横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀での挨拶、弔辞

葬儀に於ける主要なご挨拶は弔辞とご出棺前の喪主様のご挨拶と成ります。

弔辞は会葬者の代表として拝読されるものであり、喪主様ご挨拶は親族の代表として行われます。

いずれの場合もより良い準備が必要と成ります。

喪服

1 弔辞と喪主挨拶には事前の準備を

1)弔辞拝読は会葬者代表のご挨拶

弔辞は故人様の霊に捧げるお弔いの言葉です。

弔辞拝読は主に大がかりな規模の告別式で行われるのが一般的です。

一般のご家庭の告別式では特別なケースを除いて省略されるのも珍しくありません。

又、結婚披露宴での祝辞と異なり多くの人が入れ替わり行う事はあまり無く、故人様と生前に親交のあった方、お一人から数名の限られた方に依頼されるのが普通です。

弔辞拝読を依頼される事は会葬者代表の一人を担う事であり、大変名誉なことです。

弔辞拝読の依頼を受けましたら快く引き受けて、しっかり準備をする事が大切です。

弔辞

2)草稿を作り十分な準備を

弔辞は拝読した後、巻き戻して霊前にお供えします。

先ずは草稿を作り実際に声を出して何度も練習し、

表現で気になる所や発音しにくい所などをチェックして、最終稿を作り上げます。

3)草稿は拝読3分以内を目安にまとめる

拝読時間に決まりはありませんが、弔辞は3分前後が適当です。

弔辞の依頼を受ける際に話して欲しい事と所要時間を指定される場合も御座います。

標準的なお話の早さは1分間で250文字程度ですので、3分間なら700~800文字を目安に草稿を作成します。

喪主のリボン

4)葬儀を締めくくる喪主様の挨拶

葬儀・告別式、そして最後のお別れを終えた後に故人様のお柩は火葬場へのご出棺となります。

このご出棺の前に喪主様(又は遺族代表)は会葬者の方々に対してご挨拶をする事が慣例になって居ります。

葬儀・告別式は一蓮の葬送式典の中心に位置するものであり、それを締めくくるものとして、喪主様の挨拶は重要な意味を持ちます。

火葬場に同行する方は親族など限られた方のみであり、ご会葬の多くの方々はここで故人様と最後の別れをされる事となります。

喪主様(遺族代表)はこの点を念頭においてご挨拶される必要が御座います。

この様な重要な挨拶ですので、悲しみの為に取り乱して言葉を喪う事の無い様、

出来るだけ事前の準備をしておきます。

喪主挨拶

5)喪主様挨拶では原稿を暗記

出棺時の喪主様挨拶では書いたものを読むという形を取りません。

心の乱れなどのより思っていた事が頭に浮かんでこない、という事の無い様に原稿を作って十分な練習をしておきましょう。

花祭壇

2 聞く人の心に残るお話

1)決まり文句は多用しない

ご葬儀での挨拶には古くから使われて来た決まり文句があります。

決まり文句はどの様な時に、どの言葉を使用すれば良いのか考える上で、そして失礼のない挨拶をする為にも、とても便利な言葉です。

長い間、多くの方々に使用されて来た決まり文句は挨拶をする際の常識として上手に使用すべきでしょう。

但し、多くの方々が利用される決まり文句はそれだけオリジナリティが不足します。

決まり文句を多用した挨拶は平易な印象となり、どんなに誠意を込めてお話ししても聞く人の心に響き難くなりがちです。

挨拶の原稿をお考えの時には、出来るだけご自分の言葉で文章を作り、決まり文句を要所要所に使用すると効果的となります。

仮に、決まり文句を多用しなければならない場であっても、何処か一ヶ所ご自分の言葉を入れる事で、語る方の誠意が伝わる事と成ります。

2)お話は抽象的ではなく具体的な独自の表現を

決まり文句を多用した挨拶で誠意が伝わり難いのは話の内容が抽象的になってしまうからです。

たとえ独自の表現を盛り込んだとしても抽象的な表現であれば、同じく誠意が伝わりません。

”故人様は教師として熱心な指導をした”というのは決まり文句ではありませんが皆なが口にしたがる表現です。

どの様に熱心であったかが伝わり難いのです。

その様な現実味の無いお話では会葬者代表として選ばれたあなた自身が挨拶する、という意味が薄れてしまいます。

独自の表現をするという事は抽象的でなく具体的な表現をするという事です。

お話にリアリティを持たせる為、ワンポイントで構いませんからご自分ならではの具体的な内容と表現を盛り込む工夫をされる事が大切です。

テニス指導

3)話の山場では故人様のエピソードを

ご挨拶をより具体的にと考えてゆくとどうしても長くなりがちです。

お話をより簡潔にまとめようとすると具体性のない内容になりがちです。

この相反することを両立させる為には、全体の構成を考え、山場を何処にするかを考えます。

そして、全体的には抽象的な内容が多くなっても、その山場に具体的な事を盛り込みます。

ご自分ならではの故人様とのエピソードを簡潔に披露します。

このエピソード披露により抽象的な印象が消え、聞く人の心に映像の様に鮮明に意思が伝わります。

今回は以上です。