横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

イスラム教を信仰する方のお見送り

2020年11月19日

イスラム教は世界中に16億人の信徒を有する世界3大宗教のなかでキリスト教に次ぎ2番目位置する宗教です。

日本に於ける信徒の数は、明確な統計が無い為不明ですが5万人から10万人の間と推定されます。

信徒の方がご逝去された場合のご遺体は土葬が原則であり、日本での埋葬は特定の墓地に限られます。

ご葬儀予約

イスラム教の聖地

 1 イスラム教とは

イスラム教とは、唯一絶対の神(アッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に啓示したとされる啓典(教典、聖典)”コーラン”の教えを信じ、従う一神教の宗教です。

日本(漢字圏)では回教とも呼ばれ、信徒を回教徒(ムスレム)と呼ばれます。

イスラム教はユダヤ教やキリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝を徹底的に排除し、

神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされます。

イスラム教は紀元622年にアラビア人ムハンマド・イブンを創始者としてアラビア半島メヂィナ(現代のサウジアラビア国内)で起こされました。

イスラム教では啓典コーランの解釈に仕方により多くの会派が生まれて居り、

トルコ、東ヨーロッパ、シリア、イラク、エジプト、インド、中央アジアにはオスマン帝国の公認学派であり、最も寛容で近代的であるとされるスン二派(ハナフィー学派)が多い。

その他の地域では、イランはジャアファル学派(シーア派)、アラビア半島では最も厳格なことで知られるㇵンバル学派(スン二派)、

東南アジア、東アフリカはシャフィイー学派(スン二派)が多く信仰されて居ります。

イスラム教の葬儀

2 イスラム教のお見送り

イスラム教では、信者の死は生涯の終着点ではなく、死者は神(アラー)の審判の日に再び蘇ると信じられて居り、ご遺体は復活の日を待つため大切に埋葬されます。

ご遺体が焼失してしまう火葬が厳禁となります。

尚、アラビアでは火をナールと言い、地獄を意味する言葉でもあります。

イスラム教徒が危篤になりますと、イマーム(礼拝の導師)が呼ばれ、コーランを唱え、神に許しと慈悲を乞い、聖水を口に含ませます。

信徒がご逝去されると、ご遺体は同性の親族、あるいはご遺体の後処理をする専門家により洗浄と防腐処置がされます。

その後、ご遺体は葬儀場に移され配偶者、又は同性の親族により再度ご遺体を浄め、白い布で全身を覆います。

コーランでは死者の陰部を3回新しい布で洗い、一度も使われていない布で口を洗い、鼻孔を洗い、左右の手を洗い、頭のてっぺんから足の先まで洗い、死者を清めると規定されて居ります。

白い布でご遺体を覆う際は顔と手を除いて、全身を完全に包みます。

白い布で覆われたご遺体は、その後モスク(礼拝所)に運ばれ、説教壇の前にある台に安置され、コーランの文字が書かれた布で覆われます。

そして、イマームに従い礼拝が執り行われます。

葬儀の祈祷はアラーへの祈りが男たちだけで唱えられます。

礼拝が終ると、ご遺体は葬列を組んで墓場に移動し、ご遺体を右脇腹を下にして、顔をメッカに向けて埋葬されます。

葬列には職業としての泣き女が参加する事もあります。

イスラム寺院

イスラム教にも喪に服す習慣があり、故人さまの親族の男性は3日間、女性は4ヶ月と10日間、地味な服装で静かに過ごさねば成りません。

イスラム教のご葬儀では教徒の方が亡くなられて場合はなるべく早くご遺体を埋葬しなければ成りません。

又、イスラム教徒の死は永遠のお別れでは無く、一時的なお別れであり、神アッラ-の審判の日に蘇ると信仰されて居ります。

従いましてご遺体は蘇える際の器と成りますので、ご遺体は丁重に洗浄されて埋葬されなければ成りません。

ご遺体の毀損、特に火葬は厳禁となります。

ご葬儀はご遺体を埋葬した後の然るべき日にモスクにて葬儀礼拝により行われるのが日本では一般的です。

イスラム教に於ける死は神アッラ-への服従と、アッラ-の審判の日に復活するまでの一時的なお別れである、と信じられて居り、ご遺体は土葬されます。

イスラム教では 死後なるべく早く葬儀、埋葬を行わなければならないと考えられて居りますが、

日本に於きましては法律上死後24時間を待たないと埋葬出来ない為、ご遺体の保全処置を行った上で、土葬許可証を取り、埋葬する事となります。

ご遺体は同性の親族、もしくは専門の業者により洗浄され、縫い目のない白の布で包んで安置し、導師(イマーム)の指揮の下 礼拝を行います。

礼拝が終るとご遺体は墓地に運ばれ、頭部をメッカの方向に向け、右腕を下にして埋葬します。

以後ご遺族の男性は3日間、女性は4ヶ月と10日間 喪に服して、派手な生活を控えなければ成りません。

日本イスラーム霊苑

イスラム教徒の埋葬は土葬を原則とする為、埋葬出来る場所が限定されます。

横浜市内では 中区山手の外人墓地、関東では 日本ムスリム教会が管理・運営する山梨県甲州市塩山のイスラム霊園が御座います。

今回は以上です。