横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 脳死

 今回は葬儀横浜 脳死に付いて書かせて頂きました。

 脳死とは 人の脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に回復不可能な段階まで低下して回復不能と認められた状態のことをですが、国により 脳死の定義と、脳死を個体死とするか如何かは 判断が異なります。日本では 脳死を個体死とする旨の明記は法律上はされて居りません。死の三徴候の内 瞳孔は開いているが、呼吸と心拍は停止していない状態をさします。

 20世紀始めより死の判定は ”死の三徴候”を基に成されて居りましたが、その後 医療技術の発展に伴い 人口呼吸器が開発され、自発呼吸が不可逆的に停止しても、人工的に 呼吸と心臓の拍動が維持出来る様に成りました。その結果 創出されたのが ”脳死”の概念です。人口呼吸器の使用により、呼吸と心拍の停止より先に 脳の全ての機能が不可逆的に停止する状態が発生する様になりましたが、これを脳死の状態と呼びます。脳死に陥ると生命は蘇生する事は無く、脳死状態が何時までの固定化される事はありません。脳死後 1日から1週間の間で心停止に至るとされます。

 この脳死状態に臓器移植の問題がからむことにより、脳死をもって 人の死とするか、あくまでも 心停止をもって人の死とするか、の議論が提起されました。昔は 息を引取り、体温が低下し、身体が硬直し、という死のプロセスを判断して死を受入れて来ましたが、近代に入り 死の三徴候が死の判定基準となり、更には 脳死の概念が出来、脳死状態を前提とした臓器移植の是非が議論される事となりました。そして 現代では 本人 及び家族の同意を前提として、脳死状態での臓器提供が可能な状況と成りました。

   今回は以上です。