横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜市民の葬儀・弔問のマナー・供物・供花

2022年4月18日

日頃より親しい間柄の方が亡くなられた際には、故人様の冥福を祈ってお花や品物をお供えします。

お供えする品物をお供物(くもつ)、お花をご供花(きょうか)と言います。

1 御供物とご供花

故人様の霊を慰める為に供える品物をお供物、花をご供花と言います。

香典とお供物、ご供花を両方送るか、一つだけにするか迷う、と言うお話を時として伺いますが、

香典、お供物、ご供花とは同じ意味ですので、原則として何れか一つですが、重複しても構いません。

香典の他に親族一同、同窓会一同、団体等でお供物、ご供花を贈る際に一員に加わる事も、

香典とご供花の両方を贈る事も 故人様とのご関係で多々御座います。

お供物はその地域により仕来りが有りますが、

仏式では線香、ロウソク、果物、干菓子、お酒等の日持ちのする物をお供えするのが一般的です。

神式では線香・抹香はお供えしません、魚・肉等の生臭物でもお供えしますが、

お供物の仕来りが御座いますのでお送りする前に喪家さまにご確認頂くのが良いでしょう。

ご確認出来ない場合は御榊料として現金を贈るのが無難です。

キリスト教では生花のみで、お供物は有りません。

通夜式の服装

お供物の水引や表書は香典と同じですが、

ご葬儀をお手伝いする葬儀社へご指示頂ければ不祝儀用に用意してお供え致します。

お供物は、通夜、ご葬儀、告別式の祭壇にお供えしますのでお通夜の前に届く様手配します。

2 ご供花

ご供花は、”きょうか”、又は”くげ”と読み、仏様や故人様へ供えるお花の事を指します。

ご供花では生花や花輪などを贈ります。

生花では派手な花は避け、菊、カーネーション、百合、ストック等の白を中心に使いますが、

故人様がお好きだった花をアクセントに入れて貰うのも良いと思います。

バラ・その他のトゲを持つお花は避けるべきとの慣習が御座いますが、

ひかりの杜では全てのトゲを取り除いてお供えさせて頂いて居ります。

花輪は会社や団体名で贈るのが一般的ですが、最近は飾れる場所が無い場合も多く見られますので、

事前の確認が必要です。

薔薇

お供物、ご生花、何れにしても宗教や地域の仕来り、斎場内外での制限などが御座いますので、

お贈りになる前に喪家さま、或いはお手伝いする葬儀社にご確認される事をお薦め致します。

昨今の新型コロナウイルス慢延下では家族葬や極近しい方々だけで執り行う小さなご葬儀が多くなりました。

この様なご葬儀では従来の考え方に捉われず、故人さまを取り囲んでのお見送り等、

ご遺族さまの特別なご希望に合わせた葬儀式も少なく有りません、

当然にご供花の受け方やお供えの仕方もそれに合わせる事が出来ます。

又、従来の白を中心とした茎のしっかりした花だけには拘らず、

故人さまのお好きだったお花や、ご遺族様のお好みのお花をご供花としてお請けする事も多く成りました。

  今回は以上です。