横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜 日本の葬儀と習俗Ⅱ

 今回は葬儀横浜 日本の葬儀と習俗Ⅱに付いて書かせて頂きました。

  日本に於ける死者のお見送りには 死者を想う気持ちと長い歴史の中から、日本人特有の葬儀文化と習俗が醸成されて参りました。死者を見送る為の 野辺の送りであり、ご遺体を清める 湯灌、死者の蘇生を願う 魂呼び、死者との最後のお別れとなる 食い別れ、死の穢れを避けるための 耳ふさぎ、その他、です。

 湯灌(ゆかん)とは 葬儀に際して、ご遺体を入浴させて 洗い清め、衣服を整える事を言い、ご遺体を棺に納める前に行いました。古くには 盥に水を入れておき、そこに湯を加えて(逆さ湯と呼ぶ)ぬるま湯を作り、その逆さ湯を新しい柄杓でご遺体の頭からかけ、その上で拭き清めました。江戸時代の江戸では多くの寺院に湯灌場が用意され、この場で湯灌が行われました。現代の横浜では 病院の看護師によるエンゼルケアー、ご自宅の浴場が小さくなった事などから、行われる事は少なくなり、この湯灌に代えて 納棺の前に 故人様を 足、手、お顔の順に洗浄綿を使用して 拭き清める形が一般的となっております。尚 ご遺体を洗い清める と言う習俗は 作法の相違は有りますが、世界中 おおくの地域で行われて居る習俗です。

 近世の湯灌は 近親者の手により行うものとされており、地域によりましては 男性の血縁者が茶碗酒(湯灌酒)を飲みながら行うもの、親族の女性が行うもの、ともされて居ります。しかしながら 湯灌は本来 聖と呼ばれる宗教家の手で行われるもので、授戒や剃髪と共に行う一連の作法として営まれて居りました。死者の霊魂を浄化する為の営みであるとされました。湯灌の作業中には 読経、念仏が唱えられました。

   今回は以上です。