ひかりの杜 葬儀の流れ

葬儀に参列したことは何度かあっても、ご自分で出すという経験をされたことがある方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?
いざという時、また現在葬儀をお考えの方でどのような順序で進めたら良いのかをここでは仏式を例にご紹介しております。
皆様のお役に立てていただければ幸いです。

葬儀

お通夜が終わりますと次はご葬儀になります。
式場整備や当日の進行はひかりの杜が承りますので、ご安心ください。

1.葬儀前の準備

葬儀の進行について喪主、お世話係、担当者で打合せを致します。
喪主は会葬者の焼香順及び弔電・弔辞の紹介順序をご確認下さい。
また、火葬場へのご同行をお願いする方には早めにその旨をお伝え下さい。
式場の整備・当日進行はひかりの杜にお任せ下さい。

2.葬儀・告別式

葬儀の一般的な流れは参列者着席→開式の辞→読経→弔辞・弔電の披露→僧侶・遺族の焼香→閉式の辞となります。
葬儀と告別式を分けて行う場合は、葬儀終了後改めて告別式の開式を告げ、読経と会葬者の焼香を行います。
近年では葬儀と告別式は分けず、遺族の焼香に続いて一般会葬者の焼香が行われることが多いです。

葬儀と告別式の違い
本来、葬儀と告別式は別々の意味を持っていました。
葬儀はご家族や近親者が故人様をあの世へ送り成仏させる儀式です。
告別式は故人様と親交のあった方々が故人様へ最後のお別れを告げる式でした。
近年では分けて執り行われる事が少なってきています。

3.故人様と最後のお別れ、出棺

喪主の方から順番に、ご遺族が棺に生花をいれ合掌します。
その後棺に蓋をし、喪主から順番に釘打ちをします。
釘打ちが終わりましたら、喪主の方が位牌をもって先頭に立ち、喪主に次ぐ方が遺影をもってそれに続く形で棺を先導します。
棺が霊柩車におさめられましたら、喪主か親族の代表の方が一同に会葬のお礼を述べます。
火葬場から帰った遺骨をお迎えする時や、遅れて弔問にいらっしゃる方に対応できるよう、喪家の事情がよくわかっている方に留守を頼んでおくことをお忘れないようご注意下さい。

4.火葬

火葬場には火葬許可書と遺影と位牌を持って行きます。
火葬中は控え室にてお待ち下さい。
火葬がお済みになりましたら、骨上げ(ご遺骨を骨壷に納めることを言います)をします。
火葬場の係りから説明を受けますので、指示に従って行います。
骨上げが終わりますと、骨壷を白木の箱に入れて渡されます。
このとき、埋葬許可書が一緒に納められている事を必ずご確認下さい。
また、分骨をご希望の場合はあらかじめ担当者までお申し付け下さい。
※埋葬許可書がありませんと埋葬ができません

5.ご法要

遠方からの近親者が短期間に何度も行き来することの負担を考えて、近年では火葬前後に初七日の法要を繰り上げて行うことが多くなってきています。
喪主の挨拶の後、精進落としを行います。

6.ご自宅へ帰宅

ご自宅に遺骨、位牌、遺影を安置致します。
供花や供物をお供えし、葬儀は全て終了致します。

▲このページのトップに戻る