横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜市民の葬儀・緑区の葬儀式場

2022年5月8日

横浜市緑区は横浜市内中央北側に位置し、人口18万人・8万世帯が居住する、

区の花をシラン(紫蘭)と制定した、区内の山林・公園の緑・農地が52%を占める緑の多い街です。

緑区でご葬儀をお考えの区民の方々には、

ご利用頂ける区内の葬儀式場、及び火葬場として横浜市営の横浜市北部斎場が御座います。

1 横浜市緑区

緑区の地域は、古くは武蔵国都筑郡の農村が散在する、主として山林でした。

江戸時代に入り、東海道の脇街道として中原街道が造られ、更に大山参りの流行と共に大山街道が整備され 

長津田宿が宿場町として繁栄します。

明治に入って後は横浜鉄道沿線の農村地帯となります。

昭和14年都筑郡の主要部は横浜市に編入され港北区となります。

そして、昭和44年の行政区再編成により港北区より分区して緑区となります。

更に平成6年の行政区再編成により青葉区と都筑区が分区して現在の緑区となりました。

尚、緑区は東京工業大学、東洋英和女子学院大学、昭和大学、横浜商科大学、横浜創英短期大学のキャンパスを持つ

学園都市でもあります。

緑区は、中央を鶴見川が西から東に向かって流れ、その南側は丘陵地で宅地として利用され、

北側はIR横浜線鴨居駅と中山駅を中心として工業団地を持ち、

それ以外を農地とした街で、昭和44年に港北区より分区して誕生しました。

緑区の名は分区の際に公募により、緑の美しい街との願いを込めて命名されました。

又、緑区の梨畑では浜なしと呼ばれる独自ブランドが育成されて居ります。

緑区の見どころと致しましては緑を楽しむ公園として、県立四季の森公園、三保市民の森、新治市民の森、

鴨井原市民の森、他多くの公園が御座います。

神社仏閣としては、558年創建の鴨井杉山神社、大石神社、1449年創建の林光寺、

桜や四季の花々が楽しめる萬蔵寺(まんそうじ)など。

又、四季おりおりの風景や夏の蛍が楽しめる、新治里山交流センター、

JSAT横浜衛星管制センターなども御座います。

緑区内の交通機関としては、明治41年開通の横浜鉄道(現在のJR横浜線)、

昭和41年開通の東急田薗都市線、そして、横浜市営地下鉄グリーンラインが区民の足となり、

道路としては昭和44年開通の東名高速道路(横浜町田IC) 

一般道として国道246号線 国道16号線 横浜市内環状4号線が便を供して居ります。

但し、緑区内は都市計画道路整備率が低く、区内幹線道路の整備が求められて居ります。

2 横浜市緑区民の葬儀式場

緑区でご葬儀をお考えの区民の方々には

ご利用頂ける区内の葬儀式場、及び火葬場として横浜市営の横浜市北部斎場が御座います。

又、北部斎場の葬儀式場予約が多数でご希望の日程で予約出来ない場合は 

ひかりの杜より大林寺会堂、他の私営葬儀式場をご紹介させて頂き、

お通夜・ご葬儀は私営式場で、ご火葬は横浜市北部斎場で執り行う事も可能です。

尚、ひかりの杜よりご紹介させて頂く葬儀式場は宗教・ご宗派に係わらずご利用頂けます。

又、仏式でのご葬儀をご希望で、菩提寺が遠方等の為、ご導師のご都合が付かない場合などでは

ひかりの杜より信仰されるご宗派の僧侶をご紹介する事も可能です。

ひかりの杜では、神道のご神官、キリスト教の司祭様・牧師様、他の宗教の宗教者も紹介させて頂いて居ります。

横浜市北部斎場

1)横浜市北部斎場

横浜市営斎場の一つである横浜市北部斎場は緑区長津田町に位置する葬儀式場で、

式場と火葬場が併設され、大駐車場を備えた大変便利な葬儀式場で、

宗旨・宗派に係わらずご利用が可能な斎場です。

又、式場から火葬場への移動は徒歩5分と、マイクロバス等を必要と致しません。

横浜市北部斎場は正門を入りますと直ぐにトンネルとなり、

トンネルを抜けると前に駐車場、正面奥に火葬場、右手に式場の建物が配置されて居ります。

葬儀式場は4式場あり、

いずれも式場も、受付・待合せロビー、式場、お清め室、親族控室、宗教家控室、シャワー室 トイレが備えられ

席数100席・500名程度のご葬儀を執り行う事が可能となって居ります。

通夜仮眠は5名様程度までは可能です。

但し、横浜市消防条例により夜9時以降の火気使用は不可となって居りますので 

灯明・線香は9時で消灯しなければ成りません。

蘭の花

横浜市北部斎場への来場に当たりましては 電車をご利用の場合は

JR横浜線十日市場駅より横浜市営バス55系統に乗車して頂き北部斎場前で下車(所要10分)の後徒歩で5分、

タクシ-をご利用の場合はJR横浜線長津田駅南口より約8分(料金1500円前後)で来場頂けます。

お車で来場の場合は東名高速横浜インターより10分の距離となります。

又 遠方よりご参列の方々には最寄のホテルとして、“東京湯河原温泉万葉の湯”が御座います。

万葉の湯は東名高速横浜インター前に位置する温泉ホテルで 

JR横浜線・小田急線町田駅よりシャトルバスが運行されて交通の便も良く、

北部斎場まではタクシーで10分(料金1300円前後)とご利用しやすい宿泊設備です。

ご利用料金は洋室ツイン2名利用で10400円/人(税込)からとなります。

横浜市北部斎場は市営斎場の中で最っとも新しく、駐車場も大きく取られ居り、

ご利用頂いた方々よりは好評を頂く式場で御座います。

   今回は以上です。