泉区でご葬儀

泉区で葬儀をお考えの方へ 葬儀に関して不安はありませんか? 葬儀の不安:費用・葬儀社の場所・葬儀後 泉区の葬儀はあおい葬祭にお任せください

泉区で葬儀費用にお困りの方は追加料金0円のあおい葬祭へ

泉区で火葬儀プラン 泉区で家族葬プラン 泉区で一般葬プラン

泉区の遺族様の要望に合わせて

ひかりの杜ではご遺族様のご要望に合わせたご葬儀を第一に考え、上記3プランとも最低限のシンプルな内容になっております。

ご遺族様のご要望に対応するために、これらのプランをこの価格でご提供しております。

泉区で葬儀社をお探しなら

 

横浜市内に葬儀営業所を5箇所開設

ひかりの杜では、ご連絡を頂いてから迅速な対応ができるよう、
横浜市内に5営業所を開設しております。

ご連絡を頂いてから、お近くの営業所よりすぐお伺い致します。

 

泉区で葬儀後が不安な方はコチラ

泉区の葬儀はあおい葬祭にお任せください 泉区の葬儀はあおい葬祭の専門スタッフがサポート

各種手続き代行・法事、法要のサポート
ひかりの杜では、ご葬儀後の相続、保険の手続きやのサポート、代行を承っております。
また、法事、法要や返礼品のサポートも承っておりますので、
お気軽にご相談ください。
葬儀後に関しての詳細はコチラ
 
お寺のご紹介
葬儀後の法事、法要に必要な僧侶のご紹介をひかりの杜では承っております。
その際にお渡しするお布施も、お寺のご協力を頂きまして公開させていただいております。
葬儀後に関しての詳細はコチラ
 
墓地、お墓のご紹介
ひかりの杜では墓地、お墓のご準備ができていない方向けに公園墓地のご紹介を承っております。
詳細はお問い合わせください。
 

ご葬儀の流れ 泉区

1.お迎え

ご逝去後、法律に24時間は火葬することができませんので、ご遺体を安置する必要があります。
病院での長時間安置はできませんので、「ご自宅」または「専用の安置所」まで搬送する必要があります。
安置場所が決まっていない場合はお迎えに伺った際にご案内し、決定次第搬送致します。
※プランに搬送料は含まれています(1回分のみ)

お迎え
2.ご安置

火葬までの間、ご自宅にご遺体を搬送し、安置します。
※ご都合が悪く、ご自宅で安置出来ない場合はご相談下さい。
※この間、現地スタッフと詳細なお打合せを行っていただきます。ご遠慮なくご質問ください。

ご安置
3.ご納棺

故人様を棺に納めます。
※一般的にはご家族立会いで納棺致しますが、立ち会わずにお任せ頂くことも可能です。

ご納棺
4.お通夜

葬儀場まで寝台車でご遺体の搬送を行い、通夜式を行います。
葬儀場の休憩室・宿泊室・霊安室等のご利用も可能です。
※葬儀場によっては、休憩室・宿泊室・霊安室をご用意できない場合があります。

お通夜
5.ご葬儀・告別式

一晩故人様と一緒に過ごされた後、告別式を行います。
お花を棺に納めて、故人と最後のお別れをなさって下さい。

ご葬儀・告別式
6.出棺

火葬の日時に合わせ、現地スタッフが故人様を寝台車で火葬場へ搬送致します。

出棺
7.火葬

火葬場までご家族と同行または火葬場で待ち合せをし、火葬を行います。
火葬が終わったら収骨を行います。(火葬時間は約1時間程度です)

火葬
8.ご法要

火葬後、日程を繰り上げて初七日法要を行います。

ご法要
9.ご自宅へ

火葬場からご帰宅後、あと飾り壇へご安置致します。

泉区のご遺族様の声

泉区で葬儀のご遺族様の声

葬儀を終えて、弊社の対応はいかがでしたか?
非常に良い
上記の質問でそう思われた理由はなんですか?
いつ電話しても、スタッフの方はこちらの事をわかってくれている様に感じました。
価格以上のサポートをいただけたと親族全員が感謝しております。

最後に私達あおい葬祭に一言あればご記入宜しくお願いします。
今では本当の家族の様に思っております。
皆様体調にはくれぐれも注意してこれからもがんばって下さい。

 

「あおい葬祭」は「ひかりの杜」に名称を変更いたしました。

泉区での実際のお見積例

横浜市泉区で承りました実際のお見積もり例をご紹介いたします。

家族葬プラン

マウスを乗せると拡大します
estimateex10.gif
故人さま住民登録 横浜市泉区
宗教 宗派
ご臨終場所 保土ヶ谷区の病院
ご遺体保管場所 ご自宅
斎場 横浜戸塚斎場
通夜・葬儀
会葬者:8名
 ・保管場所へご移送 走行距離:24km
 ・斎場予約 予約待ち4日間
 ・ご遺体の保全 枕飾りを設営
ドライアイス4回交換
 ・区役所へ死亡届提出 火埋葬許可証受領
 ・ご遺体納棺 ご自宅にて
ご供花:2基(喪主様、ご親族)
 ・祭壇設営  
ご出棺 霊柩車により斎場へご移送
 ・霊柩車 移送車走行距離:28Km
お通夜 ご導師さまにより執り行う
 ・当社アテンダント 1名(司会を含む)
 ・会葬者 8名でお浄め
 ・会葬返礼品

5ヶ

葬儀式 ご導師さまにより執り行う
 ・当社アテンダント 1名(司会を含む)
 ・火葬炉へ移動  
火葬場にてご火葬 臨済宗ご僧侶により読経(*)
 ・お骨壺へご収骨  
 ・控室を使用して会食 8名
 ・会葬返礼品

5ヶ

 ・ご自宅へ ご遺族のお車
  後飾りを設営して終了
*ご僧侶へのお布施は別途  

一般葬プランLight(ライト)

マウスを乗せると拡大します
estimateex11.gif
故人さま住民登録 横浜市泉区
宗教 宗派 真言宗
ご臨終場所 戸塚区の病院
ご遺体保管場所 ご自宅
斎場 横浜戸塚斎場
通夜・葬儀 
会葬者:40名
 ・保管場所へご移送 移送車走行距離:17km
 ・ご遺体の保全
ドライアイス 枕飾り設営
 ・火葬場  予約待ち3日間
  ドライアイスを3回交換
 ・区役所へ死亡届提出 火埋葬許可証受領
 ・ご遺体納棺 ご自宅にて
ご供花:4基(喪主様、ご親族、企業様)
 ・祭壇設営  
ご出棺 霊柩車により斎場へご移送
 ・霊柩車 移送車走行距離:15Km
お通夜 ご導師さまにより執り行う
 ・当社アテンダント 2名(司会を含む)
 ・会葬者 40名でお浄め
 ・会葬返礼品

0ヶ

葬儀式 ご導師さまにより執り行う
 ・当社アテンダント 2名(司会を含む)
ご出棺 火葬炉へ移動
 ・霊柩車 なし
火葬場にてご火葬 真言宗ご僧侶により読経
 ・お骨壺へご収骨   
 ・控室を使用して会食 10名
 ・会葬返礼品 40ヶ
 ・ご自宅へ ご遺族のお車
  後飾りを設営して終了
*ご僧侶へのお布施は別途  

横浜市泉区近くの斎場/お寺

 泉区でご葬儀をお考えの方には公営の葬儀式場のご利用をご希望の場合、横浜市戸塚斎場が御座います。戸塚区鳥が丘にある戸塚斎場は横浜市営の葬儀式場で火葬炉も併設されており、葬儀式場から火葬場への移動が容易です。泉区民の方々にもご利用し易い葬儀式場と言えるでしょう。戸塚斎場の最寄り駅としては市営地下鉄踊場駅4番出口、JR戸塚駅西口、相鉄線弥生台駅がございます。踊場駅からは徒歩15分、戸塚駅西口と弥生台駅からはタクシーで10分です。戸塚斎場が混雑している場合は少々遠方にはなりますが、横浜市北部斎場(緑区・火葬場併設)、横浜市南部斎場(金沢区・火葬場併設)もご利用いただけます。

 また、ご自宅近くでのお通夜・ご葬儀をご希望であれば、私営の式場でお通夜・ご葬儀を行い、ご火葬を市営火葬場で行うことも可能です。この場合の火葬場といたしましては横浜市戸塚斎場か横浜市久保山斎場(市営西区・火葬炉のみ)をご利用いただくのが便利かと思います。

 ひかりの杜ではご要望に合わせた葬儀式場をご紹介いたします。弊社がご紹介する葬儀式場は全て宗教・ご宗派を問わずご利用いただけます。なお、仏式のご葬儀をお考えで菩提寺が遠方等のため、ご導師のご都合が付かない様な場合はひかりの杜より僧侶をご紹介することも可能です。どのご宗派の僧侶であっても責任を持ってご紹介いたします。ひかりの杜では神道の神官、カトリックの司祭様、プロテスタントの牧師様、他の宗教の宗教者もご紹介することが可能です。

斎場/寺名 住所 TEL・Fax 宗派 条件
横浜市戸塚斎場 戸塚区鳥が丘10-5 0120-55-6672    

泉区役所でのお手続き

■所在地
〒245-0016 横浜市泉区和泉町4636番地2

■連絡先
045-800-2341(直通)

■アクセス
・電車をご利用の場合
相模鉄道いずみ野線「いずみ中央駅」から徒歩5分

・バスをご利用の場合
神奈川中央交通バス「泉区総合庁舎前」バス停前

■受付窓口
泉区役所1階(201番)
戸籍課戸籍担当窓口

■夜間・休日の受付窓口
夜間、休日など戸籍担当窓口での受付時間外の場合
お預かりのみとなります。

■取り扱い日時
月曜日〜金曜日 8:45〜17:15
第2・第4土曜日 9:00〜12:00


大きな地図で見る

ひかりの杜では泉区役所でのお手続きの代行を承っております。お気軽にご相談下さい。

葬儀についてお困り事はありませんか?

葬儀の為に、まずは何をすれば良いの?

キリスト式の葬儀にしたい・・・

葬儀社の選び方がわからない・・・

上記以外にもたくさんのご質問をお客様から頂いています。
どんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談下さい。

24時間365日受付ております!ご質問・ご相談無料で承ります。0120−200−759
あおい葬祭へのお問合せはコチラ

区花を使った生花祭壇 泉区の区花 〜菖蒲〜

生花祭壇

泉区の区花 菖蒲

 ひかりの杜ではご葬儀の式典でお使いいただく祭壇として生花祭壇のご利用をお薦めしています。ご利用いただいた生花祭壇のお花は故人様のご遺体をお飾りし、全てお棺の中にお納めいたします。もちろん、故人様を偲び、故人様が好きだったお花をお好みのデザインで祭壇とすることも可能です。泉区の区花は平成4年、区制5周年を記念して公募により水と緑をイメージした「菖蒲(あやめ)」と制定されました。菖蒲の花言葉は『良き便り、吉報』で、ご葬儀の場においては不適切とも考えられますが、ひかりの杜では花言葉とは関係なく、季節の花として見頃の5〜7月には生花祭壇の周囲を飾るアクセントとして使わせて頂くこともございます。

 

泉区のご紹介

 泉区は横浜市内の南西部に位置し、境川を挟んで大和市と藤沢市に接する人口15万人(6万世帯)が居住する緑豊かな農業と住宅の街です。昭和61年、戸塚区の一部が分区して誕生しました。泉区の地名はその中心となる和泉町を基に、公募により泉が湧き出る様に若い活力を生み出しながら発展する街を願い命名されました。また、泉区は市街化区域の割合が最小で耕地面積は最大の区であり、“ゆめはま2010プラン”ではやすらぎと潤いの溢れる田園文化都市と位置づけられ、開発が進められております。

 泉区内の交通機関は平成11年に延伸した相模鉄道いずみの線と横浜市営地下鉄ブルーラインが区民の足となっています。道路は県道22号横浜伊勢原線(通称長後街道)と横浜市内環状4号線が区民の方々に便を供しています。

 泉区では旧石器時代の遺跡も発掘されており、1万年前には人が居住し、平安時代後期には水田が営まれていたと考えられる古い歴史を持つ街です。平安時代には相模国鎌倉郡84ケ村の一部でした。鎌倉時代には鎌倉七切通しの西の道(上の道)が泉区内を通っておりました。明治の廃藩置県により神奈川県鎌倉郡となり、明治22年の町村合併により鎌倉郡中川村と中和田村に統合されます。昭和14年には横浜市に編入されて戸塚区の一部となりました。そして昭和61年、中川地区と中和田地区の岡津・新橋の両町が分区して泉区となりました。泉区は境川と和泉川が南北に、北側を阿久和川、東側を宇田川と4本の川が流れ、台地の辺縁には湧水が分布する、地下水脈に恵まれた土地です。古くは水田・野菜耕作の農業が、明治に入ってからは養蚕が盛んとなりました。昭和に入り、戸塚駅を中心として建てられた軍需・民間工場の社宅として、戦争末期には疎開地として、戦後は戸塚を中心とした宅地化により人口は増加を続け、現在に至ります。

 

 泉区の見所としましては名所古跡として日蓮宗別格本山の本興寺、下飯田村の村社だった飯田神社、1526年建立と言われる日枝神社、桜の美しいいずみ桜広場、自然が豊かな天王森泉公園、いずみ歌舞伎等がございます。

▲このページのトップに戻る