横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀横浜神奈川区、葬儀費用の困窮者支援制度

昨日は4月1日新会計年度の始まり、と共にエイプリルフールでした。

エイプリルフールの日は一日中”噓をついても良い”とされる世界共通の風習として定着して居ります。

但し、イギリスでは噓をつけるのは正午までとされています。

エイプリルフールが何時、何処で始まったのか、その起源は不明です。

然しながら、その起源説はインド、中国、ヨーロッパのフランス・イギリスなどでそれぞれに仮説が有り、世界共通の風習である事が分ります。

4月に咲く花・山吹 4月に咲く花・山吹(ヤマブキ)

お問い合わせ;

過日、横浜市神奈川区内の女性の方よりお電話を頂き;

”ご母堂様がご逝去、母子二人で倹しく暮らしていたが蓄えも無くどの様にして見送れば良いか分らず、教えて欲しい”とのこと。

実情をお伺いする為、面談のご了解を得てご自宅に急行致しました。

ご母堂様は急な病を得て往診医の診療の下でご逝去されましたが、

ご母堂様の蓄えを確認したところ残金は無く、ご自身にも余分な蓄えも無い事から途方に暮れて、ひかりの杜へ電話をされたとの事。

ひかりの杜よりのアドバイス;

まずは、お二人が居住されている神奈川区役所生活支援課に相談する事をお勧めし、

ご母堂様のご遺体保全の為のドライアイスを当てた上で神奈川区役所生活支援課に同行致しました。

生活支援課ではケースワーカーの方をアサインして頂き、実情を説明して支援をお願い致しました。

お話合いの結果、お二人を生活保護受給者として受理して頂く事となり、即日その手続きを行いました。

その結果、ご母堂様のお見送りは生活保護者に対する葬祭補助費用の範囲で営む事となりました。

蓮華草 4月に咲く花・蓮華草(レンゲソウ)

ご母堂様のお見送り;

最初にご母堂様のご遺体をご自宅に安置しておく事が難しいので、ご遺体をひかりの杜遺体安置所に移送させて頂きました。

葬祭補助の範囲ではご火葬のみを営む”直葬”でのお見送りとなりますので、火葬炉としてご自宅に近い横浜市久保山斎場を予約致しました。

ご火葬当日は、

先ず、担当者の手により、ひかりの杜遺体安置所内でご母堂様のご遺体をお浄めし、衣服を正してお柩にお納めし、横浜市久保山斎場に向けて出棺と成りました。

横浜市久保山斎場入口にてご息女と合流し、火葬炉前で最後のお別れをされ、荼毘に付されました。

ご火葬終了後は横浜市久保山斎場担当者の下で拾骨をされ、御見送りは滞りなく営む事が出来ました。

以上全ての費用は葬祭補助の範囲でお手伝いさせて頂き、ご息女が負担される費用は御座いませんでした。

今回は以上です。