横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

家族葬の流れ・密葬との相違

家族葬とは特別なご葬儀ではなく、通常のご葬儀を ご家族を中心とした少人数で営むご葬儀を言います。

家族葬は密葬と同じ、などと表現される事も有りますが、

密葬とは何らかの事情によりご葬儀を後日営まざるを得ない場合にとりあえずご家族のみで営む葬儀を言います。

従いまして、密葬は後日の本葬を前提として営まれます。

目次

1 通常の葬儀か家族葬化のご選択

2 仏式での家族葬の流れ

家族葬

1 通常の葬儀か 家族葬かのご選択;

家族葬は故人様が高齢であったり、長期間に渡る療養などで、社会との係わりが薄かった事からご葬儀に社会的役割を期待しないご遺族が選択されるご葬儀です。

少人数で営む葬送儀礼ですが式次第は通常の葬儀と同様の内容で営まれます。

参列の方々はご遺族の方と極近親の方に限られますので、来客への対応や式の進行に気を使う慌しさとは無縁となります。

ご家族の皆様でゆっくりと故人様をお見送りするご葬儀が営め、お別れの時間を大切に過ごすことが可能となります。

参列者の人数が少ない為、ご葬儀の費用を抑える事が可能となります。

ただし、会葬者が少ない分、香典の金額も少なくなります。

又、ご葬儀に参列出来なかった知人・友人の方々が多数後日ご自宅に訪問されてご多忙となる場合も御座います。

横浜市鶴見区の花・サルビア横浜市鶴見区の花・サルビア

2 仏式での家族葬の流れ;

2-1 ご遺体の安置場所

お身内の方が亡くられた場合、まずご遺体の安置場所をお決め頂かなければなりません。

ご自宅かご自宅以外をお決め頂きます。

ご自宅以外の安置場所と致しましては、葬儀社の安置所、葬儀式場内、その他等で有料の設備が御座いますので葬儀社の担当者にご相談頂くのが良いでしょう。

1) ご自宅でのご遺体の安置

ご自宅でご逝去されご葬儀までの間そのままご自宅に安置される場合は、故人様のご遺体を北枕でお休み頂き、ご遺体保全の為のドライアイスを適用して、

故人様の枕元には枕飾りをお備えして、適時、故人様の成仏を祈念してご焼香頂きます。

ご遺体保全の為のドライアイスは24時間毎に交換する必要が御座います。

尚、故人様が医療施設でご逝去された場合はご遺体移送の為の専用車をご利用頂かなければなりません。

2) 遺体安置所での安置

故人様がご逝去された場所からご遺体を安置所に移送して保全・安置します。

遺体安置所をご利用される場合は以下の点をご確認下さい;

ーご遺体は2℃の保冷庫で保全・安置するのが最善とされます。

このための設備が用意されていない場合は、ご遺体の安置費用とドライアイス費用が必要となる場合も御座います。

ー保全・安置中にご遺体との面会は可能か?面会時間帯は?

神奈川区の花・チューリツプ横浜市神奈川区の花・チューリップ

2-2 湯灌・ご納棺・出棺

通夜式の式場を設営する前の時間帯で故人様のご遺体はご遺族様の手で浄められ、服装を整えてお棺にお納めし、式場へ向けてご出棺と成ります。

但し、ご自宅が式場となる場合は出棺は御座いません。

故人様のご遺体を浄める湯灌は故人様ゆかりの方々によりぬるま湯を使用して行われますが、

昨今は看護師の方のエンゼルケアーにより既にお身体は浄められるて居りますので、アルコール綿を使用しての簡易な儀礼となりました。

ご遺体が遺体安置所で保全・安置されている場合は、前期に儀礼を葬儀社に委託する事も可能です。

水仙(西区花)横浜市西区の花・水仙

2-3 通夜式

通夜式は夕刻の6時~7時の間で開式され、式の時間は45分前後で営まれるのが一般的です。

喪主様はご導師の来場をお出迎えるする為、開式の1時間前には待機頂かなければ成りません。

ご導師は来場されますと、まず式場祭壇の状態を確認し必要な変更を葬儀社の担当者に指示すると共に、通夜式の次第を司会者と打合せします。

その後、ご導師を控室にご案内して茶菓でもてなし、喪主様のご挨拶を受ける事となります。この際、ご挨拶と共に”お布施”をお渡しするのが良いでしょう。

通夜式は司会者の案内によりご導師の入場と共に開始され、会葬者はご遺族と近親の方のみですので全てに方が閉式まで列席頂く事と成ります。

通夜式後のお清めの席は少人数でお見知りおきの方のみで営まれますので、心置きなく故人様を偲ぶ事が出来ます。

尚、近年の家族葬ではお清め席を設けないご遺族も見られる様になりました

お清めの席が閉会いたしましたら、ご遺族の方々は夜を通して線香の煙を絶やさぬ様努めるのが本来の営みですが、

横浜市営の斎場をご利用頂いた場合は、横浜市消防条例により横浜市営の設備は夜間9時以降は火気厳禁となっており、線香を灯続ける事が出来ません。

その様な制限とご遺族が高齢などの理由で、夜間ご遺体への付き添いを止めるご遺族の方も居られます。

家族葬は少人数でのお見送りゆえ、受付・その他の要員を用意頂く必要は御座いません。

横浜市南区の花・さくら(大岡川桜プロムナード横浜市南区の花・桜(大岡川さくらプロムナード)

2-4 葬儀式・初七日法要

通夜の翌日、午前中に一時間前後で葬儀式を営むのが一般的です。

家族葬では一般の方の為の告別式は営みません。

又、横浜市営斎場ではご火葬後に初七日法要を営む場所が用意出来ない為、葬儀式に続けて初七日法要を営みます。

従いまして、ご遺族・近親の方々は護送で一回、初七日法要で一回、計二回ご焼香をして頂きます。

葬儀式・初七日法要の儀礼はご導師のご指導の下、司会者により取り進められます。

儀礼が終わりました後に、式場内は整え直されて故人様との最後のお別れ、喪主様ご挨拶、と進みます。

港北区の花・梅横浜市港北区の花・梅

2-5 出棺・火葬・拾骨;

喪主様ご挨拶の後、式場がご自宅の場合はお柩を霊柩車に搭載し自家用車とマイクロバスで葬列を組んで火葬場に向けてご出棺と成ります。

横浜市営の斎場をご利用頂いた場合は火葬場が隣接して居りますので、火葬場係員の手でお柩が運ばれ、その後ろにご導師を先頭にして徒歩で火葬場に向かいます。

ご火葬には一時間前後が必要とされ、その間は控室でお休み頂く事と成ります。

ご火葬がお昼の時間と重なる様であれば控室で食事をする事もかのうです。

ご火葬が終了すると場内アナウンスによりその旨が知らされ、指定された収骨室でご拾骨を頂き、ご自宅にご遺骨を安置して儀礼は終了と成ります。

今回は以上です。