横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 葬儀社との取り決め

 今回は葬儀横浜 葬儀社との取り決め(打合せ)に付いて書かせて頂きました。

 ご葬儀を営むに当たりまして必要とされる費用は 宗教家、式場・火葬場、人数で変動、そして 葬儀社のお手伝いする費用となりますが、宗教家への費用以外は 葬儀社との相談となります。式場の利用料は 横浜市営斎場・火葬場であれば 定められた金額で、私営の式場であれば 葬儀社との相談により定まります。人数によって変動する返礼品やお料理などは それぞれ 個別の業者にお願いする事と成りますが、葬儀社が 代行してご相談に乗る事が一般的です。

 葬儀社がお手伝いする費用と致しましては ご遺体のお迎えから安置まで、ご遺体の納棺、お柩の搬送(式場へ)、通夜・告別式の施行、式後の準備、等が必要となります。

 ご遺体のお迎えと安置とは ご逝去後、法律に24時間は火葬することができませんので、ご遺体を何れかの場所に一時 安置する必要があります。病院での長時間安置はできませんので、「ご自宅」または「専用の安置所」までご遺体を搬送する必要があります。ご遺体の搬送に当たりましては 防水シーツ等 ご遺体を保全する為の資材が必要となります。又 式場の利用可能日まで時間が有る場合には 一日はご自宅に安置し、二日目以降は専用安置所に安置するなどの方法もご遺族のご希望に合わせてアレンジする事が可能です。

 ご遺体の納棺とは 故人様を棺にお納めする事ですが、一般的には 通夜式の前に ご遺族の手でご遺体を清め、服装を整えて、ご家族の手で棺にお納めします。専用安置所に安置されている場合には 葬儀社担当者に委託して納棺する事も可能です。

 ご遺体をお納めしたお柩は葬儀場まで寝台車でご遺体の搬送を行い、葬儀式場内に安置され、通夜式を営む事となります。横浜市営の葬儀式場では休憩室・宿泊室等のご利用が可能です。  ※葬儀式場によっては、休憩室・宿泊室をご用意できない場合があります。

  通夜式と共に一晩故人様と一緒に過ごされた後、葬儀式・告別式が営まれます。尚 横浜市営斎場をご利用される場合には 初七日法要も合わせて営むのが一般的です。その後 式場内に飾られていたお花でご遺体を飾り、故人様との最後のお別れを行い、火葬場へのご出棺と成ります。

 火葬場では お柩を先頭にしてご遺族はその後ろに従い 火葬炉の前まで移動し、その後 ご遺体の火葬が始まります。この間は 火葬場係員の指示に従い行動します。尚 横浜市営斎場では 係員へのお心付けは不要と定められて居ります。ご火葬に必要とされる時間は一時間前後となります。尚 横浜市営斎場では この時間を利用して お斎の席を設けるのが一般的となって居ります。ご火葬が終りましたら 係員の案内に従って ご拾骨を行い、葬儀全般が終了となります。

 その後 故人様の焼骨をお納めしたお骨壺は ご遺族の手でご自宅のお持ち帰り頂き、後飾り壇に安置し、四十九日法要までの忌の期間 ご遺族によりお祀りされる事と成ります。

 以上の手配が葬儀社により行われますが、何れの場面でも ご遺族のご希望する営みが最優先となります。

   今回は以上です。