横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 葬儀の歴史・庶民のお墓

2018年10月6日

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・庶民のお墓に付いて書かせて頂きました。

 日本に於いて庶民のご遺体は集落の共同墓所に埋葬されるのが一般的で、この状態は古くは古代より室町時代まで続きます。その後 惣村の確立と共に庶民個々の経済力が向上し、家族、一族として固有の墓所を保持する様になり、墓石の建立も普及して行きます。そして 江戸時代の寺請制度により、一家一寺の関係と菩提寺(若しくは所有地内)にお墓を建立する習慣が確立しました。

 江戸時代に入ると、それまで村落を支配していた大地主が没落し、平均的な本百姓による共同支配へと変化して行きます。村落の中に有った大地主に庇護された寺院や道場は 村落共有の精神的結びつきを強化する為の惣寺院や惣道場へと変化しました。

 安土桃山時代、江戸時代初期には 民衆は寺院に帰依する様になりますが、一家の構成員全てが 家を単位として一つの寺院の檀家となる、一家一寺の関係は確立されては居りませんでした。家の構成員である夫と妻がそれぞれ異なる寺院に帰依する形態も多く見られました。それが 17世紀後半 江戸幕府による 寺請制度の推進と、自立した農家が広く形成された事により、一家一寺の関係が確立しました。一家という考え方が定まる事により、祖先崇拝も強まり、一家は 菩提寺としてその寺の経済的基盤を支え、代りに 葬祭 仏事は寺院に委託すると言う関係が定着しました。

 共同墓所への埋葬の時代には 墓石を建てるという習慣は有りませんでしたが、壇那寺と檀家という関係が確立すると 一家は独自の墓所を持つ様になり、その墓所には自分達の墓石を建立する習慣が徐々に広がり一般化して行きます。近世の庶民のお墓は 一家の確立、先祖崇拝、家の象徴を前提として建立される事と成りました。

   今回は以上です。