もしも備えて ご葬儀前チェックリスト

ここで挙げているチェック項目は肉親・友人の方が病院の先生からの余命宣告または臨終を迎えてしまった時、
あるいは病院の先生からの余命宣告または臨終を迎えてしまった時、
あるいはもしもに備えてその場で慌てない為、意識確認をして頂ければと考えひかりの杜スタッフの経験をもとにホームページをご覧になって頂いた皆様に何かお力になれないか?
と考えこのようなヒアリングシートを作成しました。
上記の項目はひかりの杜に特化した物ではなくどの葬儀社に依頼しても必要な事ばかりです。
インターネットを通じて大切な方の葬儀を任せる葬儀社を調べている皆様の何か少しでもお役にたてれば・・・。とひかりの杜は考えております。

チェックリストはコチラで印刷することが出来ます⇒ご葬儀前リスト

1 葬儀に対するご予算はきまっていますか?

一口に葬儀と言っても葬儀社・お寺(お布施)・料理代が大きく掛かります。十分にそれを踏まえて予算を立てましょう。
一般に言われる葬儀費用の中には、お布施や料理代・返礼品代は含まれておりません。

2 その時が訪れた時の訃報を知らせる方の連絡先は控えてありますか?

どうしても動揺から何をして良いか分からなくなっている中、訃報を確実に伝える方の電話帳を作っておくと良いでしょう。

3 葬儀を執り行う際に使う遺影写真の素材画像・写真はありますか?

今はスナップ写真をコンピューターで加工して遺影写真を作ることが出来るようになりましたので旅行等のスナップ写真などからも作れます。
年代によっては写真を嫌う方も多いはずです。ピントの合った写真を探しておきましょう。

4 故人様・喪主様・施主様の本籍、現住所は分かりますか?

死亡届を記入する際・また葬儀後の手続きに重要な項目になります。しっかり確認しておきましょう。
特に本籍についてはパスポートや最新の運転免許証には記載が無いものがありますので注意が必要です。

5 菩提寺(先祖のお墓がある寺)の名前・住所・TELは分かりますか?

仏教徒の方で葬儀で二日間のお勤めをお願いするにあたって死亡報告が必要になります。連絡先を事前に確認しておく必要があります。

6 自身の宗教・宗派・(無宗教)は把握してますか?

仏教・キリスト教・無宗教いかなる場合に於いても、それに沿った葬儀を行うために大切な情報になります。
ひかりの杜では、其々の宗派に合わせたご葬儀を執り行う事が出来ます。

7 葬儀を行う際の形式(一般葬・家族葬)を検討していますか?

コスト面・故人の希望・遺族の考えの三点からご希望を考え理想の葬儀を行うことが大切です。

8 病院等で亡くなった時、故人様を安置できる場所はありますか?

今日ではいろいろな事情で自宅に連れて行けないことがありますが故人様を考え自宅安置・お預かり安置を判断しなくてはなりません。
ひかりの杜では、お通夜・告別式までの間に故人様を大切にお預かりする事が出来ます。

9 会社・学校などの忌引き手続きの方法は確認できてますか?

臨終を迎えると何かと遺族の方は慌ただしくなり自分の事が疎かになりがちです。事前に必要申請書類等は確認しておきましょう。

10 参列する家族の方の礼服・制服は確認できていますか?

葬儀に参列する当日まで意外と自分の身なりには意識が向かず当日に礼服が無い事に気が付く方が多数いらっしゃいます。是非確認を!!

11 故人の所持品(通帳・健康保険証・年金手帳など)は確認できてますか?

葬儀後には数多くの手続きを行わなくてはなりません。その中でも健康保険証・年金手帳の返還は迅速に行う必要があります。

12 故人の口座から定期的な自動引き落としが無いかを確認できてますか?

死亡届申請後、基本的に故人の口座は凍結します。後日引落し先からの督促状が来てから名義変更を行う必要があります。

13 病院代や緊急時の出費に対応する現金を確保できていますか?10〜30万(目安)

訃報を聞きお参りくる方の接待費や葬儀参列に必要な備品などの購入が予想されます。多少の現金は用意しましょう。

14 臨終を迎えた時訃報を知らせる範囲を考えていますか?(近所・会社・知人)関係等

学生であれば学校内、クラス・会社であれば課、会社内と範囲は様々であり葬儀の規模もコストも比例して増大します。慎重に考えましょう。

15 もしもに備えて葬儀社に生前見積もりや質疑応答をなさいましたか?

打ち合せは臨終を迎えてすぐ行われます。葬儀社によっては安易な判断から思わぬ請求書が届いた方も数知れず。
しっかり事前相談が出来る葬儀社を選びましょう。

16 入院している方の家族は病院の名前・住所・TELをメモしていますか?

葬儀社はお電話頂いた後に故人様をお迎えに急行しなくてはなりません。その際に重要な情報になりますしっかり事前に確認しておきましょう

17 シャチハタ以外の三文判の印鑑を常に持っていますか?

死亡届は先生の署名が記載されている為公文書扱いになります。シャチハタでは申請できないので常に持ち歩きましょう。

18 故人が生命保険加入者の方は遺族が証書のある場所を確認していますか?

大切な書類だけに故人様が隠してしまい葬儀後に発見できない方が多数いらっしゃいます。事前に証書の確認を!!

19 施主となるあなたの身分証明書は常にお持ちですか?(運転免許など)

いろいろな場面で故人様との続柄を証明しなくてはいけない場面に遭遇します。身元を明らかに出来る物を準備しましょう。

20 お住いの地域を管轄している区役所の場所は確認できていますか?

先にも書きましたが葬儀後の手続きは死亡届を申請した役所に幾度となく出向かなくてはなりません。しっかり事前確認を。
詳細はひかりの杜ホームページの「各区ごとのページ」⇒お住まいの区役所でのお手続きをごらんください。

21 故人様の生年月日・満年齢をご存知ですか?

火埋葬申請書の記入の際に必要事項となります。改めて確認しておきましょう!!

葬儀について まず何をすればいいのか

「まずは何をすればいいの?」
初めて葬儀を行う方の多くがそう思われるのではないのでしょうか?

葬儀は深い悲しみの中で執り行わなければならなず、しかも不慣れな事柄を決定していく作業はご遺族様にとってたいへん負担の大きいことでしょう。

ひかりの杜ではそんなご遺族様のご負担を軽減できればと、一般的な葬儀前の流れをご紹介しております。
皆様のお役に立てていただければ幸いです。

ご親族様への連絡

ご家族様がお亡くなりになった際、まず行うのがご親族(三親等が一般的)に連絡します。

  • 病院で亡くなった場合:担当医師より死亡診断書を受け取ります。
  • 自宅で亡くなった場合:医師の診断後、死亡診断書を受け取ります。
  • 病院・自宅以外で亡くなった場合:まず警察に連絡し、監察医が死体検案書を作成します。

葬儀業者への連絡

ご親族様への連絡と同様に重要なのが葬儀業者への連絡です。
業者の選び方については葬儀業者の選び方についてをご参考にご覧下さい。
ひかりの杜では24時間体制で対応しておりますので、ご相談ください。

ご遺体安置

寝台車にてお迎えに参りましたのち、安置所まで個人様をお連れ致します。
自宅に神棚がある場合は神棚封じ(死の穢れが神棚に入り込まないようにします)をします。
ご家族様のご都合によって、自宅にご遺体を安置できない場合は、ご相談下さい。

喪主の決定

葬儀前には必ず喪主を決定しておかなければなりません。
喪主は親族の代表といった存在ですので、参列者の方々に失礼のないよう、喪主を務める方は事前に準備を怠らないようにしましょう。

喪主の準備に必要なもの

葬儀の手続き

ご家族がお亡くなりになった際、「死亡届」「火葬許可書」「埋葬許可書」などの書類が必要になります。事前にどのようなものが必要なのか知っておけば、スムーズに葬儀の準備を行えます。各種手続きはひかりの杜で代行致しますので、ご相談ください。

死亡届
人が死亡した場合、戸籍法に基づいて死亡届を提出する義務があります。
ご家族の死亡が確認されたると7日以内(国外で死亡したときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)に届出なければなりません。
原則として親族か親族以外の同居者が届人となりますが、届人の印鑑があれば葬儀社が代行することが可能です。

火葬許可書
死亡届を提出した際に発行されます。
火葬の際にはこの火葬許可書を提示しなければなりません。
火葬の日時・場所が決まっていない場合は発行さませんので、ご注意下さい。

埋葬許可書
火葬後、火葬場で火葬許可書に日時と仮想済みであるとの証印をもらい、自動的に埋葬許可書となります。
埋葬許可書は寺墓地や霊園に遺骨を納める際に提出する書類ですので、紛失などされないようご注意下さい。
一般的に、火葬場から遺骨とともに渡されます。

お寺への連絡(仏式での場合)

故人の名前、死亡時間、享年、生年月日などを伝え、まずは枕経を依頼します。
枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せ をします。
枕経に備え、数珠を用意しておくのを忘れないようにしましょう。
※ひかりの杜ではお寺のご紹介を致しております。お気軽にご相談下さい。

▲このページのトップに戻る