横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

横浜市港北区での非常事態宣言下のご葬儀

4月19日は”飼育の日”とされて居ります。

”し(4)い(1)く(9)”の語呂合わせにちなんで、日本動物園水族館協会が4月19日を記念日として制定致しました。

本来であれば多くの家族ずれで賑わう動物園・水族館ですが、

新型コロナウィルス感染防止の為の非常事態宣言下では多くの施設が臨終休業して居り、外出を自粛せざるを得ません。

又、69年前(1951年)の今日アメリカ合衆国陸軍のダグラス・マッカーサー元帥が”老兵は死なず、ただ消えるのみ”の言葉を残して退役しました。

マッカーサー元帥は第二次世界大戦終戦直後の1945年8月30日神奈川県の厚木飛行場に降り立ち、横浜市中区のホテルニューグランドを宿舎とし、

連合国軍最高司令官として以降の5年簡、敗戦国日本の統治に当たりました。

ホテルニューグランド・横浜市中区ホテルニューグランド・横浜市中区

お問い合わせ;

横浜市港北区内の男性の方よりお電話を頂き;

””お父上様が横浜市都筑区内の病院で加療中、担当の医師より万一の場合を覚悟して欲しい、との事。

新型コロナウィルスの検査は陰性。

非常事態宣言下でどの様なお見送りが可能か?”とのお問い合わせを頂きました。

当方より面談を希望し、横浜市港北区新横浜のひかりの杜事務所内で面談させて頂く事と成りました。

ひかりの杜Webサイトひかりの杜Webサイト

ひかりの杜よりのご説明;

1 新型コロナウィルスの検査結果が陰性の方であれば通常のご葬儀を営む事が可能。

2 但し参列者の方々の健康を考慮するとなるべく参列者数を絞る事をお勧めします。

3 まずは、ご家族のみでご遺体を火葬し、非常事態宣言終結後に然るべくご葬儀を営む事も一案と成ります。

3 葬儀を営む場合の式場では、

-入口他の適切な場所にアルコール消毒液を用意させて頂く。

-座席は一つ置きの利用とさせて頂き、会葬者簡の距離を保たせて頂く。

-立ち席の会葬者の方々も近接しない様、ひかりの杜担当者が案内させて頂く。

-式場出入口は開放した状態でご利用頂く。

4 以上の他は通常通りのご葬儀を営ませて頂きます。

今回は以上です。