横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜都筑区での天理教による葬儀

2019年12月9日

今回は横浜都筑区での天理教による葬儀に付いて書かせて頂きました。

天理教の教え 天理教HPより

過日、埼玉県にお住まいの男性の方よりお電話を頂き、”埼玉県内の医療施設で療養中のご母堂様がご逝去され、本日ご遺体を横浜都筑区内のご自宅へ移送の予定。付いては到着後にお見送りに付き相談したい。”とのご依頼を頂きました。

同日夕刻ご指定の時間にご母堂様のご自宅に訪問し面談させて頂きました。

ご遺族様の想い;

お母様は横浜都筑区内の自宅で独身生活をされて居られましたが、病を得てご子息ご自宅近くの医療施設へ入院し療養生活に入られ、本日早朝にご寿命をまっとうされました。

お母様は生前より”ご自宅で最期を迎えたい”と希望されていた事から、ご遺体を一度は自宅へ帰宅させたいと考え、埼玉県より横浜へご移送されたとの事。

1 ご葬儀はご母堂様が信仰されて居られた天理教分教会にご報告、ご依頼をして祭主をお招きして、天理教の作法に従い営みたい。

2 ご葬儀の式場は火葬炉が併設されて便利な横浜市北部斎場をご利用される。

3 ご遺体はご葬儀までの間、ご自宅内に安置。

4 予定される会葬者の数は約100名。

ひかりの杜よりのご提案;

式場の設営、ご葬儀の次第に付いてはご母堂様が通われていた天理教分教会のご指示に全面的に従って作業させて頂く事とし;

1 お手伝いの費用はご利用し易い”ひかりの杜一般葬プラン”のご利用をお勧めして、その内容・流れ・変更ご希望の場合の差額に付いてご説明。

2 その他詳細は分教会を訪問してご指示を伺った後に相談させて頂く事としました。

上の面談の後、口頭での内示を頂き、ご母堂様のご遺体の保全処置を施させて頂きました。

横浜市北部斎場

横浜市北部斎場

天理教の葬儀;

天理教は日本の江戸時代末期に中山みきを教祖として成立した新宗教の一つで、現在の本拠地は奈良県天理市に置かれて居ります。

その教義は”陽気ぐらし”と呼ばれる世界の実現を目指しております。

天理教の葬儀は神道の神葬祭を基本として居りますが、それほど厳しく形式にこだわる事は無く、分教会独自の形式を持つことも許されて居ります。

天理教の死後観では人間の身体は神からの借り物であって、死んだら身体は神の御返しし、再び生まれ変わるまで魂は親神様のふところで生きるとされます。

天理教のご葬儀は悲しみの中で故人様の霊を親神様の下に移し、残った亡骸(身体)を葬ると共に、いつの日にか再び新しい着物(身体)を借りてこの世に出直して帰ってくる事を祈念する儀式であります。

今回は以上です。