横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 告別の作法(焼香)

 今回は葬儀横浜 告別の作法(焼香)に付いて書かせて頂きました。

 ご逝去された方をお見送りする作法は 信仰されている宗教、宗派により異なります。仏式の葬儀であれば 焼香、神式の神葬祭であれば 玉串拝礼、キリスト教の葬儀や無宗教葬であれば 生花の献花、などが一般的な作法となります。尚 日本に於ける キリスト教では カトリック教会やルーテル教会が 焼香による作法を認めて居り、葬送の際に焼香するケースも御座います。

 焼香とは 仏教に於いて、仏や死者に対して香を焚いて拝むことを言いますが、心と身心の穢れを取り除き 清浄な心でお参りする際の作法とされます。左手に数珠を掛け、右手の 親指、人差し指、中指の三指で抹香(粉末の香)をつまみ、香炉にくべて焚きます。又 焼香の方法としては 立った状態で行う 立礼焼香、坐して行う 座礼焼香、ご遺族や会葬者が着席した状態のまま 香炉を回して行う 回し焼香などが御座います。尚 線香焼香は 線香を上げる、と呼称するのが一般的です。そして 焼香の作法は 下記に様に宗派により異なります;

天台宗;焼香の回数について特に定めはありません。

真言宗;焼香は3回、線香は3本、身・口・意の三業を清めるとされます。又 仏・法・僧の三宝に捧げるとも言われます。

浄土宗;特に定めは無い。焼香 1回から3回、線香 1本から3本の間で。

臨済宗;回数には拘らない。

曹洞宗;焼香 2回(初めに焚く香を主香、次に焚く香を従香と言う)、線香は1本。

日蓮宗;焼香 3回(仏・法・僧への三宝供養)、線香は1本。

以上の宗派では 抹香をつまんで 額に押し戴いた後に、香炉で焼香します。

浄土真宗;自身の身心を清め、香をお供えする、とされます。額には押し戴きません。大谷派では 焼香 2回、本願寺派では 焼香 1回。線香は立てずに折って寝かせます。

   今回は以上です。