葬儀横浜 日本の葬儀と習俗

 今回は葬儀横浜 日本の葬儀と習俗に付き書かせていただきました。

 

 日本に於ける死者のお見送りには 死者を想う気持ちと長い歴史の中から、日本人特有の葬儀文化と習俗が醸成されて参りました。死者を見送る為の 野辺の送りであり、ご遺体を清める 湯灌、死者の蘇生を願う 魂呼び、死者との最後のお別れとなる 食い別れ、死の穢れを避けるための 耳ふさぎ、その他、です。

 

 野辺の送り とは墓地 又は火葬場まで 故人様のご遺体を中心に列を組んでお送りする事を言います。野辺送り、葬列、渡御(とぎょ)などとも言います。大正・昭和初期に告別式・葬儀式が営まれる様になるまでは 葬送儀礼の中心となって居りました。野辺の送りには 故人様の地位や営まれる地域 宗派により様式は様々ですが、松明、提灯、六道を先頭にして、旗(銘旗)、龍頭、花籠,香炉、̪四華、膳、位牌、天蓋、柩などと続きます。葬列内での役割は 故人様との関係により定められます。善(縁)の綱 と呼ばれる柩につなげた白い布には 近親の女性やお子様が手にします。お位牌を保持するのは 喪主様と定められ、故人様のお供えしていた枕飯は 喪主様のお内儀が持つものとされます。

 

 江戸時代までは 葬儀は夜に営むのが通常でしたので、松明が先頭となります。そして 葬列の行進は 行程の中の十字路で柩を廻したり、埋葬で使用した鍬や鋤、草履などは墓地に廃棄し、帰りの道は 往路とは異なる道を通る、などをして故人様の死霊が家に戻らぬ様にとの習俗が御座いました。現代では 霊柩車を使用する事から、葬列を組むことは少なくなりましたが、寺院の寺門から式場まで、あるいは墓地まで、小さな葬列を組むケースは御座います。

 

   今回は以上です。  

▲このページのトップに戻る