横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 ご遺体の安置

 今回は葬儀横浜 ご遺体の安置に付いて書かせて頂きました。

 ご家族の方に 万一の事が起こった場合、まずはご遺体を安置しなければ成りません。仏式のご葬儀を前提としますと、ご遺体は然るべきお部屋に北枕で安置し、神棚をお備えの場合は その前面を白紙で覆います。そして ご遺体の枕元 もしくは胸元に守り刀を置き、ご遺体の周りを屏風を逆さにして立てます。更に ご遺体の枕元に枕飾りを備え、四華を供え、玄関に忌中札を掲げて、納棺 通夜式を待つのが本来の形となります。

 神棚をお備えの御家庭では ご逝去された後、忌明けまでの間 神棚の前面を白紙で覆います。これは 神道は穢れを避ける事から 死穢(しえ)が神棚の中に及ばぬ様にする為です。この作業は 忌み(いみ)がかかっていない ご家族以外の 他人にお願いして行います。尚 仏壇は 扉を開けておくのが基本となります。

 ご遺体の枕元やご遺体の上に 守り刀 もしくは刃物を置く習慣が御座います。これは 魔除けや、死霊に対する鎮魂の為、故人様の霊が持ち去られる事を防ぐ為、死霊を封じ込める為、など その地域 宗派により言い伝えは異なります。又 古くは 武士のご遺体の枕元にその持刀を置いたことの名残りであるとも言われます。

 枕飾りとは ご遺体の枕元に備える仮祭壇の事を言います。白木の台 若しくは白布で覆った小机を用いてその上をお飾り(荘厳とも言う)します。祭壇には 三具足(香炉、灯明、花立て)と鈴を具えて、ご遺体が安置されている間の故人様の供養に供されます。

   今回は以上です。