横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

ご葬儀での喪主様の挨拶

御身内の方が亡くなられお見送りの儀礼、葬儀を営まれる際にはまず”喪主”をお決め頂かなければなりません。

目次

1 喪主とは

2 喪主と施主

3 喪主の挨拶

4 喪主の服装

無情    喪主

1 喪主とは;

喪主とは故人様の家の祭祀権を承継する方が担われ、葬儀を主宰し、親族を代表する事となります。

古くには、戸主がご逝去された場合、故人様の後継者が務めるものとされました。

喪主を誰にするかは後継者が誰かを決める事となり、場合によっては問題と成り得ました。

第二次世界大戦前であれば家の祭祀を主宰する者は戸主若しくは後継ぎの男子でした。

しかし、戦後の民法改正により家の祭祀権を承継する者と遺産の相続とは分離され、本人が祭祀権の承継者を指定すれば誰でも良い事となりました。

従いまして、まずは故人様が生前に祭祀権の承継者(喪主)を指名していたかいないかの確認が必要となります。

もし故人様が指名した方が居られない場合はご家族で協議する事と成ります。

一般的には世帯主以外の方が亡くなられた場合は世帯主様が、世帯主様が亡くなられた場合はその配偶者、又はお子様(ご長男、ご長女)が喪主を務められます。

又、喪主は通常はお一人で務めますが、複数(配偶者様とご長男、ご長女、お子様達)で務める事も御座います。

夕暮れ夕暮れの富士山 花祭壇花祭壇

2 喪主と施主;

”喪主”と”施主”は一般的には葬儀を主宰する人という意味です同じ様な使われ方をしますが、厳密には異なります。

”施主”は布施をする人ということから転じたといわれ、

具体的には、葬儀の金銭面での負担をし運営の責任を負う人を言います。

古くは、戸主が亡くなり後継ぎとなる長男がまだ幼少である場合などで、叔父が後見人となり運営の責任を負いました。

この様な場合、長男が喪主、叔父様が施主となります。

葬儀の名目上の責任者は喪主であるご長男ですが、実質的な責任者は施主である叔父様となります。

通常の個人葬の場合は喪主も施主もお一人様でお努めとなりますが、

後日に営む社葬やお別れ会などの場合は、喪主はご遺族が、施主は会社若しくは団体が務める事となります。

喪主挨拶喪主挨拶喪主挨拶

3 喪主挨拶;

3-1 通夜式でのご挨拶

ご葬儀におきまして、通夜式の一般会葬者の方はご焼香の後に終了を待たずにそのままお清めの席に移動するのが一般的です。

この場合の喪主様ご挨拶は不要と成ります。

但し、お清め席に喪主様も同席したいなどのご希望からお清め席への移動は通夜式の終了後にご案内とされる場合は、

通夜式の終了時に喪主様よりご挨拶を頂くのが良いでしょう。

この場合のご挨拶の内容は;

-通夜式参列へのお礼。

-故人様ご逝去の報告。

-生前のご厚誼への感謝。

を手短なお言葉で伝え、通夜ぶるまいの席(お清め席)へお誘いします。

そして、最後に”翌日の葬儀・告別式のご案内をするのが一般的です。

3-2 ご出棺前のご挨拶

葬儀・告別式が終了致しますと葬儀担当者の手により最後のお別れの準備が整えられて、故人様とのお別れと成ります。

お別れの後に故人様のお柩はご遺族・近親者の手により火葬場へ向かう為の霊柩車に納められます。

そして、霊柩車の前で喪主様又は遺族代表は出棺のお見送りをしてくれる会葬者の方々に対してお礼の挨拶をします。

ご挨拶の内容は;

-ご自分と故人様の関係。

ー会葬のお礼。

-生前、故人様がお世話になった事に対する感謝の思い。

-これからの遺族へのご支援のお願い。

-差し障りが無いのであれば、故人様の病名や死因、闘病中・死に際しての様子などもお伝えすると良いでしょう。

喪主様がご挨拶に立つのであれば、挨拶をしている間、喪主様の代理がお位牌を持ち、その方に次ぐご遺族がご遺影を保持して、

ご遺族全員は会葬者の方に向かって並びます。

ご挨拶が終了致しましたら、ご遺族は会葬者の方々に一礼します。

3-3 出棺前のご挨拶(例)

私は司会より紹介頂きました故人の長男〇〇で御座います。

本日は、ご多用中のところ、故〇〇〇〇の葬儀・告別式にお運び頂きまして誠に有難う御座いました。

父はこの二年間病を得て入院・加療を致して居りましたが、本月〇〇日に容態が急変し、家族の見守る中で、静かに息を引き取りました。

(父上様の生前のトピックス、エピソード)

生前はひとかたならぬご厚誼に預り、深く感謝致して居ります。

今後とも、私ども遺族に対しましても、変わらぬご支援・ご厚誼を賜ります様、お願い申し上げます。

本日は最後までお見送り頂きました、誠に有難う御座いました。

男性の礼服・モーニングコート喪主様の礼服・モーニングコート

4 喪主の服装;

ご葬儀に臨席する際の喪主様の服装は正式礼装の着用が基本となります。

男性の場合の正式礼装はモーニングコートとなりますが。

但し、モーニングコートは昼間の正式礼装となりますので、

夜間に営まれる通夜式では黒の略礼服、昼間の葬儀告別式ではモーニングコートを着用するのが正式な形となります。

尚、近年では通夜式、葬儀・告別式共に略礼服で臨んでも失礼には当たらないとされて居ります。

今回は以上です。