お通夜前の準備

葬儀社や宗派などによってことなりますが、一般的なお通夜前の準備についてご説明致します。
するべき事、決めるべき事を理解しておきますとスムーズに故人様をお見送りする事が出来ます。
もちろんひかりの杜でも詳細までご説明させて頂きますので、ご相談下さい。

1.通夜・儀式の形式の決定

規模に関しては故人様の社会的地位や交際範囲などから予想される会葬者の数、および喪家の経済条件などを考慮致します。
形式は第一に故人様の遺志を尊重し、故人様の宗派や希望(音楽葬や山岳葬などの特別な形式を望む場合)に則って行いたいものです。
ただし、生前に故人様が葬儀に関して特に意思表示をしておられなかった場合には喪主の意向に沿って行うと良いでしょう。

2.通夜・葬儀の場所と日時の決定

一般的にはご逝去された翌日に通夜、翌々日に葬儀を行うのが普通ですが、日時は僧侶や火葬場の都合も考慮した上で決定致します。
お寺の場合はさほど問題はありませんが、通夜・葬儀を自宅で行うには、近隣への理解と協力をお願いしておくことが大切です。
特に集合住宅では老化や階段などの共有スペースをやむを得ず使用する場合がありますので、お忘れのないようにご注意下さい。

3.遺影写真の選定

なるべく最近撮影したもので、故人様やご遺族様の気に入ってる自然な表情のものをお選び下さい。
カラーで撮影したものを白黒に修正することも可能ですが、近年はカラー写真をご希望される方が多いです。
不要な背景を消したり、服装を差し替えすることも可能です。

4.会葬礼状と粗供養品の準備

ご親戚や知人、故人様の仕事関係者、近所の方などの意見を参考にしてなるべく正確な会葬者の数を予想します。
香典を預かってくる人も多いので礼状は多めに用意するようにしましょう。
租供養品と会葬礼状は焼香のあとで会葬者に感謝の意を込めてお渡しするものです。
粗供養品にはハンカチ、お茶、のりなどの日用品を選ぶ方が多いです。
ご依頼頂ければ、ひかりの杜でご用意致します。

5.弔電・弔辞

弔電を紹介する順番は故人様の身分や社会的地位などに配慮して決定します。
一般的には仕事関係者、地域関係者、親族の順になることが多いです。
弔電が多くて紹介しきれないときはその旨を会葬者に断ったうえで、残りを霊前に供えます。

6.供花・供物の配置

供花や供物は、近親者からのものは血のつながりの濃い順に、友人、知人、仕事関係者からのものは故人様との関係の深い順に並べます。
仕事関係の人と故人様とのお付き合いの程度が分からない場合はなどは、職場の上司や同僚の方に訪ねましょう。
飾りつけが終わったあとに届いたものはそのままの順に並べます。

7.駐車場の準備

近くに駐車場がある場合は所有者に相談して、数台分を必要な時間帯だけ借りておきましょう。
集合住宅の場合は共有の駐車スペースなどをりようする方法もあります。
やむを得ず道路を使用するときは事前に警察に道路使用許可を申請する必要があります。
そういった場合の手配などはひかりの杜にご相談下さい。
駐車場の確保がどうしても無理な場合、会葬者にその旨を必ず伝えておきましょう。

お通夜

準備が整いましたら、お通夜になります。日程調整、進行などはひかりの杜にお任せ下さい。
一般的なお通夜の流れを下記にまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

1.納棺

ご遺体を浄め死装束をつけます。
棺には故人様の愛用品を一緒に納めますが、ガラスや金属製品などは火葬の際にご遺骨を傷つける場合がありますので、避けるようご注意ください。
納棺の作法や手順につきましては、担当者が丁寧にご説明致します。

2.お通夜・通夜振る舞い

ご遺族様は開式1時間前を目安に喪服に着替えて式場へお越しください。
また、お世話係の方は所定の位置で待機をお願い致します。

お通夜は参列者着席→僧侶入場→読経→焼香→喪主挨拶の順で進行致します。
終了後は通夜振る舞いの料理やお酒などで会葬者をもてなします。
料理などではなく、茶菓子などで済ませたり、持ち帰りの品に替えて行うこともあります。

お世話係
お通夜・葬儀を進行する上で喪主のお手伝いをする方を指します。
ご親戚や近隣の方、勤務先などの仕事関係者、および故人様のご友人などにお願いするのが一般的です。
※ご依頼頂ければひかりの杜で代行致します。ご相談下さい。

▲このページのトップに戻る