横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜港北区、江戸時代の葬送

今回は葬儀横浜港北区、江戸時代の葬送に付いて書かせて頂きました。

金沢区富岡総合公園の桜金沢区野島公園の桜

室町・安土桃山時代をこえて江戸時代に入ると、農村を中心とする共同体の構成は変化し惣村に於ける寺院・道場の位置付けも変化して行きます。

その上で寺院と家の関係はより強いものと成り、庶民も墓を持つ様に成りました。

村落と寺院;

江戸時代に入りますと、惣村を支配してきた大百姓は徐々に没落して行き、村は平均的な本百姓によって構成される様に成ります。

それに伴い、大百姓の菩提寺であった寺院や道場はそれぞれ独立をして、村惣堂や惣道場となり地域共同体の精神的な支柱となり、共同体内の結びつきを強化する糧と成ります。

一家一寺;

江戸時代初期の段階では、家の構成員である夫と妻女が別々の寺院に帰依する事も許されて居り、寺院の檀家制度はそれ程明確ではありませんでした。

然しながら17世紀も後半に入ると、江戸幕府による寺請制度の推進と、自立した農民層が広く構成され始めた事と合わせて、一家一寺の関係が確立して行きます。

一家一寺の制度は、祖先崇拝を強め、一家の菩提寺として寺院の財政基盤を支える事となり、葬祭・仏亊を寺院に委託するが定着します。

金沢区富岡総合公園の桜金沢区富岡総合公園の桜

庶民とお墓;

安土・桃山時代までの庶民が墓石を備えた墓を持つことはありませんでした。

江戸時代に入り、庶民にも家制度が取り入れられ、寺院と檀家の関係が確立して行くと、自家の墓を建てる事とが普及して行きました。

それまでの庶民は、地域共同体内の墓地と指定された区域に順次埋葬したり、放置したり、して居りました。

それが、家制度の確立と共に自らの墓を所有する様になります。

日本の近世、農民階級の自立により、家制度が創りあげられ、先祖崇拝と家の象徴として墓が建てられる事と成ります。

今回は以上です。