横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 日本の埋葬の始まり

2018年9月1日

 今回は葬儀横浜 日本古代の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 日本に於ける葬送儀礼(葬儀)の歴史としまして文献として残されいるものの最初は 中国の歴史書”三国志”の中の魏書(略称 魏志倭人伝 ぎしわじんでん)の中で ”人が死ぬと 喪主は泣き、哀悼人は歌舞宴酒の行為を行なった” と記されたものです。これは 弥生時代末期の3世紀前半の葬儀の様子を示したものと考えられます。

 石器時代に於いては移住生活が前提であった為、死者の多くはその場に置き去りにされたものと考えられます。そして 縄文時代に入っても同様の状態が続いて居りましたが、特定の人の遺体は埋葬される様になります。埋葬の方法は 屈葬と呼ばれる、死者の手足を折り曲げて、体育座りの様な姿勢で埋葬されました。この屈葬は日本独自に近い埋葬方法で、海外に於いては アフリカの一部で見られる程度です。又 縄文時代の死者のご遺体には 大きな石が乗せられていたり、縛られていたり、するものだ見られ、縄文時代の人々が死者の霊を怖れて、この様に埋葬したのではないかと推測されます。

 弥生時代に入ると 農耕が始まり、生活は定住生活へと変化して行きます。それに伴い 死者のご遺体はお墓に埋葬されるのが一般化される様に成りました。埋葬の方法も 土葬の屈葬から伸展葬へと変化します。更に 埋葬には 穴を掘ってご遺体を安置し、その上に石を置いたりする、お墓が登場する様になります。ただし 埋葬に当たり葬送儀礼が営まれたか如何かは不明です。

 この様な石を置く形のお墓が時の権力者によって巨大化して行き、古墳となり、時代は古墳時代へと入って行きます。

   今回は以上です。