横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜市民の葬儀・彼岸のお供え物”おはぎ”

2022年9月22日

現代の日本に於きまして、お彼岸と言えば御萩(おはぎ)、おはぎと言えばお彼岸を思い出させる程、

日本人の慣習としてお彼岸の御萩は深く定着して居ります。

1 お彼岸(ひがん)

お彼岸とは季節の移り変わりを的確に掴む為に設けられた雑節一つで 

”暑さ寒さも彼岸まで” に示されように、冬から春、夏から秋への変わり目を示す節気(せつき)です。

節分、杜白、八十八夜、入梅、半夏生、土用、二百十日、二百二十日等を含めて雑節と呼ばれます。

春分の日、秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後其々3日を合わせて計7日間を指し、

その中日は先祖に感謝する日であり、

残りの6日間は悟りの境地に達する為に必要な六つの徳目“六波羅蜜”を1日に一つずつ修める日とされて居ります。

七日目は彼岸明け(はしりくち と呼ぶ地域も有ります)となります。

彼岸の間に営む仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼びます。

彼岸花・曼珠沙華

-お彼岸の起源 

お彼岸の語源は仏教用語の到彼岸(とうひがん)から来ており、

サンスクリット語で完全である事、最高である事 を意味する波羅蜜多(はらみた)をあらわし、

仏教に於いて、各修行で完遂・達成されるべきものを指します。

達成されるべき徳目は全六種であり六波羅蜜(ろくはらみつ)と呼ばれます。

六波羅蜜を会得することにより此岸(しがん、迷い)から彼岸(ひがん、覚り)に到る(到彼岸)とされます。

これらの考え方は全て日本の仏教界で創られたものです。

-お彼岸で祈念(きねん)すること 

本来の彼岸は、自身が極楽浄土昇天を祈念するものでした。

浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土)は西方の遙か彼方(西方浄土)にあるとされ、

春分と秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈むので、

西方に沈む太陽を礼拝して遙か彼方(はるかかなた)の極楽浄土を思い描き 

浄土に生まれ変わる事に思いをはせたのがお彼岸の始まりとされます。

現在では、六波羅蜜を修める6日間を除いた中日のご先祖法要のみが一般化しました。

尚、彼岸は日願(ひがん)から変化したとも言われて居ります。

白萩の花

2 彼岸のお供え物”おはぎ”

お彼岸の期間にご先祖の霊を弔ってお供えする供物(くもつ)として“おはぎ”が御座います。

おはぎはもち米と小豆(あずき)を焚いて作られますが、

古くは、小豆には邪気を払う効果が有ると信じられて居り、

先祖の霊から邪気を払う為に小豆をまぶした食べ物をお供えする様になり、それが定着して現代に至りました。

尚、現在の甘いおはぎは明治時代以降砂糖が庶民の手にも入る様になってからの変化です。

-御萩(おはぎ) と 牡丹餅(ぼたもち)

 おはぎ と ぼたもちの違いに付いては以下の様に諸説が有ります;

1)春のものを牡丹餅、秋のものを御萩とする説

牡丹餅は牡丹の花に似せて見立てたものであり、

御萩は萩の花が咲き乱れる様子を見立てたものである故、

春は牡丹餅、秋は御萩と呼ぶ。

2)もち米を使用したものは牡丹餅、うるち米を使用したものは御萩と言う。

3)小豆餡を使用したものをぼたもち、きな粉を使用したものはおはぎ。

4)こし餡を使用するとぼたもち、つぶし餡を使用したものはおはぎ。

   (逆の場合も有ります)

5)二口程度で食べられる小さいものをおはぎ、それより大きいものをぼたもち。

等の説が御座います。

   今回は以上です。