横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 葬儀から学ぶ

2018年8月25日

 今回は葬儀横浜 葬儀から学べることを書かせて頂きました。

 ご葬儀を営まれたり、ご葬儀に参列される中では 必然的に日常の世界とは異なる空間に身を置かれる事と成ります。この非日常的な体験から 新たに感じるもの、考えさせられる事柄を学ぶ事と成ります。親しい人の死という事実に直面して、生きる事の大切さを知り、どの様な命も重たい事、そして 自身も 何れは ”死すべき者” である事を考える事となります。

 人の死を悼んで人々が集い営まれるご葬儀は 参列された方々に人の命の大切さ、生ある者は必ず死なねばならない存在である事を知らしめます。参列された人々は 死が周囲の人々に悲嘆をもたらす程 大きな事実である事に直面し、人の命の大切さを直感させられます。葬儀という場に接する中で、人は死という事実に直面し、その事実の大きさから生の大切さを知り、そして 死がけっして終わりや 無に帰するものでは無いことを学び取ります。

 葬儀を営むということは 人の生と死が重く、大切なもので有る事を意味して居ります。人の死は決して軽いものではありません。それは 人の生、命が重いものだからです。それぞれのどの様な命も この重いということに於いては変わる事無く、従いましてどの様な人の死も重い出来事です。

 故人様を悼み、故人様と別れ、そして 心を込めて見送る時、私達 生きている者もまた 何れ死すべき者であるという事に思いをはせる事でしょう。死と言う事に関しては 死者と遺された者の違いは先に逝く者と後から逝く者との違いでしか有りません。残された私達も 何れは逝かなければなりません。

   今回は以上です。