葬儀横浜 葬儀の歴史・庶民のお墓

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・庶民のお墓に付いて書かせて頂きました。

 

 日本に於いて庶民のご遺体は集落の共同墓所に埋葬されるのが一般的で、この状態は古くは古代より室町時代まで続きます。その後 惣村の確立と共に庶民個々の経済力が向上し、家族、一族として固有の墓所を保持する様になり、墓石の建立も普及して行きます。そして 江戸時代の寺請制度により、一家一寺の関係と菩提寺(若しくは所有地内)にお墓を建立する習慣が確立しました。

 

 江戸時代に入ると、それまで村落を支配していた大地主が没落し、平均的な本百姓による共同支配へと変化して行きます。村落の中に有った大地主に庇護された寺院や道場は 村落共有の精神的結びつきを強化する為の惣寺院や惣道場へと変化しました。

 

 安土桃山時代、江戸時代初期には 民衆は寺院に帰依する様になりますが、一家の構成員全てが 家を単位として一つの寺院の檀家となる、一家一寺の関係は確立されては居りませんでした。家の構成員である夫と妻がそれぞれ異なる寺院に帰依する形態も多く見られました。それが 17世紀後半 江戸幕府による 寺請制度の推進と、自立した農家が広く形成された事により、一家一寺の関係が確立しました。一家という考え方が定まる事により、祖先崇拝も強まり、一家は 菩提寺としてその寺の経済的基盤を支え、代りに 葬祭 仏事は寺院に委託すると言う関係が定着しました。

 

 共同墓所への埋葬の時代には 墓石を建てるという習慣は有りませんでしたが、壇那寺と檀家という関係が確立すると 一家は独自の墓所を持つ様になり、その墓所には自分達の墓石を建立する習慣が徐々に広がり一般化して行きます。近世の庶民のお墓は 一家の確立、先祖崇拝、家の象徴を前提として建立される事と成りました。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・民衆の葬祭

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・民衆の葬祭に付いて書かせて頂きました。

 

 鎌倉・室町時代 仏式による葬儀は貴族階級から武士階級へと広がり、更には 惣村と呼ばれる農民の村社会が形成されると、惣村の中に設けられた寺院や道場による仏教の布教活動が活発となり、信者の拡大は庶民へとも広がり、庶民も葬祭を営む様になり、それは仏式で営なまれました。多くの 仏教宗派は 葬祭の施行を中心に置いて布教活動を行つても居り、特に 浄土真宗は 火葬を推奨した事から 火葬が普及し始めました。そして 室町時代末期 応仁の乱以降には 農民が寺院の支え手に加わる形も出来始め、檀家制度がつくられ始めます。

 

 室町時代以降 貴族や武士の間では ご遺体を火葬に付す習慣が進みます。この習慣は 仏教が庶民の間に普及すると共に、庶民階級にも広がりました。しかしながら 時代も進んだ明治時代中期の火葬率が30%前後である事から見ると、庶民の多くのご遺体は 土葬されて居りました。仏教の教えでは火葬を原則として居り、特に浄土真宗は火葬を推奨しましたが、火葬場の数は少なく、ご火葬する為の費用(人手と薪)が高額でもある事から、普及率が高まる事はありませんでした。

 

 日本に於ける 寺院と信徒の関係は 壇那寺(旦那寺)ー檀家の関係で結ばれています。檀家とは 檀越(だんおつ)の家と言う意味で、檀越とは古代インド語である梵語のダーナパティの音写で、寺や僧侶を援助する庇護者を意味します。日本に於いて 中世までは寺院は天皇家を中心とする貴族と武士により支えられて来ましたが、室町時代末期 応仁の乱以後 戦乱の世を中心に惣村が形成されると、庶民(農民)も寺院の支え手に加わり始めます。庶民は 葬祭や仏事を寺院に委託する代わりに、寺院の維持費を負担する様になり、自然発生的に寺檀関係が出来始め、江戸時代の檀家制度へと発展して行きました。

 

   今回は以上です。

 

葬儀横浜 葬儀の歴史・葬祭仏教化

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・葬祭仏教化に付いて書かせて頂きました。

 

 鎌倉・室町時代 仏式による葬儀は貴族階級から武士階級へと広がり、更には 惣村と呼ばれる農民の村社会が形成されると、惣村の中に設けられた寺院や道場による仏教の布教活動が活発となり、信者の拡大は仏式葬祭の普及へと繋がって行きました。又 宗派によっては葬祭の施行を中心に置いて布教活動を行つても居りました。そして 室町時代末期 応仁の乱以降には 農民が寺院の支え手に加わる形も出来始め、檀家制度がつくられ始めました。

 

 鎌倉時代までの農民の結合は 有力な地域の有力名主を中心としてなされて居りましたが、室町時代も進むと 小規模農民層もその結合の中に加わり始め、近代の村と呼ばれる ”惣村”が形成されます。農民による自治組織、共同体としての惣村が作られ、地域共同体が出来上がってゆきました。惣村は地域の連帯を維持する為の規則や罰則などの検察・裁判機能も有し、領主の圧政に対する闘争組織でも有り、余剰の生産物を保管、販売する組織でもありました。

 

 惣村の形成により 独立性を持った農民たちは寺院を支える財政力を持つようにも成ります。こうした事情を背景に 仏教各宗派は地方へ進出し、寺院や道場が作られて、仏教はより民衆化して行きます。民衆の仏教葬祭化を最初に広く推し進めたのは浄土宗でしたが、その後 禅宗、真言宗(密教)、日蓮宗、浄土真宗、天台宗なども 民衆の中の布教手段として葬祭を中心としましたので、葬祭仏教化が一段と進む事となりました。

 

 惣村を中心とした民衆の葬祭では 仏式の葬儀が民衆の中に受入られると同時に、それぞれの土地の民俗が仏教に融合して行きました。従いまして 仏教の葬儀であっても宗派によりその次第は異なり、更に 同じ宗派でも地域によりその次第が大きく異なる 事と成りました。そのしきたりは 江戸時代から現代にも受け継がれて居ります。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀W

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀Wに付いて書かせて頂きました。

 

 現代 私供がお手伝いをして営むご葬儀の原型は鎌倉時代に作られたと言われて居りますが、その基となるものが 禅宗の僧侶の実践規範を記した ”禅苑清規”によります。禅苑清規とは 禅苑は禅寺を、清規とは規範を現します、北宋の末期 雲門宗 第七世 慈覚大師により編纂された 全10巻から成る禅宗 の規範を定めたもので、禅僧の行履の諸職や 日常の行法などを記したものです。日本に於ける曹洞宗の準経典とも位置付けられて居ります。

 

 禅苑清規では 出家である僧侶の葬儀作法を定めた尊宿喪儀法と 修行の途上で亡くなった僧に対する葬儀作法を定めた亡僧喪儀法との2っが記されて居ります。尊宿喪儀法は逝去された僧侶とその弟子達に弔意を表す事が中心とされ、亡僧喪儀法は修行途中で逝去した僧侶の心中を察っして 仏法の真理を伝授しようとする願いが中心となりました。この亡僧喪儀法を基に 浄土教 密教の念仏や往生祈願が付け加えれられて、武士や在家の葬法(壇信徒喪儀法)と成りました。

 

 在家の葬儀作法は亡僧喪儀法から発展して次第とされたものですから、死者にお経を読んで仏の悟りを得させ、僧にさせる印として剃髪し、戒名を授け、そして 引導を渡して成仏させます。これを 死後に僧侶にする事から ”没後作僧” とよばれます。現在の仏教葬儀に於ける作法の原型はここにあります。

 

 鎌倉時代・室町時代は 龕堂(がんどう)と火葬場の2ヶ所で仏事が営まれました。龕(がん)とは 棺や柩を納める容器の事を言い、龕堂とは 柩を安置しておく家屋を指します。寺院や自宅、あるいは ご火葬を行う火屋の前に龕前堂が作られました。この龕前堂は 現代に於ける斎場、葬儀式場にあたるとも言えます。龕前堂で営む儀式が 現代の葬儀式に発展したと考えられて居ります。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀V

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀Vに付いて書かせて頂きました。

 

 平安時代 日本古来の葬送儀礼と仏教の葬送儀礼が融和して、日本人の葬儀次第の原型が出来上がりましたが、日本を統治する政権が武士の手に移った 鎌倉時代には 仏教の宗派として新しく 浄土宗、禅宗、浄土真宗、日蓮宗が登場します。特に 葬送儀礼に関しては 禅宗により僧侶の葬法が中国より伝えられ、それに過去の日本の習俗が加えられて 武家や庶民の葬法が作り上げられました。この時代に営まれた 天皇や貴族の葬儀の概要を記したものとして ”吉事次第”が御座います。

 

 吉事次第は葬儀の模様を記した書物ですが、この時代には 凶事や蔡事という言葉は忌み嫌われ、吉事 もしくは 勝事と言われました。吉事次第によれば 御座直し、入棺、葬送、火葬、納骨、香奠・白布・位牌、などの付いてが記されて居ります;

拾骨が終り、白の革袋に納められたお骨壺は 召使の首に架けられて三昧堂(高野山や納骨する寺院の)に運ばれ納骨されます。納骨は 三昧堂の仏壇の下に穴を掘り、その中にお骨壺を安置し、土と石でその上を覆い、更に石灰で塗り固めました。納骨に参加した方々は 帰宅する前に故人様の霊の成仏を祈念して藁(わら)で作った人形で手祓いをしました。

 

 この時代には 既に香奠・白布・位牌の習慣が見られます。記録を見るに 武士の間では金銭による香奠をよせる事が記されて居ります。又 火葬場の荒垣に白絹の布を張り巡らしたとあり、現代の葬儀式場で周りに白布を張り巡らす習俗につなげられます。更に ご位牌は家督相続者が保持した、とも記されて居ります。

 

 現代の葬送儀礼の中心は出棺前の 葬儀式・告別式ですが、この時代は 山頭念誦(さんとうねんじゅ)と呼ばれる火葬場での仏事でした。火葬場で読経がされ、現在の精進落としにあたる 奠湯(てんとう)、奠茶(てんちゃ)が火葬場で振舞われました。そして 七七日法要(四十九日)の仏事をもって精進上げとされました。


 葬列を組む際の善の綱や、火葬場の前で入る前に3回廻る所作なども 記されて居ります。これらは現在でも地域により 伝承されて居ります。又 この時代に行われた ご遺骨をお骨壺に納める際の箸渡しは 簡素化されて2人一組となりご遺骨を持ってお骨壺に納める形で現在に伝承されて居ります。  


   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀U

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀Uに付いて書かせて頂きました。

 

 平安時代 日本古来の葬送儀礼と仏教の葬送儀礼が融和して、日本人の葬儀次第の原型が出来上がりましたが、日本を統治する政権が武士の手に移った 鎌倉時代には 仏教の宗派として新しく 浄土宗、禅宗、浄土真宗、日蓮宗が登場します。特に 葬送儀礼に関しては 禅宗により僧侶の葬法が中国より伝えられ、それに過去の日本の習俗が加えられて 武家や庶民の葬法が作り上げられました。この時代に営まれた 天皇や貴族の葬儀の概要を記したものとして ”吉事次第”が御座います。

 

 吉事次第には 御座直し、入棺、葬送、火葬、納骨、香奠・白布・位牌、などの付いてが記されて居ります。

葬送では 早朝に山作所(さんさくしょ)と呼ばれるお墓を造ります。葬送当日に素服と呼ばれる粗い白布で作る喪服を裁縫します。夜になるとその素服を着用して御仏供養を営み、出棺となります。お柩は御車(牛車)に載せられ火葬場へお運びします。残された者は お柩が安置されていた寝所を竹の箒で掃き清め、集められた塵と箒は 川もしくは山野に捨て、枕火を消して終了となります。

 

ご火葬は まず火葬場となる場所の周りを荒垣で回らし、入口に鳥居を建て、中に小屋を造ります。ご火葬はこの小屋の中で行います。

ご火葬場に御車に載せられたお柩が到着すると、導師と呪願の僧侶が御車の前で儀礼を営み、お柩を小屋の中に安置してご火葬を行います。ご火葬の間 僧侶と近親者は真言を誦(じゅ)します。ご火葬の時間は夜半から翌朝までが必要となります。翌朝 ご火葬が終りましたら 湯で火を消し、灰を水で流します。そして 拾骨となりますが、ご遺骨を箸で挟んで次々と他の人に渡して行き、最後の方がお骨壺にお納めします。ご遺骨が全てお骨壺に納められましたら、ご遺骨に真言土砂をお掛けして、蓋をし、白の革袋にお納めします。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・鎌倉時代の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 平安時代 日本古来の葬送儀礼と仏教の葬送儀礼が融和して、日本人の葬儀次第の原型が出来上がりましたが、日本を統治する政権が武士の手に移った 鎌倉時代には 仏教の宗派として新しく 浄土宗、禅宗、浄土真宗、日蓮宗が登場します。特に 葬送儀礼に関しては 禅宗により僧侶の葬法が中国より伝えられ、それに過去の日本の習俗が加えられて 武家や庶民の葬法が作り上げられました。この時代に営まれた 天皇や貴族の葬儀の概要を記したものとして ”吉事次第”が御座います。

 

 吉事次第には 御座直し、入棺、葬送、火葬、納骨、香奠・白布・位牌、などの付いてが記されて居ります。

 

 

 吉事次第は葬儀の模様を記した書物ですが、この時代には 凶事や蔡事という言葉は忌み嫌われ、吉事 もしくは 勝事と言われました。吉事次第によれば 御座直し、入棺、葬送、火葬、納骨、香奠・白布・位牌、などの付いてが記されて居ります;

人が亡くなると”御座直し”が行われます。ご遺体を北枕にして筵(むしろ)の上に寝かし直し、逆さ屏風や几帳(きちょう)を立て回わし、枕元に灯明を一つ立てて葬儀が終るまで消さぬよう守り、香を灯明の火で焚き、夏は酢を鉢に入れてご遺体の鼻の側に置き(消臭の為)、僧侶 遺族 近親者は屏風の外に侍り、僧侶は真言を唱えました。

 

次に ご遺体を棺のお収めしますが、木製の棺(標準は 長さ6尺3寸、幅1尺8寸、高さ1尺6寸)を用意し、棺の底に土器のかけらと香を敷き詰めます(ご遺体が動くのを防ぎ、ご遺体から漏れる体液を吸収する為)。ご遺体の納棺は 筵ごと棺の中にお収めし、枕で頭を支え、ご遺体の上を引覆(ひきおおい、野草衣とも言い 曼陀羅を書いた衣)で覆いました。引覆の上から 頭、胸、足の3ヶ所に土砂加持の砂をかけます。そして 棺の蓋をし、布の綱で縛り、北枕で葬儀の時まで安置します。


 今回は以上です。葬送以降は次回に書かせて頂きます。

葬儀横浜 葬儀の歴史・浄土教と葬儀

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・浄土教と葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 平安時代 三昧会を中心として、死後に極楽往生するには 念仏の行をあげる以外に無い、という浄土教(浄土思想)が生まれ、信徒の層は民衆へと大きく広がりを見せました。又 浄土思想を基に 葬送儀礼の形態も、現代に近い形態とその意味つけがこの時代に成されました。その基本とされた考えが、天台宗の僧侶 恵心僧都源信によって記された”往生要集”です。源信の教えは 法然上人の浄土宗、親鸞聖人の浄土真宗へと受け継がれます。

 

 往生要集は 985年に 浄土思想の観点から、多くの仏教の経典や論書などから、極楽往生に関する重要部分を抜粋した仏教書で、一部三巻からなります。その中では六道が説かれ、特に地獄道は醜く示されて居り、三悪趣(地獄道、餓鬼道、畜生道)に堕ちる事を避け、極楽浄土に往生すべき事を説きます。そして 極楽浄土への往生の方法を説き 念仏の必要性と 念仏修行の方法を説きます。更に 念仏の功徳、その包容性、最後に 何よりも勝れているのが念仏であると説きます。この書に記された精神は 貴族階級だけではなく、庶民階級にも広く普及し、後の文学思想にも大きな影響を与えました。特筆すべきは 本書が 中国 天台宗国清寺に渡り、中国の僧侶多数の尊信を受け、会昌の廃仏以来 唐末五代の混乱によって 散逸した教法を復活させる機縁となった事です。

 

 日本の仏教では 死後 人間は三途の川を渡り、7日ごとに閻魔を始めとする十王により7回の裁きを受け、最終的に最も罪の重いものは地獄に落とされる とされ、その救済のため 四十九日まで7回の法要を営みます。これらの儀礼も平安時代に意味ずけられ、習慣化されたと考えられます。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・死後の世界と葬儀

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・死後の世界と葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 二十五三昧会に始まる浄土思想が広がりを見せた平安時代、当初 臨終行儀を中心としていた浄土思想は 死後の世界おも含めた思想へと拡大します。それに伴い 葬送の儀礼も臨終の儀礼から死後の法要に至るまでの儀礼へと変化し、それぞれの儀礼の意味ずけも成されました。地獄道を含む 仏教の六道が日本成りに解釈されて紹介されるのもこの時代であり、その中心となったのが 二十五三昧会の中心人物 天台宗僧侶 恵心僧都源信でした。尚 日本に於きましては 日本書記に反映される日本神話の中に地獄は存在して居りません。


 二十五三昧会は 日本国内に広く影響を与え、各地に二十五三昧講が作られました。そして 12世紀に入ると 往生院は臨終に際しての場所ではなく、死後の墓堂へと変化して行き、死後の葬祭を営む所ともなって行きます。又 念仏三昧を行う念仏講は 輪廻転生(りんねてんしょう)から変化した 擬死再生の逆修、一度往生することにより、穢れが清められ、病気が治り、長生き出来、更には安らかに死ねる、として民間に流行し、信仰を集めました。


 仏教の六道とは 衆生(しゅうじょう)がその業(ごう)の結果として輪廻転生する6種の世界で、天道(天界道とも言う)、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道、の六道で 天道から修羅道までを三善趣、畜生道から地獄道までを三悪趣(三悪道)と呼称されます。六道は古代インド思想を起源とし、原始仏教では大きな意味を持っては居りませんでしたが、その後 中国に伝わり 儒教の文化と結び付いた後に、日本に伝来しました。六道は 恵心僧都源信が著した ”往生要集”により紹介されました。


   今回は以上です。


 

 

葬儀横浜 葬儀の歴史・浄土思想

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・浄土思想に付いて書かせて頂きました。

 

 平安時代 仏教は貴族階級だけでなく、一般民衆へも信徒を広げて行きますが、そうした中で 阿弥陀仏の本願に基ずいて 観仏や念仏によって阿弥陀仏の西方極楽浄土に往生し成仏を願うべし、との教えが始まり、広がります。この教えを浄土思想(浄土教とも言う)と言いました。その始まりが 比叡山天台宗で 慶滋保胤(よしげのやすたね、法名 寂心)と恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)を中心として集った ”二十五三昧会”と呼ばれる集団でした。

 

 10世紀末 比叡山の天台宗僧侶25名が集い 二十五三昧会 と呼ぶ集団を結成します。三昧会(ざんまいかい)のメンバーは 毎月15日に集まって念仏三昧をし、臨終にある仲間には皆で助けて念仏させ 西方極楽浄土へ往生させようとする、浄土思想を基にした結社でした。

 

 同志の中に病人が出ると 皆で看病し、病が重くなると 往生院と呼ばれる建物に移し、励まし合って死に臨んでいる者の心が乱れぬ様にし、亡くなったのちには ご遺体に光明真言をもって土砂加持を行い、3日の内に墓所に卒塔婆(そとば)を立てて葬りました。同志の葬式には必ず参加し、七七日法要までの間は 七日ごとに集まって念仏を修しました。又 春秋2回同志は集って 念仏を修しました。過去帳に名前を記し、祥月命日にも供養をしました。往生院で営まれた往生行儀としての念仏が 現代の枕経の原型と言われて居ります。

 

 臨終行儀とは 臨終(臨命終時の略)に際して 西方極楽浄土への往生を祈念して行う行儀で、阿弥陀仏の前に西方を向かせて病者を寝かせ、仏の右手と病者の左手を五色の糸で結び、念仏を唱えながら亡くなると 極楽往生間違いないとされました。この 臨終に於ける阿弥陀仏への帰依が 日本に於ける 葬祭での阿弥陀仏信仰を決定的にしました。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・葬儀の仏教化

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・葬儀の仏教化に付いて書かせて頂きました。

 

 現代 葬儀の中心儀礼とされる仏教は 日本伝来以来 天皇家を中心とする上流階級の庇護の下、日本文化に同化して参りましたが、奈良時代後半には 官の許可を持たない私度僧による、仏教の民間に対する布教が始まります。更に 行基を頂点とする民間仏教の指導集団も形成されるます。平安時代中期には 末法思想の広まりに対して 阿弥陀聖(あみだひじり)との呼ばれる 空也により、仏教の民衆化が進捗し、民衆の葬儀にも仏教の儀式が取り入れられ始めます。

 

 奈良時代 出家して仏教の僧侶となる為には 官の許可が必要であり、これを官度(かんど)と呼ばれ、民間に対する仏教の布教は禁じられたり、制限が加えられたして居りました。こうした中で 官の許可が得られなくとも 仏教を得度し布教を志す人々が現われ始め、私度僧(しどそう)と呼ばれて、民衆の中に受入始められました。

 

 この様な中で 仏教の民衆化は高まり続け、行基を頂点とする民間仏教の布教集団が形成されはじめます。やがて 朝廷もこうした民間仏教の高まりを評価せざるを得なくなり、東大寺 大仏建立にあたり行基に協賛の要請がなされ、同意・協賛した行基は 大僧正の位が与えられました。この 行基集団は 死者の弔いにも従事していたと ”続日本紀”に記されて居り、行基の弟子の一人である志阿弥(しあみ)が火葬の技術を伝え、日本各地で火葬・埋葬を司る 三昧聖の始祖と伝承されます。

 

 聖(ひじり)とは 古来 仏教伝来以前は ”日知り”を意味し、太陽の司祭者・呪術者を指したとされ 民間信仰の司祭者とされました。仏教伝来以降は 聖の字が当てられ、学徳の高い僧を聖と呼ぶようになり、更には 諸国を回遊する仏教僧を示すようになりました。平安時代に活躍する高名な聖 阿弥陀聖、あるいは 市聖と呼ばれる 空也(903−972年)は 阿弥陀仏の名を唱えると阿弥陀仏の絶大な力を働かせる事が出来るとして、南無阿弥陀仏(南無は信じますを意味)と口誦する事を説きました。これは民間念仏として死者儀礼や農耕儀礼と結び付いて仏教の民衆化を押し進めました。念仏は呪力を持ち、死者の滅罪に供すると考えられました。空也の集団も火葬や埋葬に従事したと考えられて居ります。こうして民衆の葬儀は仏教化されていったと考えられます。

 

   今回は以上です。 

葬儀横浜 葬儀の歴史・平安時代の葬儀

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・平安時代の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 現代に営まれる葬送儀礼の式次第は平安時代に於ける 上流階級の葬儀を始めとして、江戸時代にその次第を完成させました。

 

 平安時代半ばの天皇家葬送儀礼では 危篤状態では臨終作法として念仏が唱えられ、納棺に先立ち 沐浴(現代の湯灌に通じる)を行い、ご遺体を棺に納める際には僧侶も加わって納棺し、納棺に際しては 近親者が形代(かたしろ)をご遺体に供えました。お柩は輿に載せられて運ばれ、出棺の際には儀礼が営まれ、出棺は通常出入りする門以外で行われ、火葬場に至るまで葬列が組まれ、荼毘の前にも儀礼を営み、然るべき方々は荼毘に立会い、その後 拾骨が行われました。そして 人々は帰宅前にお清めを行い、七七日法要(四十九日)、一周忌法要、もこの時代には営まれました。これらの事から 日本に於ける 葬送習俗の原型は平安時代に作られたと考えられます。尚 ご遺体を安置する際には 北枕に変える事も、この時代には行われました。


 平安時代には 光明真言を唱え祈祷する様になります。光明真言とは 密教の真言で、この真言を108回唱えることにより;

ー過去の一切の罪障を除滅する。

ー過去に犯した罪によって 地獄・餓鬼・修羅に生まれ変わった死者に対し、光明を及ぼして諸罪を除き、西方極楽浄土に往生させる。

ー先世の業の報いによる病人に対して、宿業と病障を除滅する。

以上の功徳と利益が与えられると説かれます。

真言宗(智山派以外)の光明真言は 24の梵字を連ねて成り;

”おん あぼきゃ べいろしゃのう あかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん”

と唱え祈祷します。尚 真言により罪が無くなると そのご遺体は柔らかくなると信じられました。


 同じく平安時代には 悪魔を祓い、死者の霊を慰め、浄土に往生する事を祈願して、呪願が行われ、死者の減罪を願い 阿弥陀護摩が焚かれました。


 平安時代 ご火葬されない 高貴な方のご遺体は そのまま土葬されるのではなく、霊屋(みたまや)を設けて、その中にご遺体を安置し、白骨化するのを待って、埋葬されました。ある意味では 風葬に近い形が営まれました。


   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・現代葬儀の原型

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・現代葬儀の原型に付いて書かせて頂きました。

 

 現代の日本で 多く営まれている仏式の葬送儀礼は 平安時代中期にその原型が出来上がりました。中国・朝鮮半島より伝来した仏教は 日本の皇室を中心とした貴族階級により信仰の対象とされ、崩御・逝去された際のお見送りの儀礼は 仏教の儀礼を基として、それに日本古来のお見送りの文化が加味され、平安時代中期に日本に於ける、仏式葬送儀礼として完成を見ます。それを顕著に表わす葬送儀礼として、平安時代中期に崩御された第66代天皇一条天皇(上皇)の葬儀が御座います。

 

 1011年6月22日 危篤状態にあった上皇(一条天皇)は念仏を唱える中で、正午頃に崩御されます。皇室は25日、陰陽師を召して入棺の日時、葬送の日時、墓所の方角などを占なわせます。その占いを基に 沐浴をさせ、深夜ご遺体は入棺、入棺には 天台宗座主 慶円僧正はじめ数人の僧侶 諸卿数名が奉仕、ご遺体には 皇后 宮様たちの手で形代(上皇の霊を宿す人形)がお供えされされました。

 

 7月8日に葬送、素服を裁縫し 人々は着用。慶円僧正が呪願を行い、院源僧都(後に天台座主)が導師を務める。出棺に際しては 葬列が組まれ、御輿の前に2名が松明を持って先導、他に松明を持った近習が10名、香炉を首にかけて従う役、黄幡(きはた)を持つ役などが続きました。火葬場となる御竃所(みかまどころ)で出棺の際と同様に導師、呪願が行われ、僧の立会いのもと荼毘に付されました。

 

 7月9日、荼毘は夜を撤して行われ 朝6時に終了、御骨を皆で拾い、白壺にお納め、慶円僧正が光明真言を念誦(ねんじゅ)しました。その後 お骨壺は園融寺に移され阿弥陀護摩が営まれます。7月20日に陵(みささぎ)にお骨を奉納


 8月2日 七七日の法要、8月11日 七七の正日にも法要を営み、9月12日 月例の御念仏を始めて営みます。翌年5月27日 一周忌の法要を繰り上げて営みます。6月22日 一周忌の正日 法要を営み、全ての葬送儀礼を終えました。


   今回は以上です。

 

 

葬儀横浜 葬儀の歴史・葬儀と法華三昧

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・葬儀と法華三昧に付いて書かせて頂きました。

 

 日本に伝来して後 深く政治と結びつき、貴族階級に中で発展を続けた仏教は 平安時代に入り 天台宗の開祖 最澄(伝教大師)により一般民衆へと信徒の枠を広げる事となります。その教えの基を成すものが、法華三昧(ほっけざんまいと)と常行三昧(じょうぎょうざんまい)でした。そして 法華三昧は 仏式葬儀の主要な部分として重んじられる様に成ります。

 

 法華三昧は 天台宗に於いて基本となる四種三昧の一種で、二十一日間 法華経を読経しながら 坐禅と行道(仏座の周りを回り歩く)を繰り返す行法です。法華経を読経する事により、この身はこのまま清められ、罪障(ざいしょう、極楽往生の妨げとなるもの)が消滅する、と考えられて行われるものです。三昧は 一事に心を集中させて、余念を抱かせな事を意味します。法華三昧は 天台宗本山である 比叡山の ”朝題目、夕念仏”と言われる日常修行の一つです。法華三昧の修行を行う為に 法華三昧堂が建てられる様に成り、以後 三昧堂とも、法華堂とも呼ばれます。

これが 民衆の間に布教を進める三昧聖(さんまいひじり)に法華経を唱えさせると、死者の霊を清め、減罪し、地獄に堕ちない、という信仰になり、葬儀の中で重んじられ、死者供養や菩提の為に用いられる様に成りました。当時の考えとして 死後には地獄が存在し、減罪をしないと地獄へ行かねばならず、極楽往生は出来ないと言う不安が 強く有りました。

 

 常行三昧は 同じく天台宗四種三昧の一種で、九十日間 阿弥陀仏(南無阿弥陀仏)を唱念し、その像の周囲を不断に回り歩く行です。念仏によって 往生を願う行であり、法華三昧による減罪と対になって信仰を集めました。常行三昧の修行を積むところは 常行三昧堂、あるいは 阿弥陀堂と呼ばれました。奥州藤原氏ゆかりの寺 中尊寺の金色堂(岩手県西磐井郡平泉町)は 常行三昧堂の様式を整えて居ります。


 法華三昧、常行三昧の広がりと共に 天皇家や貴族階級は 寺院の法華堂、三昧堂に納骨する事が多く成りました。又 死後の納骨のために、寺院の中に三昧堂(法華堂)を建立する事が行われ始めます。これを始めとして 寺院内に納骨する事が一般化する事と成りました。更には 後々 三昧堂は 墓所、葬場を意味する言葉としても使われる事と成ります。


   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・天皇家の葬儀U

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・天皇家の葬儀Uに付いて書かせて頂きました。

 

 天皇家の葬送儀礼は 古来 日本独自の宗教である神道を基にして営まれて居りましたが、仏教の伝来により、仏教に帰依する天皇も増え、古来の葬法に仏式の葬法が加えられて行きます。古墳時代末期(飛鳥時代末期)の持統天皇の葬送儀礼に於いては 多くの部分が仏式を前提と営まれ始め、平安時代初め 清和天皇の葬送儀礼は 天皇御自身が仏教に帰依して仏門に出家していた事もあり、葬儀は仏式により営まれました。以降 明治時代に至るまで、天皇家の葬送儀礼は 仏式で営まれる事となります。

 

 後世 武門の棟梁となる清和源氏の祖である 清和天皇は 平安時代初期の850年に生誕し 同年に立太子となり、858年 9歳で第56代天皇位に即位します。876年 27歳で陽成天皇に譲位し、879年 出家して仏門に帰依します。その後は 畿内の仏寺巡拝の旅を続け、880年12月4日 粟田の円覚寺で崩御されました。

 

 清和天皇は 円覚寺にて ”西向西方。結跏趺座。手作結定印而崩。”(西方に向かい、仏式の坐禅を組んで、両手を組み合わせた姿で崩御された)と伝えられ、念珠を手にかけたまま納棺され、その日の内に火葬に付されました。

 

 素服、挙哀は禁止され、死後4日目の12月7日にはご遺骨が埋葬され、7日目の12月10日に初七日。翌日より 円覚寺にて僧侶延べ50人により 昼は法華経、夜は光明真言が誦経(ずきょう)され、四十九日までこれが続けられました。翌年1月22日には 円覚寺にて七七日の設斎が営まれました。

 

 法華経は死者の魂を鎮めると同時に贖罪を行い、光明真言は減罪により極楽浄土への往生に力があると信じられていました。この清和天皇の葬送儀礼では 仏教が全面的に儀礼の中心となり、仲でも七七日が重要視されている事がわかります。以後 天皇家。貴族階級に於いては 仏教葬、火葬が定着してゆく事と成りました。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・天皇家の仏式葬儀

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・天皇家の仏式葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 紀元前450年頃 ネパール(当時はインド)のルンピ二で生まれた仏教は 6世紀に朝鮮半島から日本(当時は倭国)に伝えられますが、仏教と共に大陸の最新文化も伝えられました。この仏教の教えと大陸の最新文化は当時の権力者である大和朝廷の政策遂行に大きな影響を与え、天皇家も仏教に帰依する事と成ります。天皇の葬儀も仏式で営まれ、火葬も行われる様に成ります。

 

 飛鳥時代末に崩御された持統天皇の葬儀(大喪の礼、たいそうのれい)には 仏教が深く関係して居り、その御体は火葬に付されました。持統天皇は崩御される前に違勅(いちょく)を残し、”葬儀は倹約をこととし、素服と挙哀(きょあい)を止めるべし”としされました。素服とは 質素な白服をいい、喪服としてこれを着用して喪に服します。挙哀とは ”ああ 悲しいかな”と呼称して礼拝することです。素服も挙哀も 仏教伝来以前の葬儀を営む際の基本をなすもので、これらは葬儀を大袈裟にする象徴と考え禁止しました。

 

 持統天皇は 703年12月22日に崩御され、25日に四大寺(朝廷の祈願所 大官大寺、河原寺、飛鳥寺、薬師寺)にて設斎。設斎とは読経したり礼拝することで、法会を営んだと理解されます。29日 西殿にて殯(もがり)、1月5日 大安寺以下四ヶ寺にて設斎、2月17日 四大寺他四天王寺など33ヶ寺で設斎(この日は 七七日、四十九日)、4月2日 御在所に百日の斎を設ける、とされました。この事から 初七日、中陰(四十九日)、百ヶ日の法要が営まれた事がわかります。そして 12月17日 誅(しのびごと) 諡(おくりな) 飛鳥岡にて火葬。誅は故人の徳を讃える事、諡は崩御後に称号を贈ることです。最後に 崩御後1年を経て、12月26日 大内陵にご遺骨が葬られました。

 

   今回は以上です。

 

 

葬儀横浜 葬儀の歴史・仏教の伝来

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・仏教の伝来に付いて書かせて頂きました。

 

 葬送儀礼は信仰される宗教の仕来りに従って営まれるのが一般的であり、現代の日本に於いては ご葬儀の9割以上は仏式にて営まれて居ります。多くの方々により受入れられて居ります仏教は 紀元前450年頃にインド(現在のネパール)で生まれ、その後 中央アジア、中国、朝鮮半島を経由して日本に伝来しました。伝来後は大和朝廷の政策策定に大きな影響を及ぼし、天皇家に護持され、その後 長い時間をかけて民間へと伝播して行きました。又 仏教の葬法である火葬も広く受け入れられて行きます。

 

 

 古代の日本(古墳時代)には 古くから多くの渡来人が連綿と日本に渡来し、帰化人として定住して行きました。その多くは朝鮮半島の出身者で、主として信仰する宗教は仏教であり、これらの帰化人は自身の為に仏像や仏典を日本に持参して居りました。そうした中で 6世紀半ばに 朝鮮半島 百済の聖明王より、大和朝廷の欽明天皇に使者が使わされ、仏像 経典と共に仏教流通の功徳を賞賛した上表文が献上されました。これが 仏教公伝による 日本への仏教の伝来とされ、その年は 552年説と538年説に分かれますが、現在は538年説が有力となって居ります。

 

 7世紀前半に営まれた厩戸王(うまやとおう、聖徳太子の本名)の葬儀に於いては仏僧がかかわったとの記録が有ります。部分的な係わりにしろ、既に葬儀に仏僧が係わりを持ち始めて居りました。又 火葬は仏教の葬法と言われ、記録に残る最初の火葬式は 700年に営まれた法相宗 飛鳥寺の僧侶道昭の葬儀と言われます。尚 考古学上では これ以前の遺跡から焼骨が発掘されて居り、日本では 古くより火葬が行われる事が有ったと考えられます。とは言え 人の手によりご遺体を焼却する火葬が日本人の間に受入られて行くには 白骨化は成仏の徴(しるし)とする、仏教による火葬の意味ずけが必要でした。以降 仏教葬と火葬は深く結び付いて、日本の中で発展して行きます。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・御霊信仰

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・御霊信仰に付いて書かせて頂きました。

 

 御霊信仰(ごりょうしんこう)とは 日本古来の信仰で、人が死ぬと その魂は霊となって肉体から離れると考えられました。そして 人々を脅かす様な天災や疫病のまんえんは 怨みを持って死んだり非業の死を遂げた人の霊が怨霊(おんりょう)となって引き起こすと信じられて居りました。この怨霊の恨みを鎮めて 御霊(ごりょう)とする事により祟りを免れ、平穏と繁栄を実現しようとした信仰です。

 

 原始時代より 日本に於いては人が死ぬと、その魂は霊となって肉体から離れると考えられて居りました。古代から散見される ご遺体の上に石を置いたり、ご遺体を縛って埋葬したり、縄文時代に見られる屈葬なども、霊が災いを起さぬ様 肉体から離さぬ為の埋葬方法であったと考えられて居ります。そして その霊は人に災いを与える事が有り、特に世の中に怨み強く持つ怨霊は 天災や疫病などの広域の災害をもたらすので、怨霊の恨みを鎮め 神としてお祀りすれば 怨霊は御霊へと変わり 鎮護の神となる、と考えられました。この御霊信仰は 奈良時代末期に始まり、平安時代には定着する事となりました。

 

 平安時代 陰陽師たちの活動も有り、貴族階級の中で怨霊鎮魂が盛んになります。その鎮魂の為の儀式として 御霊会(ごりょうえ)が宮中行事として営まれました。記録の上に残る 最初の御霊会は 863年5月20日に神泉苑で営まれました。非業の死を遂げた 早良親王(死後に天皇位が与えられ崇道天皇(すどうてんのう)となる)など6名の御霊に対して催されました。この人たちの魂(怨霊)が疫病を頻発させ、死者を多くしている原因であると考えられたためです。又 大宰府に左遷され非業の死を遂げた菅原道真の怨霊により親王や天皇が早世したとして、道真は京都の北野天満宮に祭祀されました。

 

 更に 10世紀後半になると 都市住民の間で 災害や疫病の原因は特定の個人の怨霊によるものではなく、漠然とした怨霊によるものと考えられ始めます。その一つとして疫神信仰があります。いわゆる 疫病神の疱瘡神やかぜの神をお祭りする事により、罹る事を防ぐものです。有名なものの一つとして 京都 八坂神社に祀られた 祇園信仰が御座います。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・飛鳥時代

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・飛鳥時代に付いて書かせて頂きました。

 

 日本に於ける古墳時代とは 前方後円墳が造られていた時代と言われます。より巨大な墳墓が日本各地の豪族により造られましたが、権力は徐々に集約されて行き、現天皇家による中央集権国家が出来上がります。そして 大化の改新が発布され、その中に示された ”薄葬令(はくそうれい)”により、巨大化した墳墓の造成が禁止されて古墳時代が終了します。尚 現代の通夜式の原型と考えられる 殯(もがり)は古墳時代より始められたと想定されます。


 日本に於いて最初に中央集権を成立させた大和朝廷は 大化の改新を行い、その中で 厚葬に対する 薄葬令を規定します。薄葬令は 中国の故事に習い、民衆の犠牲を軽減する為、身分に応じて造営してよい陵墓の大きさ規定し、人馬の殉死殉葬を禁止し、天皇陵の造営にかける時間を7日以内に制限するなどの、制限が定められ 墳陵は小型簡素化される事と成ります。又 薄葬令は 地方豪族の権力の象徴でもある古墳の造営を制限するものでもありました。


 薄葬令は;

ー必要以上に大きな墓を造る事は 民衆の貧窮を招くと警告し。

ー死者の身分により墓を造る夫役の延べ人数の上限を定め。

ー遺体は 定められた墓地に埋葬するものとし。

ー殯や殉死、宝物の副葬を禁じました。

以上の様に従来の習俗を否定するものでもありました。

この様な薄葬政策は その後も継承され、巨大墳陵は姿を消す事となります。


 又 民衆のご遺体処理は 薄葬令に ”よろしく一所いさだめて、おさめ埋めよ。けがらわしく、処々に散らして埋むことをえじ”とあり、場所を定めて埋葬する様にとの指示が出されて居ります。これ以前は 死体遺棄に近い形で、埋葬されていたと考えられます。実際には 薄葬令以降も 長い間 お墓を造れるのは上流階級に限られて居り、山の麓や川原の遺棄されるご遺体も少なからずありました。


   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の歴史・弥生・古墳時代

 今回は葬儀横浜 葬儀の歴史・弥生時代・古墳時代に付いて書かせて頂きました。

 

 弥生時代・古墳時代の葬送儀礼に付きましては 残された文献も無く、どの様な儀礼が行われていたのかは不明です。明らかな事は 弥生時代には農耕が始まり、人々が定住生活をする様になると、死者はお墓に埋葬されるようになりました。そして 権力者の墓は より大きな墓となり、古墳時代が形成されて行きます。

 

 縄文時代には ごくわずか 屈葬された墳墓が見られる程度でしたが、弥生時代に入ると 死者をお墓に埋葬する習慣が定着し始めます。石柱の上に平らな石を乗せ、その下にご遺体を埋葬した”支石墓”が現れ、ご遺体を納める甕棺が使われる様になります。又 墓穴を掘って作ったお墓の周囲に方形の溝をめぐらす形式の、”方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)”なども見られる様になりました。

 

 そして古墳時代 3世紀頃からは 各地の豪族による大きな墳墓が造られる様に成ります。その形状から 円形の円墳、角型の方墳、それを組み合わせた 前方後円墳、前方後方墳、上円下方墳、双方中円墳などと分類されます。お墓の上に土の代りに石を積み上げた 積石塚と呼ばれる形もあります。5世紀には応神天皇の応神陵や仁徳天皇の仁徳陵などの巨大な古墳も造られました。古墳の中には石室が設けられ、ご遺体は棺に納められ、副葬品が供えられて居ります。人物や動物をかたどった埴輪や様々な用具も副葬品として納められました。

 

 古墳時代は3世紀から7世紀まで続きますが、前期は 自然の丘陵や尾根を利用して造られたものが多く、中期には平野部に盛り土をし 周囲に濠をめぐらした巨大な陵、後期は 横穴式石室をもった 小型の古墳が特徴です。古墳と呼ばれる巨大な墳墓は 有力者、豪族、天皇家の為のもので、この様な埋葬方法を ”厚葬(こうそう)”呼びます。

 

   今回は以上です。

 

 

葬儀観の始まり

 今回は葬儀横浜 日本に於ける葬儀観の始まりに付いて書かせて頂きました。

 

 仏教が渡来する前の古代日本に於きましては、死者をお見送りするに当たり 一定期間 生者と同様のもてなしをして 見送りました。又 死の世界への恐怖から、死者の霊を慰める為に 歌舞を行い、怖れる死霊が現世に出てこぬ為の方法が模索されました。

 

 古代日本で死者に対して営まれていた 殯(もがり)は 死者を丁重にもてなしていた事を示すと共に、食事を供するなど 死者を生者と同様に扱っていました。現代では 死の判定は医師により明確に行われますが、古代に於いては 死の判断基準は必ずしも明確ではなく一定の期間を必要としました。現代の死はピンポイントで確定しますが、古代日本では 死を確認する為のプロセスが必要とされました。従いまして 死んだと考えられても、すぐにご遺体を処理してしまわずに 一定の期間 生きているのと同様の取扱いをしたと考えられます。そういう意味では 殯(もがり)は生と死の境界の期間であるとも言えます。又 喪屋を新たに作ってご遺体を安置したのは ご遺体の腐敗が始まる為の処置と考えられます。現在 私どもが営む通夜式は 日本の中で面々と伝えられて来た、殯の遺習と言われて居ります。


 古代日本に於いては 死の世界への恐怖は非常に強いものでした。死者の霊を慰める為の歌舞は 死霊は荒ぶるもので、生者に厄難を及ぼす事が有るので、その霊を鎮める必要があったからです。日本最初の歴史書 古事記には死後の世界である ”黄泉の国”に付いての記述が有り、腐乱した死体に蛆がたかる汚い世界として描かれて居ります。死の世界は恐ろしく、生者を引きずり込む力を持っていると考えられて居りました。死は穢れたものであり、死者の死霊は 生者を死の世界に引きずり込みうる恐ろしいものでした。古代日本の人々が持つ葬儀観は 死者を大切にする考えと、死は穢れであり恐怖するものである、という二つの相反する考えが併存して居りました。


 前記の様な死霊への恐怖は 更に古くからあったと考えられます。文献が存在しない縄文時代の墳墓では多くのご遺体が 膝を折り曲げた屈葬で埋葬されて居ります。又 ご遺体の上に石を乗せたもの、ご遺体を縛って埋葬したもの、これらの埋葬方法は 死霊の出現に恐怖し、抑える為の方法であったと想定されて居ります。


   今回は以上です。

葬儀横浜 日本の葬儀の始まり

 今回は葬儀横浜 日本の葬儀の始まりに付いて書かせて頂きました。

 

 日本に於ける葬送儀礼の始まりがどの時代からは それほど明確では有りませんが、日本最古の歴史書である古事記(712年編纂)の中に 葬儀として殯(もがり)と呼ばれる儀礼が営まれる事が記されて居り、飛鳥時代には 人の死と共に葬送儀礼が営まれていたものと考えられます。この 殯は 現代の通夜式につながる儀礼でもあります。又 同時代には 葬列を組む事も行われて居りました。

 

 古事記の中の記述として 天若日子(あめのわかひこ 日本神話の中の神)の葬儀の様子が記されて居ります;

乃ち其処にに喪屋(もや)を作りて、河雁(かわかり)を岐佐理持(きさりもち)と為、鷺(さぎ)を掃持(ほおきもち)と為、翠鳥(=かわせみ)を御食人と為、雀を確女と為、雉を哭女と為、如此行い定めて、日八日夜八夜を遊びき。

喪屋とは 死者が出た場合にご遺体を安置する為に作られる小屋のようなものです。岐佐理持は 食べ物を運ぶ役、掃持は 喪屋を掃除する役、御食人は神に供える食物を用意する役、確女はお米をつく役、哭女は悲嘆を表わして泣く役、遊ぶは 歌舞を指し 死者の霊を慰める為に歌ったり 踊ったりする事を指します。この事から 人が亡くなっても すぐには埋葬せず、周囲の人々に必要な役割を与え、一定期間をかけて死者の鎮魂をすると共に、死の確認をしていたと推定されます。この儀礼を 殯(もがり)と言い、死者に食事を供し、死を嘆き悲しみ、歌い踊って死者の霊を慰める儀礼が行われていました。

 

 又 奈良時代の初期の713年に編纂された 常陸国(茨城県の大部分)地誌である 常陸国風土記には 黒坂命(くろさかのみこと)の葬儀に付いての記述が有り、葬列が組まれた記録として読むことが出来ます。この時代には既に葬列を組む事が行われて居り、その後 現代に至るまで、各時代 各所で葬送儀礼の一部として葬列が組まれました。葬列は日本だけでは無く、世界各地の葬儀で現代でも見る事が出来ます。

 

   今回は以上です。 

 

 

葬儀横浜 日本の埋葬の始まり

 今回は葬儀横浜 日本古代の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 日本に於ける葬送儀礼(葬儀)の歴史としまして文献として残されいるものの最初は 中国の歴史書”三国志”の中の魏書(略称 魏志倭人伝 ぎしわじんでん)の中で ”人が死ぬと 喪主は泣き、哀悼人は歌舞宴酒の行為を行なった” と記されたものです。これは 弥生時代末期の3世紀前半の葬儀の様子を示したものと考えられます。

 

 石器時代に於いては移住生活が前提であった為、死者の多くはその場に置き去りにされたものと考えられます。そして 縄文時代に入っても同様の状態が続いて居りましたが、特定の人の遺体は埋葬される様になります。埋葬の方法は 屈葬と呼ばれる、死者の手足を折り曲げて、体育座りの様な姿勢で埋葬されました。この屈葬は日本独自に近い埋葬方法で、海外に於いては アフリカの一部で見られる程度です。又 縄文時代の死者のご遺体には 大きな石が乗せられていたり、縛られていたり、するものだ見られ、縄文時代の人々が死者の霊を怖れて、この様に埋葬したのではないかと推測されます。

 

 弥生時代に入ると 農耕が始まり、生活は定住生活へと変化して行きます。それに伴い 死者のご遺体はお墓に埋葬されるのが一般化される様に成りました。埋葬の方法も 土葬の屈葬から伸展葬へと変化します。更に 埋葬には 穴を掘ってご遺体を安置し、その上に石を置いたりする、お墓が登場する様になります。ただし 埋葬に当たり葬送儀礼が営まれたか如何かは不明です。


 この様な石を置く形のお墓が時の権力者によって巨大化して行き、古墳となり、時代は古墳時代へと入って行きます。


   今回は以上です。 

葬儀横浜 葬儀文化

 今回は葬儀横浜 葬儀文化に付いて書かせて頂きました。

 

 死者を弔うと言う行為は 人類の出現と共に行われていたのではないかと考えられますが、その後 文明が起こり、そして 特定の地域や民族の中で民族宗教が発生し、更には キリスト教 イスラム教 仏教等の人種 民族 文化圏を枠を超えた 世界宗教が出来してくると、宗教を基とした宗教観、死生観が醸成され、古くより民族や地域を基に育まれて来た文化と融合して、死者を弔う為の儀礼も確立して来ました。更に 現代の日本に於きましても、少子高齢化 核家族化など 社会環境が大きく変化する中では、人々の死生観も多様化し、新しい葬儀の文化が育まれる事とも成ります。

 

 現代の日本に於いて営まれる通夜式は 日本の古代に営まれていた葬儀儀礼の 殯(もがり)に発しているとされます。この様に 葬儀文化は 長い歴史を通じて地域の人々が培ってきたものですから、その精神を大切にしなければ成りません。葬送儀礼には 長い歴史の中で、多くの人々が育ててきた智恵に溢れて居ります。そこに込められた意味合いを学び、理解する事は重要な意味を持ちます。確かに 文化とは その時々の歴史や時代を背景にして出来上がるものですので、葬送儀礼の一部は 現代では不要となるものも御座いますので、全てを其の儘 継承する必要も有りません。しかし その文化が何故、どの様にして形成されたのかに思いをはせる時、長い間 続けられて来た 習慣、儀礼、文化から 日本の人々が何を大切にして来たかを学ぶ事ができます。

 

 新たに営まれる葬送儀礼は ご希望される儀礼に、共鳴出来る過去の葬送儀礼の必要部分を融合させてご計画頂くものが、新たな葬儀文化として社会の中で育まれる事ともなります。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 葬儀の始まり

 今回は葬儀横浜 葬儀の始まりに付いて書かせて頂きました。

 

 フランスの歴史家である フィリップ・アリエス(1914−1984年)は 家族、子供、死をテーマとして、独自の研究を重ね、その著書 ”死の文化史” の冒頭で、”かねてより信じられて来た様に、人間は自らが死にゆく事を知っている唯一の動物だ、と言う事は、実は確実では有りません。しかしながら 確かな事は 人間は死者を埋葬する唯一の動物だ と言う事です。”と述べて居ります。

 

 人類の死者を弔う行為は 文明が起こる遙か前から行われて来ました。現在 発見されている最古の葬儀跡ではないかと考えられている遺跡は イラク北部にあるシャニダール洞窟で見つかりました。この洞窟内で約6万年前と推定されるネアンデルタール人の遺骨が発見され、その遺骨の周辺に花粉があった事から、死者のご遺体を埋葬し 死者を弔う為にご遺体の周りにお花を供えたのではないかと推定されて居ります。

 

 又 紀元前3000年 ティグリス川・ユーフラテス川流域のメソポタミヤで生まれた世界最古の文明のなかでに残されている ”ギルガメシュ抒情詩”では その主人公ギルガメシュは 死んだ友人エンキドゥの復活を願い ご遺体を埋葬せずに7日7晩嘆き悲しんだが、そのご遺体が腐敗して行く様に恐怖したとあります。エジプトやギリシャなどの 古代社会では 死者の遺体の腐敗は恐怖の対象であり、死者の不名誉な姿を見ない為に、ご遺体を埋葬、或いはミイラ化して葬儀を営んで居りました。

 

   今回は以上です。

 

 

葬儀横浜 葬儀文化

 今回は葬儀横浜 葬儀文化に付いて書かせて頂きました。

 

 人類の死者を弔う行為は 文明が起こる遙か前から行われて来ました。現在 発見されている最古の葬儀跡ではないかと考えられている遺跡は イラク北部にあるシャニダール洞窟で見つかりました。この洞窟内で約6万年前と推定されるネアンデルタール人の遺骨が発見され、その遺骨の周辺に花粉があった事から、死者を弔う為にご遺体の周りにお花を供えたのではないかと推定されて居ります。

 

 人類は この地球上に現れて以来、人の死と共に葬送儀礼を営んで参りました。そして その葬儀は 時代、地域、民族、宗教などにより それぞれ葬儀文化を創り出して来ました。その葬儀文化は 死生観を反映するだけでは無く、社会文化、精神文化をも反映したものとなって居ります。葬送儀礼は 人の生死に係わる総合文化であるとも言えます。

 

 葬儀文化は 長い歴史を通して地域の人々が培ってきたものですから、その精神は大切にしなければ成りません。そして その葬儀文化には 長く多くの人々が育てて来た智恵に溢れています。過去の残存物だと 単純に切り捨てる前に、その中に込められた意味合いを学ぶ事も重要です。確かに 文化はその時々の歴史や時代を反映したものですから、中には現代とは合わなくなっているものもあり、全てを継承する必要も有りません。しかし その文化が何故、どの様にして創り上げらて来たのかに思いをはせる時、長く続いた習慣、儀礼、文化から 日本人が何を大切にして来たかを学ぶ事が出来ます。

 

 ご葬儀の施行をお考えの時、日本人が創り上げて来た葬儀文化をご理解頂いた上で、現代の日本に於ける地域社会の変容、少子高齢化の顕在化、多様化する死生観、そして 現在のご家族が抱える状況にもとずいた葬送儀礼をご計画頂ける様 お手伝いさせて頂きます。

 

   今回は以上です。 

葬儀横浜 葬儀から学ぶ

 今回は葬儀横浜 葬儀から学べることを書かせて頂きました。

 

 ご葬儀を営まれたり、ご葬儀に参列される中では 必然的に日常の世界とは異なる空間に身を置かれる事と成ります。この非日常的な体験から 新たに感じるもの、考えさせられる事柄を学ぶ事と成ります。親しい人の死という事実に直面して、生きる事の大切さを知り、どの様な命も重たい事、そして 自身も 何れは ”死すべき者” である事を考える事となります。

 

 人の死を悼んで人々が集い営まれるご葬儀は 参列された方々に人の命の大切さ、生ある者は必ず死なねばならない存在である事を知らしめます。参列された人々は 死が周囲の人々に悲嘆をもたらす程 大きな事実である事に直面し、人の命の大切さを直感させられます。葬儀という場に接する中で、人は死という事実に直面し、その事実の大きさから生の大切さを知り、そして 死がけっして終わりや 無に帰するものでは無いことを学び取ります。

 

 葬儀を営むということは 人の生と死が重く、大切なもので有る事を意味して居ります。人の死は決して軽いものではありません。それは 人の生、命が重いものだからです。それぞれのどの様な命も この重いということに於いては変わる事無く、従いましてどの様な人の死も重い出来事です。

 

 故人様を悼み、故人様と別れ、そして 心を込めて見送る時、私達 生きている者もまた 何れ死すべき者であるという事に思いをはせる事でしょう。死と言う事に関しては 死者と遺された者の違いは先に逝く者と後から逝く者との違いでしか有りません。残された私達も 何れは逝かなければなりません。

 

   今回は以上です。

葬儀横浜 社会の中の葬儀の役割

 今回は葬儀横浜 社会の中の葬儀の役割に付いて書かせて頂きました。

 

 人は生を受けると共に 多くの愛に育まれ成長し、然るべき時が来ると社会人として巣立ち、社会生活を送る事と成りますが、その一生は人により千差万別です。そして 全ての人が生を終えて死を迎える事と成り、その死も千差万別となります。幼くして生を終える方、突然の事故で生を終える方、病に侵され生を終える方、長寿をまっとうされて生を終える方、全て人が 其々 社会の中で 個別の生を営み 死を迎える事と成ります。そして 人の死をお見送りする葬送儀礼は 社会が育んだ文化と信仰する宗教の教えに上で営まれる儀礼であると共に、その人の生を偲ぶ儀礼でもなければ成りません。又 社会が 人の死により与えられる 様々な感情の処理を成す為の儀礼でもあります。

 

 人の死は 社会に対して様々な感情を生み出します。古くからの歴史の中では 人の死が 新たな死を招く祟りを引き起こすと怖れられた事も御座いました。この様な恐怖感を和らげる為に 死者の霊を鎮魂する為の儀礼を営む事が要請されました。又 死者を愛おしみ、愛惜(あいせき)の念を抱くと共に、ご遺体が腐敗をする事への恐怖感も生まれます。この様な 社会の中で生まれる感情を緩和させる為にも 弔いの儀礼を営む要請が生まれて来ました。

 

 人が亡くなると言う事は 大切な命が失われるという事ですから、人の死はしばしば 社会に対して精神的、危機的な状況を生み出し得ます。その様な状況に対して その失われた命に見合う、受け止め方が要請されます。人の死を弔う葬送儀礼は 時代や民族や地域の文化、そして 信仰する宗教によって様々な営み方が有ります。又 その文化の持つ死生観によっても大きく異なります。しかし どの様な場合でも 共通しているのは 葬送儀礼は 人の死と言う 危機をを乗り越える為には手厚い儀礼が必要であると人々に理解され、日常的で無い事、非日常の特別な事として営まれて来ました。これを制度化し慣習化したものが 弔いの儀礼、葬送儀礼です。

 

   今回は以上です。 

葬儀横浜 ご遺族の為の葬儀

 今回は葬儀横浜 ご遺族の為の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 

 葬儀とは 仏教に於ける葬送儀礼の葬と儀を取り出して造られた略語です。その意味合いと致しましては 狭義では 通夜式・葬儀式・告別式・ご火葬・拾骨までを指しますが、本来の意味としては ご臨終に始まり、死後の喪に至るまで(33回忌法要)の、死者を葬り、悼むための一連の儀礼を表わします。そして その儀礼は 故人様を悼む中で、残されたご遺族のお心を慰め、安んじる為の営みでも御座います。

 

 人が亡くなることにより、生きていたこの世では その方と残された方々との関係は閉ざされる事と成ります。従いまして 亡くなられた方の霊を この世(現世)からあの世(来世)へ送り出してあげる必要が御座います。残された者は 死者の霊を慰め、来世での幸せを祈念すると同時に、死者と残された者との間の新しい関係を作り出さなければ成りません。この関係は 現世の日々の営みとは異なるものですので、宗教的な儀礼によって営まれる事となります。これが 葬儀の中心となるものです。

 

 身近な方のの死は 残された方々に衝撃を与え、悲しみや心の痛みをもたらします。従いまして 残された方々がその死を受入れる為には しばしば永い時間を必要とし、葛籐を伴うケースもしばしばです。臨終行儀から通夜・葬儀式などを経てその後の喪に至るまで、長い時間をかけて営まれる葬送儀礼の様々な段階や場面は 残された方々の心を安んじるプロセスに沿うものでもあります。特に故人様と精神的な関係が深かった配偶者やご家族には 身を切り裂く様な深刻な心の痛みを生じさせます。これは 病気では無く 自然なことです。この悲しみや、心の痛みを癒すにはそれなりの時間とプロセスが必要となりますが、葬送儀礼はプロセスに一助となる為に営まれます。

 

   今回は以上です。

 

葬儀横浜 葬儀の目的

 今回は葬儀横浜 葬儀の目的に付いて書かせて頂きました。

 

 人は生を受けると共に 多くの愛に育まれ成長し、然るべき時が来ると社会人として巣立ち、社会生活を送る事と成りますが、その一生は人により千差万別です。そして 全ての人が生を終えて死を迎える事と成り、その死も千差万別となります。幼くして生を終える方、突然の事故で生を終える方、病に侵され生を終える方、長寿をまっとうされて生を終える方、全て人が 其々 個別の生を営み 死を迎える事と成ります。人の死をお見送りする葬送儀礼は 信仰する宗教の教えにのっとった儀礼であると共に、その人の生を偲ぶ儀礼でもなければ成りません。

 

 葬儀を営む役割りと致しましては @社会的な役割、A物理的な役割、B文化・宗教的な役割、C心理的な役割、D社会心理的な役割、の5っの目的を持って居ります。

社会的な役割とは 人は社会の中で営みを持つ存在ですから、社会の中でその人の死を処理する必要が有ります。社会にその人の死を通知したり、社会の人々が集まってその死を確認したり、その人の死を然るべき役所に届け出たり、その人の戸籍を抹消したり、その人が持つ財産を相続する手続きなどが必要と成ります。

物理的役割とは ご遺体の処理です。死者の身体であるご遺体は 生命活動を失うと腐敗が始まります。その為 ご遺体を土の中に埋めたり(土葬)、火で焼却する等の処理を行う必要が御座います。死者との決別とは 現実的にはご遺体とのお別れとなりますので、ご遺体の処理は 単純な物理的処理だけでは無く、死者とのお別れと言う 心理的な要素を含んだ、大切な役割を持つ営みでも御座います。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る