横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜港北区、日本古代の墳墓

今回は葬儀横浜港北区、日本古代の墳墓に付いて書かせて頂きました。

綱島古墳綱島古墳

日本古代の墳墓;

日本古代の縄文時代の集落では中央広場の一画を死者の埋葬地にあてられて居りました。

紀元前4000年前から紀元前200年ころまでは、死者は住居の近くに埋葬されたのであります。

縄文社会では死者と生者が密接に関わりあった時代であると考えられます。

そこには死者は身分の区別なくが並び葬られている。葬法は大半が土葬で、時には火葬された幼児骨を納めた土偶形容器も発見されております。

風葬も何らかの理由から、広場に葬れない者に適用されたことが考えられます。

縄文時代の土葬の場合、死者の多くはは屈葬の姿で葬られ、わずかに伸展葬での埋葬も見られます。

そして両方ともに遺体を強く緊縛しているのであります。

こうした処置は、おそらく死者の体に悪霊がとりつき、それが動き出して住民に悪さをすることを恐れての処置であろうと考えられて居ります。

又、胸に石を抱かせたり、頭に甕をかぶせたりする処置も同じような配慮と考えられます。

死者と一緒に副葬品を埋葬する風習は、縄文時代にはほとんど御座いません。

もちろん耳飾りや、腕輪をはめたご遺体は多く見られますが、これは生前身につけていた装飾品がそのまま持ち込まれたものであると思われます。

弥生時代の墳墓;

弥生時代は「死者観」が大きく変化しました。

大陸から移動して来た民族が新しい論理と制度を携えて渡つてきたとき、縄文文化の風習は新しい風習へと変化して行きました。

弥生式文化は近畿地方を中心に新しい墳墓をもたらしました。

方形周溝墓と呼ぶ、四方を溝で区画し内部を盛り土した墳墓が登場したのです。

この墳墓には、中央に戸主を葬り、脇に妻、周囲にその子といつた「家族墓」の形態をとって居ります。

そして、2代目は先代の方形周溝墓の一辺を借りて一段と小さく営むといつた特色をもちます。

その規模は1辺10メートルを超える例が多く、生者の生活空間よりも広い空間を死者に与えて居ります。

同じ時期、北九州では石柱の上に平らな石を乗せて、その下にご遺体を埋葬した”支石墓”や甕棺が発見されて居ります。

甕棺は弥生中期から後期にかけて九州各地に分布している。

この葬法は古墳時代中期まで行なわれているが、その後、減少している。

市が尾横穴古墳群市が尾横穴古墳群

横浜市内の古墳;

横浜に於ける古墳遺跡と致しましては”綱島古墳”、”市が尾横穴古墳群”、”稲荷前古墳群”、他、多数の遺跡、遺跡跡が御座います。

今回は以上です。