横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 相続・相続時精算課税制度

2018年8月13日

今回は葬儀横浜 相続・相続時精算課税制度に付いて書かせて頂きました。

相続時精算課税制度とは

相続時精算課税制度とは父母・祖父母から子・孫(直系卑属)への生前贈与を行う際に選択できる課税の制度です。

この制度は原則として60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与について、子・孫が選択できる課税の制度です。生前贈与時には贈与財産に該当する軽減された贈与税を納付し、その後父母・祖父母がご逝去された際の相続に於いて生前贈与財産とそれ以外の相続財産とを合計した価額を基に計算した相続税額から、既に納付された贈与税額が清算されます。

平成15年に導入された相続時精算課税制度を選択すると、親から生前贈与を受けた場合は贈与者である親が亡くなった時には相続財産と生前贈与を受けた財産を合算して相続税を計算します。合算して計算した相続税から贈与を受けた時に納めた贈与税相当金額を控除します。控除しきれない場合、すなわち相続税額よりも納付済みの贈与税額の方が大きい場合は控除しきれなかった金額が還付されます。相続財産に加算される生前贈与財産の価額は相続時の時価ではなく、贈与時の時価が適用されます。

生前贈与 確定申告による還付

相続時精算課税制度を選択するメリット

1 2,500万円まで非課税で贈与が可能。

2 早期に多額の財産を贈与する事が出来る。

3 収益物件の贈与は 相続税対策になる可能性がある。

4 値上がりする可能性が高い財産を贈与する事で相続税対策と成る。

5 相続争いが起こる可能性を低減出来る。

相続時精算課税制度を選択するデメリット

1 一度選択したら徹回出来ない。

2 申告の手間が増える。

3 小規模宅地等の特例との併用不可。

4 生前贈与を受けた財産は物納できない。

5 名義変更等のコストが高くなる。

6 相続時に税金が発生する可能性がある。

7 相続前に法改正が行われた場合は不利になる可能性有り。

今回は以上です。