横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

家族葬とは

昨今、ご葬儀の問い合わせを頂く際に家族葬のご指定を頂くケースが多々御座います。

家族葬とは何かについて以下書かせて頂きました。

仏式直葬仏式 天理教葬儀神式 牧師様キリスト教式

目次

1 葬儀とは

2 家族葬とは

3 家族葬と密葬の違い

4 家族葬での注意事項

1 葬儀とは

不幸にもご家族の方がご逝去された場合、何らかの形で故人様のお見送りをしなければなりません。

このお見送りの儀礼を仏教では葬送儀礼と言い、これを略して葬儀と呼んで居ります

日本に於きましては永い間、お見送りの儀礼はほとんどの場合仏式で営まれて居ります(9割以上)事から葬儀の名称は定着し。

現代では信仰される宗教に関わらず、お見送りの儀礼を葬儀と呼ばれる事となりました。

そしてご葬儀は幾つかの目的を持って営まれます;

1-1 社会的な役割

人は特定の場合を除いて社会の中で生きて居りますので、その方の死を社会が処理する必要があります。

即ち、社会にその方の死を知らしめ、社会の人々はその方のご逝去を確認する必要が御座います。

1-2 物理的な役割

亡くなられた方のご遺体は生命を失うと共に細胞の腐敗が始まります。

従いまして、そのご遺体を埋葬したり、火葬をしたりなどの処理をする必要が御座います。

そして故人様との決別は具体的にはご遺体とのお別であり、

ご遺体の処理は単なる物理的な処理だけでは無く、故人様とのお別かれとなる重要な役割を持ちます。

1-3 文化・宗教的な役割

人が亡くなると現世では故人様と残された方々との関係が閉ざされる事と成ります。

そして故人様の霊を現世から來世へ送り出してあげなければなりません。

残された方々は故人様の霊を慰め、来世での幸せを祈念すると共に、故人様と遺された方々の間で新たな関係を創り上げる必要が御座います。

この新たな関係を創り上げる為の宗教的儀礼が葬儀式の中心となるものです。

1-4 心理的役割(悲嘆の処理)

人の死は周囲の人々に衝撃を与え、悲しみや心の痛みをもたらします。

特に故人様と密な関係にあった配偶者やご家族にはより大きな精神的な苦痛を与える事となります。

これらの悲嘆は病気では無く自然なことであり、この癒しには長い時間が必要です。

葬送儀礼で営まれる臨終行儀、通夜式、葬儀式、その後に営まれる法要は悲嘆を癒す一助となるべき営みでも御座います。

1-5 社会心理的役割

人の死は人々に様々な感情を起こさせます。

人の死が新たな死を招く祟りを起こすのではないか、死者の霊が何かを起こすのではないか、などです。

これらの恐怖感や感情を和らげる為に弔いの儀礼が要請されます。

2 家族葬とは

家族葬とは前述5項目のうちの1-1を意識せずにご家族だけの少人数で営むご葬儀を言います。

故人様が高齢であったり、長期間に渡る療養などで、社会との係わりが薄かった事からご葬儀に社会的役割を期待しないご遺族が選択されるご葬儀です。

少人数での葬送儀礼ですが式次第は通常の葬儀と同様の内容で営まれます。

参列の方々はご遺族の方と極近親の方に限られますので、来客への対応やその慌しさとは無縁となります。

ご家族の皆様でゆっくりと故人様をお見送りするご葬儀が営め、お別れの時間を大切に過ごすことが可能となります。

参列者の人数が少ない為、ご葬儀の費用を抑える事が可能となります。

ただし、会葬者が少ない分、香典の金額も少なくなります。

又、ご葬儀に参列出来なかった知人・友人の方々が多数後日ご自宅に訪問されてご多忙となる場合も御座います。

花祭壇を

3 家族葬と密葬との相違

家族葬と密葬は共に小規模で営むご葬儀として同義語のように考えられる方が居られますが本来は其々異なる目的の葬儀です。

元々「密葬」は、故人様の生前のお立場からは然るべき大規模な本葬を営むに当たり、その準備に時間が掛かる為、

本来のご葬儀に先立って営む内輪での葬儀を指します。

従いまして本葬を営む前提での密葬となります。

大手企業代表者の為の社葬、有名人の方のお別れ会・偲ぶ会、などをひかえてご家族・近親の方々で密やかに密葬を営む形となります。

尚、社葬・お別れ会・偲ぶ会などの場合、喪主はご遺族の方が務め、執行は企業・団体が施主として執り行う事と成ります。

本葬を前提とした密葬に対して、家族葬はご家族・近親の方だけによる本葬の営みとなります。

4 家族葬での注意事項;

家族葬でのご葬儀を希望されるご遺族の方には”家族葬プラン”のご利用をお勧め致します。

家族葬プランとは少人数(通常は10名前後)でのご葬儀に必要な物品とサービスをセットとして割安に提供するプランですが、

選択される前に以下の項目に付き良くご確認下さい;

-プランの内容明細。

-プランへの追加・変更が可能な項目とその費用。

-打ち合わせ内容を基にした見積書の提出。

-その他疑問や不明点の解決。

見積書の内容と請求金額が大きく異なりトラブルとなるケースが有るとも漏れ聞きます。

又、葬儀担当者との付き合いはご葬儀の後も初七日・四十九日・一回忌・三回忌法要、仏具手配、その他もろもろと長期に渡りますので以下の点にもご注意下さい;

ワンストップサービス
お客様の不安を抑制する為、ワンスップサービスが可能か?

一人の担当者が最後まで責任をもって担当するのかぽ?

オールタイムサービス

お客様の疑問・要望に対して24時間迅速に対応してくれるか?

オンリーワンサービス

葬儀が終わってからがお客様とのお付き合いの始まりです。

四十九日から1、3、7回忌まで対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

アフターサービス

全てにおいての相続についての手続き代行、仏壇・家具調仏壇等のご紹介、墓石・墓地の斡旋、

香典返しなどのアフターサービス。

   今回は以上です。