します。書き間違いや、内容を修正する場合は 法律で定められた方式を守らないと無効と成りますのでご注意下さい。

 

 書き上げた遺言書はは封筒に入れて、遺言書在中と上書きして、封印をします。封印しなくとも 遺言書は有効ですが、変造・汚損を防ぐ意味で封印します。尚 封印された自筆証書遺言書は 家庭裁判所の検認の手続で開封されるまでは 開封する事は禁じられて居ります。

 

   今回は以上です。 

▲このページのトップに戻る