横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜市での葬儀・お見送りの営み

2021年9月4日

人は生を受けると共に多くの愛に育まれ成長し、然るべき時が来ると社会人として巣立ち、

社会生活を送る事と成りますが、その一生は人により千差万別です。

そして、全ての人が生を終えて死を迎える事と成り、その死も千差万別となります。

幼くして生を終える方、突然の事故で生を終える方、病に侵され生を終える方、長寿をまっとうされて生を終える方、

全て人が其々個別の生を営み死を迎える事と成ります。

人の死をお見送りする営みは信仰する宗教の教えにのっとった儀礼であると共に、

その人の生を偲ぶ儀礼でもなければ成りません。

お盆

1 お見送り儀礼の目的

人は誕生した後には、成長し、社会生活を営み、そして死を迎えます。

その死は突然の事故であったり、若くして病に倒れることであったり、老齢になり命が尽きるものであったり、

様々ですが生あるところには必ず死が伴います。

人の生が多様であるがごとく、その死もまた多様です。

人の死と共に起こる事柄の為にお見送りの儀礼を営みます。 

その目的とする所は、社会的な処理、ご遺体の処理、霊の処理、悲嘆の処理、様々な感情の処理などです。

1)社会的な処理

人はすべからく社会の中で生きている訳ですから、社会はその人の死を処理しなければ成りません。

社会にその人の死を告知しなければ成りませんし、社会の人々は集ってその死を確認しなければ成りません。

死亡届を提出したり、戸籍から抹消したり、相続をしたりなどの手続きも必要です。

2)ご遺体の処理

目に見える形での”死者との決別”とはご遺体とのお別れです。

これは単なるご遺体の物理的な処理とは大きく異なります。

そして、人の身体は生命を失うと腐敗が始まります。

従いまして、ご遺体は土中に埋めたり、火で燃やすなどしての処理が必要となります。

3)霊の処理

霊とは古くから育まれて来た文化や宗教に根差すもので、

人は死ぬ事により、この世に於いてはその人と残された者との関係が閉ざされる事の成ります。

従いまして、残された者達は死者の零を慰め、来世での幸せを祈ると共に、

死者との関係を新たに作りあげなければ成りません。

これが葬儀式の中心をなすもので、一般的には信仰する宗教による儀礼を基に執り行う事に成ります。

4)悲嘆の処理

人の死は周囲の者に衝撃を与え、悲しみ、心の痛みをもたらします。

従いまして、周囲の者がその死を受入れる為には時により長い時間を必要とします。

臨終行事に始まり、通夜式、葬儀式、その後の法要に至るプロセスは周囲の者の心を安んじる為でもあります。

特に死者との関係な密であった配偶者や御家族には深刻な心の痛みを生じさせます。

これは病気ではなく、自然な心持ちであり、必要なだけの時間をかけて癒さなければ成りません。

周囲の方々もこの悲しみにある者の心に寄り添い、慰め続けることも必要となります。

様々な感情の処理とは人が死ぬと様々な感情にとらわれる事があります。

古くは人の死が新たな死を招く祟りの様な怖れや、遺体の腐敗に対する恐怖心などがあり、

この様な恐怖心を和らげる為に死者の霊を鎮魂し、こうした感情を緩和する為にも弔いの儀礼が要請されて来ました。

   今回は以上です。