横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀費用と良い葬儀社の選び方

葬儀の費用は良く分からない。

見積書の金額より多額の請求を受けた。

請求金額の内容が不明瞭。

などのお話をご葬儀を営んだご葬家様より時としてお聞きします。

その様な事が起らぬ様、ご葬儀に必要とされる費用と良い葬儀社の選び方に付いて書かせていただきました。

1葬儀に必要とされる費用

ご葬儀を営むに当たり必要とされる費用は大きく分けて四項目御座います。

1)宗教家への謝礼(寺院・僧侶、神社・神官、教会・司祭・牧師、他の宗教指導者)。

謝礼は宗教家へ直接お渡し頂きます。

謝礼の金額は宗教家(檀家寺、所属教会等)に直接お問合せ頂いてお決め頂きます。

ひかりの杜ではご希望のご予算に合わせて宗教家を紹介させて頂く事も可能です。

2)式場・斎場利用料、火葬炉利用料。

横浜市営の式場・斎場・火葬炉の利用料は定められた金額を管理事務所に直接前払いで支払い頂きます。

3)葬儀社の掛り。

4)参列者の人数により変動する費用(会葬礼状、返礼品、料理)。

返礼品・お料理等は然るべき業者を紹介させて頂く形となります。

上記”3)葬儀社の掛り”の費用には1)、2)、4)以外のすべての費用が含まれる事と成りますが、最小限必要な項目には以下の通りです;

不対称花祭壇

ひかりの杜一般葬プラン

ー喪主様ご要望聴取、見積書提出、見積り合意書。

ーご遺体搬送用防水シーツ。

ーご遺体移送車,担当者1名同行 (葬儀社出庫からご遺体の安置先まで、但し10Kmまで)。

ードライアイス10Kg(ご遺体保全用24時間分)。

ー枕飾り一式。

ー役所手続き代行(死亡届提出、火埋葬許可証入手)。

ー式場・火葬場予約。

ー宗教家との打合せ。

ー棺一式、ご納棺作業(2名)。

ーご遺影、手配。

ー式場設営。

ー花祭壇(ご希望のお花を使用可能、但し特別高価な花は除く)。

ー葬具一式(お貸出し)。

ー葬儀消耗品必要量(燈明、線香、抹香、その他)。

ー葬儀事務用品必要量。

ー葬儀運営全般(要員3名、式場設営・解体、通夜式・葬儀・告別式司会)。

ー霊柩車、担当者1名同行

(式場から火葬場までのお柩移送)。

ーお骨壺一式。

ーご火葬アテンド。

ー後飾り壇一式。

ー最終見積書を提出、合意の後請求書提出。

尚、横浜市営斎場を横浜市民の方ががご利用する場合の式場利用料は5万円/2日間(横浜市北部斎場のみは8万円)。

火葬炉利用料及び控室利用料は横浜市民がご利用の場合其々1万2千円、5千円となります。

葬儀について

2 良い葬儀社の選び方

少子高齢化、核家族化が進んだ現代に於いては特別な立場の方を除いて葬儀を執り行う当事者となられる機会はそれ程多く有りません。

又、以前の様に一族の長老の方から適切なアドバイスを頂ける機会も少なく成りました。

そうした中でも万一の場合は大切な方のお見送りを取り仕切らなければ成りませんが、その主要な部分をお手伝いさせて頂くのが葬儀社となります。

ご希望される葬儀・お見送りをされる為の葬儀社選びをどの様にされたら良いかその選び方に付き書かせて頂きました。

ご遺族様の声

-身近にどの様な葬儀業者があるか

ご自分の近くにどの様な葬儀業者があるかを知る方法と致しましては入院中の病院からの紹介、事故に遭遇した所轄警察署からの紹介、看板広告、パンフレット、

そして、最近は容易となったインターネット検索により調べる等が有ります。

尚、ご紹介の場合にはそれなりの費用が必要と成ります。

-ご希望に合った葬儀業者の選び出し

前記の情報源を基に、ご自分が希望する葬儀の形に合ったキーワードを持つ、接触が容易、ご自分の予算に近い 等の観点で5~8社程度の葬儀業者を選択し、

見積書を含む必要資料を請求し、比較・検討の上、ご希望に沿う葬儀業者の担当者と面談をします。

現代では、ほとんどの葬儀業者がインターネット上にWebサイトを出して居りますので、問合せもご自分のご都合に合わせて行う事が可能です。

遺言書

-担当者との面談

担当者との面談ではどの程度の規模の葬儀を行うか、必要とされる費用は、サービスの中身は、などの観点で行いますが、その際 下記の点もご注意頂く事が必要です;

1)相談者の希望を全て聞き、希望の真意を正しく理解する努力の姿勢があるか?

2)相談者の想いを引き出す努力の姿勢があるか?

3)1、2の上でいくつか選択肢を示してくれる事。

4)説明は資料、パンフレット、施行例などを基に解り易くしてくれるか。

5)質問には丁寧に解り易く答えてくれるか。

6)見積書は明細を含めた明確な形で示されているか。

7)葬儀では会葬者の人数など幾つか変動要素が有りますが、どの様な変動要素があり、その場合の費用はどの様に変化するか、が明確に示されているか。

8) 契約を急かさない、支払い期日に余裕があるか。

などです。

供花

-大手、有名葬儀業者

全国規模の大手・有名葬儀業者はスケールメリットを生かし、葬儀費用の全国平均などを考慮して費用設定をして居り、参考となる費用構造です。

プランと呼ばれる廉価なセット料金も示されて居り、利用し易いとも言えます。

但し、葬儀費用の相場はその地域により大きく異なりますので、その点は注意が必要です。

又、サービスの質は全国共通が前提となって居りますので、特別なご希望は高額な見積となる場合も有りますので、同じく注意が必要です。

横浜市役所

-病院・警察で紹介される葬儀業者

病院で亡くなられた方のご遺族が葬儀業者を決めて居ない場合、病院側に問い合せると葬儀業者を紹介してくれます。

又、万一の事故等で亡くなられた方のご遺族には必要に応じて警察署にて葬儀業者を紹介してくれます。

何れの場合も紹介される葬儀業者は然るべき規模の葬儀業者ですので、お手伝いに支障をきたす心配は有りませんが、

ある一定規模の葬儀を前提としてお手伝いを行う場合も有りますので、その場合は割高な葬儀費用と成り得ます。

-地元の小さな葬儀社

小さな葬儀社は地元で然るべき評判を得なければ永く経営を続ける事は出来ませんので、長年続いた葬儀業者は然るべきサービスの質を維持した葬儀業者と言えます。

又、葬儀費用もその地域の相場を反映した見積と成ります。

但し、古くから葬儀業界に携わる方の中には追加費用は当然かかるものと考えるケースも多く見られ、この点は要注意となります。

横浜葬儀センター

-インターネットを利用した葬儀業者

現代では全ての葬儀業者がインタ-ネット上にWebサイトを持って居りますが、その中身は従来の営業形態にWebサイトを追加した葬儀業者と、

Webサイトのみを営業ツールとする葬儀業者とに二分されます。

従来からの営業形態では多額の営業間接経費が必要とされましたが、Webサイトのみの場合はこの間接経費は大幅に削減が可能となり、ご遺族様のご負担も大きく削減する事が可能となりました。

ネットで葬儀業者を検索される場合にはこの点を頭の片隅に置いて検索されると良いでしょう。

-プランとは

最近のWebサイトでは、家族葬プラン、一般葬プラン、火葬儀プラン等、プランと呼ばれる言葉が多く見られます。

これは葬儀のセット料金費用です。

特定条件の下、その葬儀に必要最低限な項目を組み合わせて、積み重ねた金額より廉価に提供するサービスです。

従いまして、ご遺族様がお考えの項目がどの程度含まれているかは良く確認頂く必要が御座います。

特別なご希望が有る場合は別途追加する事も可能です。

無情

-葬儀業者の選択ポイント

葬儀業者を選択するに当たり大切な項目は以下の通りです。

1 葬儀の規模、費用、サービスの内容はご希望の葬儀の範囲内か。

2 その葬儀業者は葬儀そのものだけでなく一周忌法要までの全ての関連事項のコーディネーターとして信頼出来るか。

3 担当者は常に同一人物か。

4 見積書には変動要素が含まれている事。

今回は以上です。