横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜港北区、大化改新・薄葬令

今回は葬儀横浜港北区、大化改新・薄葬令に付いて書かせて頂きました。

横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センター

大化改新・履葬令;

弥生時代に権力者はその権力の象徴となる墳墓が造成される様になり、より大掛かりなものへと変化し、次の古墳時代にはその頂点を迎えます。

そして、大和朝廷による飛鳥時代が始まり、その大きな変化として大化の改新が発せられ、その一つとして薄葬令が発令されました。

薄葬令とは 大化の改新の中で646年(大化2年)に発令された勅令で、身分に応じて墳墓の規模などを制限したものです。

薄葬令は 地方豪族の権力の象徴であった巨大古墳の築造を制限するものであり、大和朝廷が地方豪族を管理下に従え、中央集権国家に変貌した象徴と解釈されます。

それに従い 前方後円墳の築造を象徴とした厚葬の時代・古墳時代が終焉を迎え、墳陵は小型簡素化された飛鳥時代へと入って行きます。

薄葬令は 中国の故事にならい、民衆の犠牲を軽減するために 権力者の葬送に多くの財や労力を費やしてはならない との考えから生まれたと共に、身分ごとの葬制秩序の確立という側面も備えて居りました。その内容は;

1 必要以上に大きな墳墓を造る事は 民衆の貧窮を招くと警告し。

2 死者の身分により墳墓を造る夫役の延べ人数の上限を定め(天皇の陵にかける日数は7日以内)。

3 一般階級の遺体は 一定の墓地に集めて埋葬することとし。

4 殯(もがり)や、人馬の殉死 殉葬、そして 宝物を副葬することを禁じました。

これらの事により 旧来の習俗を否定しました。

薄葬政策は その後もしばしば発令されます。

703年に崩御された女性天皇である持統天皇は 倹約・簡素な葬儀を遺詔(天皇による遺言)され、火葬された初めての天皇となり、ご遺骨は 独自の墳陵を持たずに夫君であった天武天皇の陵に合葬される薄葬でした。

この様な事から 巨大墳墓や殯などの習俗が姿を消して行きます。しかし 地域によっては 民俗として殯や泣き女などが生き続けておりました。

今回は以上です。