横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

冠婚葬祭、葬儀での女性の服装・靴・装飾品

冠婚葬祭での服装には何かと気を使いますが、

特に葬送儀礼での服装には日本古来の文化に基づく風習が御座いますのでご注意が必要です。

必ずしも風習に従う必要はありませんが、風習をご理解いただいた上で服装を選択頂く様お勧め致します。

女性の正式礼装

 

1 喪服とは

喪服とは葬送儀礼に参列する際に着用する礼装を言います。

正式な喪服とは本来ご遺族が着用するものでした。

喪服とは喪に服する方が着る服装という意味でもあり、ご遺族が着用する服装でした。

しかしながら、現代では死者に対する礼儀として、あるいは故人様のご逝去を悼む気持ちをあらわす衣服として、

葬儀に参列する方は誰もが喪服を着用することが一般的となって居ります。

2 喪服の歴史

東洋の葬儀での正式礼装である喪服には白色を基本として用いられて居りました。

日本に於きましても江戸時代までは白が基本となって居りましたが明治11年に営まれた明治の元勲大久保利通の葬儀には多くの人々が黒の大礼服で出席したことから、

黒が喪の色として認識される様になり、明治時代を通じて定着し、現代に至ります。

3 遺族は正式礼装を着用

ご遺族は正式礼装若しくはそれに準じた喪服を着用するのが良いでしょう。

正式礼装には和装と洋装が御座いますが、和装と洋装での格の上下はありません。

バラの花

1)女性の正式礼装

ー洋装では黒無地のオーソドックスなデザインのワンピース、スーツ、アンサンブルが正式礼装です。

透けていたり光沢のある素材は避けて、衿元がつまったデザインで、そでは長め、スカートは膝が隠れる程度にします。

ー和装では黒無地染め抜き五つ紋付きが正式礼装です。

半えりと足袋は白ですが、それ以外の帯・帯揚げ・帯締めなどの小物は全て黒とします。

洋装のバッグや靴、和装の草履は布製が正式ですが、艶のないシンプルなものであれば革製でも構いません。

ーメイクは控え目にして派手なアイメイクは避けます。

ノーメイクではなく、ファンデーションとナチュラルカラーの口紅をつけてティシュオフして艶を抑えます。マニュキュアも忘れずに落とします。

ーヘアスタイルスタイルはシンプルにまとめます。

髪飾りは出来るだけ避けますが、付ける場合は艶のない黒リボンなどのとどめます。

葬儀

2) 男性の正式礼装

ー洋装では黒のモーニングコートですが、モーニングコートは昼間の礼装ですので葬儀・告別式で着用し、通夜式では黒の略礼服を着用します。

現代の横浜では通夜式、葬儀・告別式ともに黒の略礼服を着用する喪主様が主流と成りました。

ー和装は黒羽二重染め抜き五っ紋付きの着物と羽織に仙台平の袴、帯は角帯、足袋は白又は黒、草履の鼻緒を黒です。

家族葬

4 葬儀参列での服装

1)女性の洋装

=準礼装、故人様の近親者でも若い世代の方、一般会葬者として葬儀に参列するときはそのときの流行を適度に取り入れた準礼装の喪服で構いません。

但し、派手になりすぎない様気を付けます。

アクセサリーは付けないか、真珠やオニキスなどの一蓮のネックレス、一粒パールのイヤリングなどを一つだけ付けます。

ー略礼装、突然の知らせを受けて通夜式に駆け付けるときや、一般会葬者として葬儀・告別式に参列する際には略礼装でも構いません。

略礼装は濃紺や濃いグレー、黒など、地味な色合いでシンプルなデザインのスーツやワンピース、黒のブラウスとスカート、黒のジャケットとスカートの組み合わせなどです。

パンツもカジュアル過ぎなければ良いでしょう。

ーストッキングは黒かナチュラルな肌色のものをし着用し、柄物やカジュアルな印象のものは避けます。

バックはソルダータイプのものは避けて、手提げタイプの小型のものを使用します。シンプルな布製か光沢のない革製を。

靴は飾りのないヒールのあるシンプルなパンプスを、ヒールのない靴はカジュアルな印象がありますにで避けた方が良いでしょう。

蓮華草

2)女性の和装

ー正式礼装は黒無地の染め抜き五つ紋付きで、冬は羽二重か一越ちりめん、夏は駒絽(こまろ)か平絽(ひらろ)が一般的です。

紋は実家の女紋か婚家の紋を入れます。

半えり、足袋の白以外は小物を黒で統一します。

ー略礼装は地味な色の色無地の一つ紋、三つ紋の着物に黒の喪帯を締めます。

地味な色無地でも地紋がおめてだい吉祥模様の着物は避けます。

半えり、足袋の白以外は帯揚げ、帯締めも黒にします。

地味な小紋の着物に一つ紋付きの羽織も略礼装になります。

4月に咲く花・山吹

3)小物・アクセサリーのマナー

喪服を着用する場合には小物やアクセサリーが以外と目立ちます。マナーを一度ご確認ください。

1)アクセサリー

結婚指輪以外は付けないのが正式です。

付ける場合にも一つだけにします。

真珠やオニキスなどの一蓮のネックレスや一粒タイプのイヤリングなどを一つだけにします。

重なる事を嫌う弔事では二連のネックレスは着用しません。

2)バック

バックは小型で光沢のないシンプルなデザインの布製が正式です。

革製でも光沢がなく、派手な金具の飾りなども無く、シンプルなデザインなら、手提げタイプでもセカンドバッグタイプでも構いません。

爬虫類はタブーです。

3)手袋

正式礼装では黒無地の手袋をするのが正式です。

拝礼のときは外して手に持ちます。

4)ハンカチ

色物のハンカチは目立つので避け、白無地やフォーマル用の黒を使用。

5)香水は付けません

清浄な香が炊かれる通夜・葬儀の場では華やかな香水の香りは場違いと成ります。

6)雨の日の傘は地味な傘を

色柄の傘は目立ちますので、黒や地味な柄の傘をご利用下さい。

今回は以上です。