横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬送儀礼(ご葬儀)の営み

ご家族が亡くなられますと葬送の儀礼を営む事と成ります。

葬送儀礼はご逝去後の通夜式・葬儀式・告別式、それに続く期日毎の法要、そして、年ごとのお彼岸・お盆と故人様を偲ぶ行事が営まれます。

家族葬について

 1 通夜式・葬儀式・告別式の営み

通夜式の写真

1)通夜式

現在の横浜に於きましては故人様のお見送りの多くは仏教式で営まれて居ります。

仏教に於ける通夜の起源は紀元前383年2月15日満月の夜に北インドのクシナガラで入滅した釈迦を偲んで、

弟子達が釈迦のご遺体を囲んで7日間に渡り釈迦が生涯をかけて説いた説法を弟子達が聞き合った、との故事に由来します。

仏教の通夜は故人様の成仏を祈るためではなく、現世に於ける故人様の最後の夜を共に過ごす事に有ります。

通夜に集まり頂いた親しい方々は、故人様のご遺体を取り囲み思い出話を語り合う事にあります。

又、通夜は故人様のご遺体を葬るまでの間”夜を通して”ご遺体をお守りする事でもありました。、

しかしながら時代の変化と共に1時間から2時間での通夜式が営まれ、その後は葬儀式までの間ご遺族によりお守りされる様になり。

更に、現代の横浜市営斎場では消防条例により燈明・線香を夜間に灯し続けることが出来なくなりましたので、夜を通した儀礼は営まれなくなりつつあります。

葬儀式

2)葬儀式

仏教に於ける葬儀式は”授戒”と”成仏”を目的として営まれます。

授戒とは故人様を仏弟子となるべく発心した者とみなして”戒”(戒名)を授けることであり、

成仏とは仏陀(覚れる者)に成るという事です。

ー但し、浄土真宗では教義上無戒のため授戒はなく、仏徳を讃嘆し、故人を偲びつつ報謝のまことをささげる儀式となります。

又、迷信を忌む宗風から、日や方角の吉凶を選ぶ、守り刀、逆さ屏風、左前の死装束、北枕、六文銭の副葬、振り塩などの習俗は、原則としておこないません。

ー日蓮宗では法華経を唱える事ですでに戒を得ているとされ授戒は行いません。

ー神道の神葬祭(葬儀式)

日本古来の日本特有の宗教である神道では神社は聖域であり、人の死は穢れとされる事から、神葬祭(葬儀式)は神社以外の場所、ご自宅若しくは葬斎場で営まなければ成りません。

神葬祭では会場・親族・会葬者を祓い清め、祖霊にお供えをし、祭詞を奏上し、故人の生前の業績を述べ遺徳をしのびつつ、祖霊となって遺族を守ってくれるよう願います。

ーキリスト教の葬儀ミサ

キリスト教では故人様はご逝去と共に天上の神の下に召されるとされますので、悲しむべきものではなく、祝福されるべきものであり、

ご葬儀のミサは故人様の霊と共に主上に捧げる礼拝となります。

告別式の写真

3)告別式

告別式とは葬送に於ける儀礼の一つで葬儀式の後、若しくは単独で営まれます。

故人様に別れを告げ、参列者・社会に挨拶をする式を言います。

葬儀式は僧侶が主導するご遺族・ご親族の営みですが、

告別式は喪主が主導する一般会葬者との営みと成ります。

法要

2 初七日に始まる法要

本来の法要とは、仏教に於いて釈迦の教えを仏法と言いますが、その仏法の要点・肝要を知る事を指します。

それが、時代の流れと共に変化し仏教行事の中の儀式祭礼(法事・仏事・法会など)全般を指すようになりました。

更に、日本に於いては”追善供養”即ち死者を弔う儀式を指す様に成りました。

法事、仏事とも言います。

尚、供養以外に、寺の創立記念、堂宇の完成記念、仏像の開眼などの慶事も含みます。

日本民族は法要(死者供養)を大切にして来た民族であると言えます。

供養にはまず、中陰の間に行う”七仏事”(初七日、ふた七日、み七日、よつ七日、いつ七日、むつ七日、ひちひち日)が有り、これはインドを起源として居ります。

七仏事が中国に伝わり、百ヶ日、一周忌、三回忌が加えられて”十仏事”と成りました。

更に、日本に於いて七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わり、近世に十七回忌、二十五回忌が加わって”十五仏事”と成り現在に至ります。

そして、地域によりましては二十三回忌や二十七回忌を営む場合も御座います。

又、五十回忌、そして五十年毎に営まれる遠忌が有りますが、これは宗派の祖師等に限り営まれます。

以上の他に祥月命日(故人様の命日、年一回)、月忌(月命日、年十一回)が御座います。

この様に日本に於きましては遺された方は生ある限り故人様との関係を維持して行こうと言う文化が長い時間をかけて醸成されて参りました。

日本では古くから三十三年、あるいは五十年をもって死者は個性を失い、祖霊(先祖)に成ると考えられて来ました。

故人様の法要も三十三回忌をもって ”弔い上げ” となります。

ご仏壇から戒名を書いたご位牌を下げ、”〇〇家先祖の霊”のご位牌に霊をお移しします。

お彼岸

3 お彼岸・お盆

お彼岸やお盆は、日本文化独特の先祖をお祀りする風習で、

彼岸は春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)とした7日間に彼岸に渡る為の6徳目の修行と先祖の霊を慰めるお祀りし、

お盆は太陰暦の7月15日を中心として先祖の霊をお祀りします。

現代のお盆は太陽暦の8月15日を中心としてお祀りするのが一般的となっております。何れも 命日の他に 先祖・故人を供養する祭礼となります。

お彼岸

1)お彼岸

お彼岸とは季節の移り変わりを的確に掴む為に設けられた雑節一つで ”暑さ寒さも彼岸まで” に示されように、冬から春、夏から秋への変わり目を指します。

節分、杜白、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日を含めて雑節と呼ばれます。

春分の日、秋分の日を中日とした前後其々3日を合わせて計7日間を指し、その中日は先祖に感謝する日であり、

残りの6日間は悟りの境地に達する為に必要な六つの徳目“六波羅蜜”を1日に一つずつ修める日とされて居ります。

彼岸は7日間ですが、初日の彼岸の入りから3日の間 六波羅蜜を唱えて三種の徳目を修め、

中日にはご先祖に感謝し、

残る3日間で更に三種の徳目を修めます、七日目は彼岸明け(はしりくち と呼ぶ地域も有ります)となります。

尚、彼岸の間に行う仏事を 彼岸会(ひがんえ)と呼びます。

-お彼岸の起源

お彼岸の語源は仏教用語の到彼岸(とうひがん)から来ており、サンスクリット語で完全である事、最高である事 を意味する波羅蜜多(はらみた)をあらわし、

仏教に於いて各修行で完遂・達成されるべきものを指します。

達成されるべき徳目は全六種であり、六波羅蜜と呼ばれます。

六波羅蜜を会得することにより此岸(迷い)から彼岸(覚り)に到る(到彼岸)とされます。

これらの考え方は全て日本で創られたものです。

-お彼岸のお供え物

お彼岸の期間にご先祖にお供えする物として “おはぎ”があります。

おはぎはもち米と小豆を焚いて作られますが、古くは小豆には邪気を払う効果が有ると信じられて居り、

先祖の霊から邪気を払う為に小豆をまぶした食べ物をお供えする様になり、それが定着して現代に至りました。

尚、現在の甘いおはぎは明治時代以降、砂糖が庶民の手にも入る様になってからの変化です。

-お彼岸前の準備

お彼岸が来る前には;

まずお墓とその周りを綺麗に清掃して於きます。

そして、仏壇の掃除も行います。

お墓参りに必要な数珠、供花、供え物、ローソク、マッチ、線香、掃除道具、手袋、ゴミ袋、植物用ハサミ、手桶、柄杓、タオルを用意します。

通常、寺院や霊苑の墓地では掃除道具、手桶、柄杓は備え付けの物が有ります。

お彼岸の前日におはぎを作ります。

仏壇用、墓前用、家族用が必要です。

-中日の過し方

朝一番で仏壇におはぎ等のお供え物をし、生花を飾り、お参りします。

家族内揃ってお墓参りをします。

まず墓地に着きましたら寺院の場合はお寺様、霊苑の場合は管理事務所に挨拶します。

最初に墓地の木や草を刈込み、古い卒塔婆をかたずけて、墓地を清掃します。

そして墓石の汚れを落としてきれいにします(事前に手入れが出来なかった場合)。

お墓がきれいに成りましたら、お花を飾り おはぎ等のお供え物をお供えします。

ローソクに火を付けて線香に火を移し、お参りする方々で分け、それぞれお参りします。

お参りは柄杓で水をお墓にかけ、線香を上げて、合唱礼拝します。

このときお墓を見下ろしてはなりません、見上げる形で礼拝します。

また、墓石へのかけ水は墓石を浄める意味と故人様に施す飲み物の意味も御座います。

△ お墓参りを済ませ、ご自宅に戻りましたら故人様・ご先祖様を偲びながらおはぎや彼岸団子などを食します。

△ 時間が有れば故人様を偲んで故人様がお好きだった場所にご家族で出かけるのも良いでしょう。

お盆

2)お盆

-お盆とは

お盆とは旧暦(太陰暦)の7月15日を中心として行われる祖先の霊を祀る一連の行事です。

この行事は日本古来の祖霊信仰と仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が融合して創られた行事とされます。

現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間で行う形が一般的と成りました。

横浜でも8月15日の盆会が中心になりつつあります。

”盆”は本来霊に対する供え物を乗せる容器を指しますが、供え物を供え祀られる霊の呼称へと変化し、盂蘭盆の呼称とも混同されて、先祖供養の行事をお盆と呼ぶ様に成りました。

地域によりましては精霊を盆様と呼んで居ります。

-お盆の起源

お盆の起源は必ずしも明確では有りませんが、日本に於いては8世紀頃には夏の祖先供養行事として定着していたと考えられます。

古くには初春と初秋の満月の日に先祖の霊が子孫の許を訪れて交流するという行事が有りましたが、初春の行事は正月の祭へと変化し、初秋の行事は盂蘭盆と融合して

仏教の先祖供養の行事へと変化したと言われます。

-お盆の過し方

迎え火

七月十三日の夕刻に 自宅玄関の前で 故人様を彼岸から迎える為の迎え火を焚きます。以後 故人様の為に 精霊棚のお供え物を欠かさぬ様にします。

お盆の供養

七月十五日は お盆の中日となり、家族一同で供養をした上で、故人様と家族一同は夕餉を共にします。

送り火

七月十六日は 故人様を彼岸にお送りする為の送り火を夕刻に焚きます。又 川へお送りする風習の地域では 燈籠流しを行います。

そして盆踊りもこの時期に催されますが、横浜市内では 鶴見区所在 曹洞宗大本山総持寺の み霊祭りと盆踊りが有名です。

今回は以上です。