横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜市民の葬儀・磯子区民のご葬儀

2022年11月21日

横浜市磯子区は、横浜市内の東南部に位置し、根岸湾に面する、人口17万人 8万世帯が居住する、

ピンクのコスモスを区の花と制定した、海岸部分の平地とそれを囲む緑の丘陵地から成る街です。

磯子区に居住されるご葬家様の為の葬儀式場といたしましては、

横浜市営であれば、横浜市金沢区みずき町に所在する横浜市北部斎場、

お住まい近くの式場がご希望の場合は杉田所在の東漸寺会館のご利用をお勧め致します。

尚、東漸寺会館をご利用の際の火葬場は、横浜市南部斎場、若しくは横浜市久保山斎場となります。

1 横浜市南部斎場

横浜市南部斎場は横浜市内最南部の金沢区みず木町に位置する横浜市営の斎場で、

葬儀式場と火葬場が併設され、大駐車場を備えた大変便利な葬儀式場で、

宗旨・宗派に係わらずご利用が可能で、磯子・港南・栄・金沢区民のご葬家にご利用頂いて居ります斎場です。

一般的交通機関での来場には少々時間が必要となりますが、

横浜横須賀高速道路朝比奈インター出口に隣接して居り、お車での来場には便利な斎場です。

又、火葬場への移動は徒歩が可能で、マイクロバス等を必要と致しません。

横浜市南部斎場

横浜市南部斎場はートンネルを潜り正門を入りますと、正面左手に火葬場・式場の建物が御座います、

この前を通り建物奥には駐車場が配置されて居ります。

葬儀式場は1Fに1式場、2Fに1式場、計2式場があり、

いずれも式場も、受付・待合せロビー、式場、お清め室、親族控室、宗教家控室、トイレが配置されて居り、

席数100席500名程度のご葬儀を執り行う事が可能となって居ります。

通夜仮眠は5名様程度までは可能です。

但し、横浜市消防条例により夜9時以降の火気使用は不可となって居りますので 

灯明・線香は9時で消灯しなければ成りません。

横浜市南部斎場は横浜・横須賀道路の朝比奈インター出口に隣接する、深い緑地の中に造られた静かな斎場で 

駐車場も大きく取られ居り、お車でご来場頂く方々よりは好評を頂く式場で御座います。

尚、横浜市民向けのご利用費用は、

式場利用料5万円(2日間)、火葬炉利用料1万2千円、控室利用料5千円となります。

2 東漸寺会館

東漸寺会館は正式名称・霊桐山東漸実際禅寺(れいとうざんとうぜんじつさいぜんじ)の

お檀家様の為に建立された会館ですが、

お檀家以外のご葬家でも、お寺様のご了解を得て利用する事が可能となって居ります。

東漸寺会館はJR根岸線新杉田駅と京浜急行電鉄杉田駅の中間に位置する、交通の便の良い式場でも御座います。

葬儀式場は座席40席、会葬者200-300名程度のご葬儀を営む事が可能となって居ります。

ご利用の費用は通夜・葬儀・告別式・初七日法要、2日間のご利用で25万円と成ります。

3 横浜市磯子区あれこれ

横浜市磯子区は平地部分の石油コンビナートを中心とした工業地帯と、

丘陵部分のベットタウンにより構成されて居ります。

磯子区は昭和2年の横浜市区制制定に伴い誕生致しました。

又、磯子区の命名は中心部に所在した磯子村を基にされたと言われます。

磯子区内では、三殿台遺跡から縄文時代の竪穴式住居や、弥生式時代の住居が出土して居り、

古くから半農半漁の村落が営まれていたと考えられます。

江戸時代には杉田村の杉田一族から杉田玄白が、又、間宮林蔵もこの地から輩出して居ります。

磯子区は古くは丘陵部が海岸にせり出した風光明媚な漁村でしたが 

明治・大正・昭和と埋立が行われ現在の海岸部分の平地が出来上がりました。

明治・大正時代は小型底引き網漁が盛んとなり、カレイ、イカ、アナゴなどが横浜に出荷され 

のりの養殖も始まりました。

又、横浜開港により居住した外国人向けとして 

西洋野菜や生花(ゆり、フリージア、バラ、カーネーション等)が栽培される様に成ります。

特に、昭和15年には鮮やかな紅色をしたカーネーションの新種“コーラル”が磯子で開発されました。

しかしながら、昭和に入ると磯子区には軍事目的の施設が目立つ様に成ります。

昭和16年には杉田町地先に軍が埋立を行い飛行場が開場します。

そして敗戦となり磯子区内の多く土地が駐留米軍に接収され、その状態が昭和30年前後まで続きます。

根岸にあった小型飛行場は昭和33年まで米軍管理下となりました。

米軍による接収解除後は丘陵部の土を海岸部分の埋め立てに使用し平地部分を大きく広げると共に、

平にされた丘陵地域を造成して最新式の団地・磯子団地(現在の汐見台団地)を建設されました。

その後、磯子区は横浜市民のべットタウンとして急激に人口が増大して行きます。

現在でも磯子区民の60%は出生地が横浜市内です。

磯子区の見どころとしては、根岸湾に面する事から、磯子海の見える公園・海釣り施設、

流れるプールの横浜プールセンター、馬との交流が楽しめる 根岸森林公園、

1400年の歴史を持つとされる根岸八幡神社、

そして、昭和35年開場のゴルフ場磯子カンツリークラブ等が御座います。

   今回は以上です。