横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀挨拶、喪主の役目と果たし方

喪主とは 葬儀の主宰者の事を言います。

葬儀後の故人様の供養を主宰する人(祭祀承継者となるべき方)が務めます。

喪主

葬儀について

1 喪主を務める方とその役目

-喪主を務める方

一般的には 家長に相当する方、若しくは 家長と成るべき方が喪主を務めます。

しかしながら 以前の様な家制度は現在存続して居らず現在では

故人様の配偶者、ご長男、男のお子様が居られない場合はご長女、

故人様が独身の場合は親御様、

ご長男が幼少の場合はご長男が喪主を務め ご親族の中から然るべき方を後見人とされるのが一般的です。

-喪主様のお務め

喪主様は ご遺族の代表者であり、葬儀の主宰者です。

葬儀の運営や進行を司る葬儀委員長・世話役・葬儀社を指揮すると共に、遺族の代表者として弔問客への応対に務めなければ成りません。

-喪主様にお決め頂く事

喪主に成られた方は まず ご葬儀の方針をお決め頂かなければ成りません。主要なポイントとしては;

2 葬儀の方針

-葬儀の形式

日本に於ける葬儀の形式では 90%を超えるご遺族様が仏式での葬儀を営まれて居ります。

但し、同じ仏式でもご宗派によって仕来りが異なりますので、菩提寺 或いは葬儀社から紹介された住職との確認が必要です。

故人様の宗旨が家の宗旨と異なる場合や、宗旨は同じでも宗派が異なる場合は、故人様の生前のご遺志を尊重頂くのが良いと考えます。

但し、家として寺院墓地をお持ちの場合は後日納骨の際に問題が起こる可能性が有りますので、菩提寺 ご住職に相談するなど慎重な検討が必要です。

又、無宗教葬で戒名を付けない場合や戒名を他のお寺から頂いた場合などでも、同様の問題が発生しますのでご注意ください。

-葬儀の規模

葬儀の規模は故人様の社会的地位、交際範囲、遺志、葬家の意向、経済的条件などを考え合わせてお決め頂きます。

かっては、本家・分家の関係、地域の慣習などにより葬儀の規模が決められて居りましたが、

現在では、町内会・管理組合等の結びつきも希薄になって居りますので”故人様とご葬家の意向”が優先される様に変化致して居ります。

世間体に捉われて 経済的に無理をしてまで大規模な葬儀を営む必要は御座いませ。

ご家族だけで故人様とゆっくりお見送りをしたいのであれば、家族葬を選択されるのもその一選択肢です。

-通夜・葬儀の場所

通夜・葬儀の式場は、かってはご自宅で行うのが通常でしたが、現代の住宅事情などを考慮すると、ご自宅以外で行うのが一般的となりました。

以前はマンションや団地の集会所を利用する事も多く有りましたが、現在ではほとんど行われる事も無くなりました。

公営斎場、菩提寺、私営斎場、ホテルなど 設備が整えられた式場で営まれる事が多くなりました。

横浜市内には市営斎場が3ヶ所有ります(緑区・戸塚区・金沢区)。

これらの斎場は設備も整い、火葬場が隣接している事からマイクロバスの手配など不要で、横浜市内在住の方には便利で廉価にご利用頂く事が出来ます。

その為、予約に時間がかかる事も御座いますが、余りあるべネフィットが御座います。

白菊

3 喪主様の服装

―喪主様は喪服を着用

喪主様や 故人様のご親族は ご葬儀や法要を執り行う際に喪服を着用されるのが礼儀です。

喪服とは葬儀や法事などを営む方が着用する礼服です。

藤衣(もぎぬ)や喪衣(もごろも)とも呼ばれます。

-男性の正式な喪服と略式の喪服

喪服には正式と略式と呼ばれるものがあります。

喪主様は正式な喪服を着用します。

男性の正式礼装は 洋装であれば モーニングコートに黒とグレーの縦縞のズボンを合わせ、Yシャツは白、ネクタイは黒無地を着用します。

ただし、モーニングコートは昼間の正装ですので、夕刻に行われる通夜では着用しません。

通夜ではブラックスーツと呼ばれる略式礼服を着用します。

尚 モーニングコートのフロントボタンは普通の合わせ、カフスボタンは光る物は避けます、付けなくても構いません、靴下は黒無地、靴は黒のプレーンなものを着用します。

-男性の和装での喪服

和装であれば 黒羽二重染め抜き五つ紋の着物に角帯で締め 仙台平のはかまを履いて 羽織を着用します 足袋は白もしくは黒 草履の鼻緒は黒です。

-最近の喪服

最近の横浜では正式礼装を着用するケースは少なくなり、喪主様・ご遺族・一般会葬者の方々が通夜・葬儀・告別式をとうして略式礼装を着用される様に成りました。

-喪服の統一

又、気を付けたい事として、喪主様と葬儀委員長・世話人代表は葬儀の中で同格ですので、喪主様は略式礼装・葬儀委員長は正式礼装を着用という様なちぐはぐにならぬ様にします。

牡丹

-女性の喪服

女性の正式礼装は、洋装であれば黒無地のオーソドックスなデザインのワンピース・スーツ・アンサンブルとなり、 透けていたり光沢のある素材は避けます。

襟元がつまったデザインで袖は長めスカート丈は膝が隠れる程度にします。

和装では黒無地染め抜き五つ紋付きで半えりと足袋は白ですが、それ以外の帯や帯揚げ・帯締めなどの小物は全て黒にします。

バック、靴、草履は布製のものが正式です。

尚、つやの無いシンプルなものであれば革製でも構いません。

-制服の着用

幼少の方が喪主の場合は学生服を着用します。

警察官・自衛官・消防官・海上保安庁など職業上制服を着用される方はその制服が喪の正式礼装となります。

喪に於いて制服を着用する場合は記章・略章等をはずす事が望ましい。

-喪服の色

日本に於いて、江戸時代までは喪服の色は白、又は水色の無紋の麻の上下で、女性も白絹・白麻布無地の着物に白絹白綸子の帯を着用しました。

又、江戸では染服に小紋の上下を着用して居りました。

それが 明治11年大久保利通卿の葬儀に当たり、多くの会葬者が黒の大礼服を着用した事から上流社会の中では黒が喪の色として認識され始め、明治時代を通して庶民の間にも黒の喪服が定着して行きました。

4 葬儀の後の喪の期間

-喪とは

喪(英語ではmourning)とは身近な方・や心を寄せる方・尊ぶべき方の逝去を受けて、それを悲しむ者が日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態の中に一定期間身を置く事を言います。

-服喪

喪の状態に身を置く事を”喪に服する”と言い、服喪(ふくも)、喪服(もふく)、忌服(きぶく)、服忌(ぶっき)などとも言います。

喪の期間の中に置かれている事を喪中、服喪期間、忌服期間と言います。

日本に於いては死は穢れの一種であるとされ、それに関与した者は一時的に地域社会の慶事から外すれることにより穢れを他に伝播させない、との意味合いを持ちました。

喪の服するケースは身近な方が亡くなられた場合(喪主様はこのケースとなります)、最高為政者・最高権力者・又は多くの人々から尊敬を集めた方が亡くなられた際に服喪します。

近い例ではタイ王国のプミポン国王が崩御され、タイ王国 国民は1年間の喪に服します。

喪中の服装は葬儀の時と同じ喪服であるべきですが、現実には華美に流れない控え目な服装であれば良いと思います。

-服喪の期間

喪中の期間は故人様との関係や宗派により大きく異なります。

喪中の期間は忌と喪の期間に分けられます。

忌の期間は死の穢れが身に付いている期間とされ、古くは家の中に籠り穢れが他の人に移らぬ様外部との接触をたち故人様の為の祈りに専念する期間であるとされました。

現代ではそれ程厳密である必要は有りませんが、同様の心持で生活される事をお薦め致します。

喪主様の忌の期間は最長で、仏教では四十九日法要まで、神道では五十日祭までとなります。

喪の期間は故人様への哀悼の気持ちを表わす期間で一周忌法要までの一年間となります。

-服喪期間の心得

現代でその間に控えなければならない事項は、慶事を執り行う事、慶事への出席、正月の挨拶(年賀状の出状を含む)、殺生を行うこと、などです。

日本に於いて喪中とは大変重要な期間と認識されて居り、歴史を左右した事もしばしば見られます。

有名なお話としては平安時代末期に左大臣として強権を振るった藤原頼長は政争により失脚しましたが、復権を画策する時期が妻の服喪期間と重なり宮中への参内が許されず機会を失いました。

5 出棺前のご挨拶(例)

私は司会より紹介頂きました故人の長男〇〇で御座います。

本日は、ご多用中のところ、故〇〇〇〇の葬儀・告別式にお運び頂きまして誠に有難う御座いました。

父はこの二年間病を得て入院・加療を致して居りましたが、本月〇〇日に容態が急変し、家族の見守る中で、静かに息を引き取りました。

(父上様の生前のトピックス、エピソード)

生前はひとかたならぬご厚誼に預り、深く感謝致して居ります。

今後とも、私ども遺族に対しましても、変わらぬご支援・ご厚誼を賜ります様、お願い申し上げます。

本日は最後までお見送り頂きました、誠に有難う御座いました。

今回は以上です。