横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 葬儀社との打合せ

 今回は葬儀横浜 葬儀社との打合せに付いて書かせて頂きました。

 ご葬儀を営むに当たりましては まずご葬儀の基本方針をお決め頂く必要が御座います。以前は 町内会や団地の管理組合に然るべき方が居られて、その方のお決め頂く基本方針に基ずいて、ご遺族・ご親族の方々はご葬儀を営む形が一般的でしたが、現代の日本に於きましては その様な連帯も希薄となり、ご遺族・近親の方々、場合によりましてはご遺族だけで次第をお決め頂く事もしばしばです。その様な際には 必要に応じて経験豊富な葬儀担当者にご希望を伝え、葬儀次第の提案を受けるのも一つ方法と成ります。葬儀社との面談には 御一人だけで対応する必要は無く、然るべき近親の方の同席や、僧侶 司祭(牧師) 神官などの宗教家に同席して貰い、葬儀をより良い形にお纏め頂くのも良いでしょう。又 面談の際には 葬送儀礼へのご希望を忌憚なくお話し頂き、疑問な点が有れば どの様な内容でも忌憚なく問い合せて 明らかにしておく事をお薦め致します。

 まず最初に 葬儀の喪主様をお決め頂く必要が御座います。一般に 喪主と施主は 葬儀を主宰する人として 同じように用いられますが、厳密には異なります。喪主は 葬儀全体の総責任者ですが、施主とは 布施をする人を語源として、葬儀の金銭面を負担し、運営の責任を司どる方を言います。古くは 戸主が亡くなり、跡継ぎとなる長男が幼少である場合、親族の長老が後見人として葬儀運営の責任を負いました。この様な場合 長男が喪主、長老の方が施主として葬儀を営み、喪主は名目的な責任者、施主が実質的な責任者となりました。現代でも 社葬などの場合 ご遺族が喪主となり、会社の社長が施主(葬儀委員長)となって葬儀が営まれて居ります。

 喪主をどなたが受けるかが問題となる場合も御座いますが、一般的には ご家族の何方かが亡くなられた場合は戸主が、戸主が亡くなられた場合には 戸主が指名していた方(祭祀権承継者)、指名が無い場合は ご長男(ご長女) もしくは配偶者の方が喪主を務めます。尚 喪主は原則として1名ですが、現代では複数名で務めるケースも御座います。

   今回は以上です。