横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

お葬式 返礼品・御礼・香典返しのマナー

今回はお葬式に於ける返礼品、お葬式後にお世話になった方々への御礼、そして御香典返しのマナーに付いて書かせていただきました。

家族葬について

 1 お葬式での会葬礼状と返礼品

会葬礼状

1)通夜での会葬礼状と返礼品

近年のお葬式では昼間に営まれる告別式に会葬出来ない為、お通夜にのみ弔問されるケースがほとんどと成りました。

元来、通夜振舞いに出ない弔問の方への返礼品でしたが、通夜の弔問客全ての方へ返礼品と会葬礼状をお渡しする事が一般的と成りました。

会葬礼状や会葬返礼品の手配は葬儀社に依頼するのが一般的です。

会葬礼状の作成では葬儀社にひな形が御座いますので、そのひな形を参考にお作り頂きます。もちろんご自身でオリジナルを作成される喪主様も居られます。

会葬返礼品の品物は同じく葬儀社で手配が可能で、ブランド物のハンカチ、お茶・お酒と海苔のセット等から300~500円の品物をご用意頂きます。

会葬礼状、会葬返礼品共に弔問を予想される人数より多めに手配頂きます。

弔問に予想される人数は故人様に寄せられていた年賀状の枚数などを参考にされると良いでしょう。

ひかりの杜ではご指定の数量プラスαを用意させて頂き、払出した実数で清算させて頂いて居りますので、当日返礼品が不足する様な事態は起こりません。

この会葬返礼品は葬儀・告別式の会葬の方にもご用意されるのが一般的となりました。

又、現在の横浜市内ではお香典への直返しが通常化して居り、通夜式でも返礼品は用意せず、御香典返しを用意するのが一般的となりました。

お香典

2)葬儀・告別式での返礼品

葬儀・告別式の会葬の方々へも会葬礼状と会葬返礼品をお渡しいたします。

受付でお香典と引き換えに引換券をお渡しし、告別式の後お帰りの際に礼状と返礼品をお渡しいたします。

尚、直返しの御香典返しも同様です。

オリジナル会葬礼状

3)会葬礼状は定型以外でも

本来の会葬礼状は葬儀・告別式の会葬者に後日改めておおくりする礼状でした。

しかしながら現代では、通夜式・葬儀・告別式の当日に受付か式場出口でお渡しする形となりました。

会葬礼状にはハンカチと清めの塩を添えて渡すのが本来ですが、宗教・宗派によっては人の死を穢れとはしない事から、塩を添えない事も有ります。

礼状の文面は葬儀社が示す定型文を利用しても、喪主様が自由に書かれても構いません。

最近は故人様の言葉や写真を印刷するなどオリジナルな礼状も多く成りました。

但し、オリジナル過ぎますと通夜式までの印刷に係る 時間的な制約に間に合わない場合もあり、又定型よりも費用が必要と成ります。

会葬礼状、会葬返礼品の費用はひかりの杜プラン費用には含まれておりません。

2 お葬式でお世話になった方への御礼

ご葬儀を終えましたら事務の引継ぎを行い、寺院・神社・教会への御礼、そしてお世話になった方々への挨拶周りが必要です。

事務の引継ぎ

1)事務の引継ぎ

葬儀が終わりましたら世話役やお手伝いの方々に依頼していた葬儀事務の引き続きを行います。

引継ぎの項目は;

ー会葬者、弔問客の名簿・名刺。

ー香典、香典帳。

ー供物、供花の記録帳。

ー弔辞、弔電。

ー会計の収支記録、請求書・領収書。

葬儀に係る費用は相続税の控除対象となりますので、領収書は必ず受け取って下さい。

鎌倉の大仏

2)寺院、神社、教会への挨拶

寺院・神社・教会への挨拶はご葬儀の翌日或は翌々日に謝礼を持参してお礼に出向くのが本来の姿でした。

しかしながら現代では葬儀式場内の宗教家控室でご挨拶をされる際に謝礼もその場でお渡しするのが一般的となって居ります。

尚、ご準備頂く謝礼の金額は事前に直接お問い合わせ頂いてご用意するのが良いでしょう。

又、ひかりの杜ではご要望をもとにご葬家のご予算に合わせて宗教家をご紹介させて頂いて居ります。

お布施

3)謝礼の包み方

謝礼は奉書紙に包み、宗教に合わせて表書きを筆で記してご用意頂くのが本来の姿ですが、

現代では表書きされた封筒が文房具店などで購入出来ますので便利になりました。

表書きは;

仏式の場合は読経、戒名を含めて”お布施”とします。

神式の場合は”ご神饌料”或は”御榊料”とします。

キリスト教式では”献金”として包みます。

尚いずれの場合も別にお車代、お膳料を加えて下さい。

挨拶回り

4)世話になった方々への挨拶回り

お世話になった方々へのご挨拶は初七日法要までの間が基本ですが、

現在の横浜ではご葬儀と同日に初七日法要を営む事が一般的であり、その後一週間以内にご挨拶に伺います。

色々ご迷惑をお掛けして隣近所にも挨拶に出向きます。

特にお世話になった相手には菓子折りなどを持参します。

故人様が在職中であった場合は職場に挨拶に出向きます。

出向く前に総務部門に問い合わせて必要な書類、手続きなどを確認しておく事をお勧め致します。

挨拶の際の服装は地味な平服を着用します。

弔問nは来られず、弔電、供花、供物、香典をお贈り頂いた方へは礼状を送ります。

3 御香典返しと忌明けの挨拶状

香典は相互扶助を目的として行われる日本文化の習俗で、本来はお返しを必要として居りませんが、

現代では香典返しを贈るのが一般的となりました。

香典返し

1)香典返しの時期

香典返しは仏式であれば四十九日法要を終えた忌明け後に、

神式であれば五十日祭後の忌明け後にお贈りします。

キリスト教式では元々香典や香典返しの習慣が御座いませんが、日本に於きましては仏式に準じて死後1ヶ月後の昇天記念日に記念品を贈る事が通例となって居ります。

梅の花

2)香典返しの金額の目安と品物

香典返しの品物に用意する金額はいただいた金額の3~5割です。

品物は以前は”後に残らな物”を贈るとの考え方が御座いましたが、最近は拘らずに多様化した品物が選択されております。

クーポン券やカタログギフトなどもその対象となって居ります。

紅葉

3)直返し、当日返し

本来、頂戴したお香典に対するお返しは四十九日法要を終えた忌明けに行うものですが、

現代の横浜ではお香典を頂戴したその場でお返しを渡す習慣が定着して居ります。

直返し、当日返し、即日返しとも呼ばれるこの習慣では通夜式、葬儀・告別式の場にお香典返しの品を用意し、お香典の受領と共にお返しをさせて頂きます。

お返しの品物はお香典を壱萬円と仮定して3千円から5千円の間の品物を用意し一律でお返しします。

尚、お香典が高額だった場合は忌明け後に改めて別の品物をお送りします。

今回は以上です。