台風の襲来 金沢区

img1282866559.jpgご回覧ありがとうございます。

今日は朝からどんよりとした雲が張り出し嵐の前の静けさといった感じでしたね。

私自身、先日ご葬儀でお世話になった川崎にお住いのお客様のお宅から先ほど帰宅したのですが

一番関東に台風が近づいた時間帯だった事もあり道には大きな池が出来て木が倒れ、酷い所では商店街のアーケードが数十メートルに渡り崩壊していました。今日は友引の前日という事もあり

友引が火葬場が休みの為に前日の今日のお通夜が無いのです。当、あおい葬祭としても言えますがこんな悪天候の中お通夜を行わなければならない遺族の方がいらっしゃらない事がホントに何よりです。こんな状況では伺う方もお招きする方も一苦労ですからね。

どれだけ気を配って葬儀というセレモニーを行うにしてもお天気ばかりはどうする事もできない

ですよね〜。

横浜も今なお強烈な風が吹いております。これから帰宅という方、また近所に川が流れている方

は特に気を付けて下さいね。また川の水が土砂で濁っているのは上流の方での限界を示すシグナルにもなるそうです。とは言っても危険ですから近づかないようにして十分に気を付けて下さいね。

お彼岸ですね。 鶴見区

110920_122231.jpgご回覧ありがとうございます。

今日は20日でお彼岸の入りになります。私たちあおい葬祭も日ごろお世話になっている

お寺さんのお手伝いをするべく朝からお檀家さんの誘導のお手伝いでお邪魔してきました。

お参りに訪れたお檀家さんからはお茶や手作りのおはぎをごちそうになったりしました。

なんだかお手伝いにお邪魔したのに頂きものばかりで恐縮してしまいました・・・。

お邪魔したお寺さんは鶴見区のお寺さんなんですが大きなお寺さんだけにお檀家さんも大勢いらっしゃる為に本日も多数のお参りを想定していたのですが台風の接近も伴い例年の半分といった

感じでした。

お彼岸とは一週間の期間で行われますが初日のお彼岸の入りに続いて期間の真ん中にあたる

23日(お中日)もお参りに訪れる方が多くなります。皆さんもご先祖様へのお参りを

お忘れにならないようにお墓参りに出向いてくださいね。

 

副葬品とは・・・? 港南区

fukusouhin.gifご回覧ありがとうございます。

今日は港南区にお住いのお客様の業務の一つとして、ご自宅にお邪魔してご家族の皆様と

ご一緒に納棺式を行ってきました。皆様にとってはあまり馴染みのない言葉かとは思いますが

数年前にロードショーされたおくりびと≠ニきくとピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

納棺式とは亡くなられた故人様に白装束を着せて旅支度を整えます。後に再度みなさんの手によって

故人様への安らかな眠りを願い お棺に納めます。この時に棺に一緒に故人の大切にしていた物などを一緒に納めます。これを副葬品と言います。

今日横浜市内の市営火葬場ではダイオキシン問題等の関係で入れられる副葬品に制限がありますが、基本的にはガラス・陶器・金属類を避ければ納めることができます。勿論、故人様の好物だった食べ物や飲み物を入れても良いでしょう。

また、もし棺にお入れできない品物があるのであれば葬儀の二日間祭壇の脇にお飾りしてあげるのも良いでしょう。

一番大切なのは故人様を想う気持ちですから・・・。

あおい葬祭としてもその気持ちを念頭に日々業務に取り組んでおります。

会葬返礼品?即日返し? 港北区 

img_917600_32796258_0.jpgご回覧ありがとうございます。

一昨日のブログの記事で香典返しのお話を記事にしましたが、一つご遺族様が気負つけなくては

いけない事がありますのでちょっとお話をさせて頂きますね。

まず、葬儀の打ち合わせをする際に返礼品を決めるのですが二つの選択があります。

まず一つ目はご会葬御礼と言い式場まで足を運んで頂いたことへの感謝に対して送る引き物。

二つ目は後日四十九日に送る香典返しを葬儀当日にやってしまう即日の香典返しです。

この二通りにはそれぞれメリット・デメリットが存在します。まず、会葬返礼品には葬儀後に

大量の会葬名簿の整理をしなくてはなりませんが確実にそれぞれの会葬者に頂いた金額の

半返しを行えます。それに対し即日返しは葬儀後のリスト整理は省く事が出来ますが金額に関わらず同じ品物をお渡しにする為に先様のお立場によっては失礼に当たる事も想定されます。

どちらを選択しても一長一短なのであおい葬祭としてはしっかりお客様の希望と状況をお伺いして、適切な対応をするように心掛けております。

うさぎは見えますか?? 港北区

12080051100018462.jpgご回覧ありがとうございます。

この何日か空には真夏のような入道雲が張り出し真夏の陽気が続いてますね〜。

でも夕方になるとそれなりに秋の風が頬を撫で気持ちの良い時間ですね。

今夜は十五夜ですね!昼間私は、日ごろから葬儀でお世話になっている港北区のお寺様にお邪魔したのですが本堂の脇に三宝にお供えしたお団子とススキが飾られていました。

そもそも十五夜とは 別名を中秋の名月といい、秋の満月を楽しむ日です。旧暦の十五日。つまり今日が正しい十五夜になります。毎年十五夜から若干のズレが生じるのですが今年はピタリと一致したそうです!これは六年ぶりの事だそうです。

 月見団子、柿、梨などと一緒に神酒を供えて、月を眺めながら宴を興じる日とされています。すすきを花瓶に飾ったり、地方によっては芋煮をする風習もあるようです。

今日は雲の張り出しも余り無いみたいで私たちあおい葬祭スタッフもみんなで眺めてますよ。

みなさんのお住まいからはきれいに満月は見えてますか?

香典返しも現代風?? 栄区

15329672.jpgご回覧ありがとうございます。

今日は栄区のお客様の自宅に訪問し先日のご葬儀で弔問頂いたご親戚やご会葬者の

皆様にお香典返しを送るためにあおい葬祭でご注文をいただいたので打ち合わせに

いてまいりました。今日では、香典返しも先様が自由に選べるカタログギフトを選ばれる

方が多くなってまいりました。どうしても頂いて困ってしまうものがあったり送る方も

何を送って良いか分からず解決の糸口が見つからないのが現実です。

やはりそんなときに役立つのがカタログギフトなんですね!!

葬儀を終えてからはあれやこれやと相続手続きに追われたりやらなければいけない事が

山積みのなか商品を決めて悩んでいる時間が無いのが現実です。

私たち葬儀業界に携わる者としても便利なシステムだと思います。

 

もうそこまで・・・ 戸塚区

110906_224823.jpgご回覧有難うございます。

だいぶ明け方と夜中が肌寒さすら覚える陽気になってきましたね〜。

今日は業務戸塚区のお客様のご自宅へ訪問する事になっていたので朝の涼しい風を浴びながら

車を走らせて到着すると側には今では珍しく田畑が広がっていたんです。畑にはいろいろな野菜

が実っていて特にナスは艶があり大きく実っていましたよ。

そんな傍らに季節の便りを見つけました。

先日のブログにも書きましたがもう少しでお彼岸シーズンを迎えますが、それを知らせるかのように

彼岸花が咲いていました。

ちょうど秋の彼岸の頃に花が咲くことから名づけられ根に有毒成分があるのですが昔、毒を抜いて粉にし食した事から「饅頭花」の別名もあるそうです。

別名「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)と言い「天上の花」という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典によるものだそうです。

なんとも仏教には欠かせない花なんですね。皆さんも秋の訪れを探してみてくださいね。 

ペットも家族の一員 瀬谷区

tiwawa4.gifご回覧有難うございます。

今日は私の知人である瀬谷区に住むおばあちゃんよりご連絡を頂きました。

内容というのは少し寂しい内容でした。私も以前おばあちゃんの自宅にお邪魔した時に

一緒に遊んだのですが、とても仲良しな愛犬のマルチーズがいたのですが年齢のせいもあり

亡くなってしまいどうして良いか分からず私の所に連絡してきたそうです。

私自身も愛犬家でありおばあちゃんの心の痛みは手に取るように伝わってきます

少しでも華やかに送り出したいとの希望からワンちゃんをおに移し処置をした後に大好物

だったジャーキーやおもちゃを入れてあげて溢れんばかりの色とりどりのお花で埋め尽くし

旅立ちをさせて上げました。

私達あおい葬祭としてもおばあちゃんの気持ちを形にしてあげることができて本当に

良かったと胸を撫で下ろしております。

たかが犬とおっしゃる方もいるかとは思いますが小さな命といえども立派な家族の一員なんです。

これからもスタッフ一同、心温まる葬儀のお手伝いが出来るように勤めていきたいと思います。

友人の困った時の神頼み?? 

kono1.jpgご回覧有難うございます。

今日は久しぶりに学生時代の友人より数年ぶりに連絡があったのですが、面白い内容で

ありながらこのブログをご覧になっている皆様にも同じ体験をする時が来たときの参考に

この場を借りてお話させて頂きますね。

 友人の電話の内容というのが知人の葬儀が栄区の葬儀場で執り行われ参列するんですが神式

での葬儀なんですがどうやってお参りをすれば良いのでしょうか?という内容でした。

友人は私が葬儀社という事を知っていたので慌てて電話してきたんですね。

では、友人に説明した事を箇条書きにして神式の葬儀に参列したときのお参りの仕方を

説明しますので皆さんも同じような事態になったときに役立ててください。

 

1. 祭壇の手前で、一旦立ち止まり、遺族・神官に一礼します。

2.神官から玉串を受け取ります。右手で根元を上からもち、左手で葉の方を下から支えるように持ち、祭壇前に進み一礼します。

3.玉串を時計回りにし、右手で持っている根元を自分の前に持ってきます。葉の方の左手は神前に差し出すように下から葉を支えます。

4.玉串を額に近づけるように掲げ、故人の冥福を祈ります。

5.玉串をもとの高さに下げ、左手で根元の方を持ち、右手で葉の方を持つように、手を持ち替えて更に時計回りにします。

6.根元が祭壇の方を向いたところで、 神前に一歩進み、玉串を胸の高さに掲げ、玉串案にお納めします。

7.そのまま後ろに2〜3歩下がり、2回礼をします。そのあと音を立てないように2拍手、最後に丁寧に一礼をします。
これを「ニ礼、ニ拍手、一礼」と言い、神式の儀式全てに用いられます。なお、音を立てずに拍手することを「「忍び手」と呼び、葬儀などの儀式に用いられます 。

 

ちょっと気が早いですかね??

usuzumi_sample2.jpgご回覧有難うございます。

今日も横浜では半端な雨が降ったりやんだりと天候が変わり湿度も高くムシムシする一日でした。

まだまだ残暑というよりは夏真っ只中といった陽気ですが、本年度ご葬儀を執り行ったご遺族様は

喪中につき新年のご挨拶と共にお礼の辞退を友人知人に知らせる喪中はがきを送らなければなりません。

 喪中はがきとは、「年賀状の欠礼はがき」あるいは「年賀欠礼状」と呼ばれることもあります。その年に家族のどなたかが亡くなった場合には、新年を祝うことはせずに喪に服していますという意味の喪中ハガキを出します。相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うよう、11月には印刷屋さん、あるいはあおい葬祭でも承っておりますが早めに用意をし、遅くとも12月初旬には届くようにします。まだまだ時間があるから・・・なんて思っているとすぐに師走です。

早め早めの準備をなさって下さいね。

大切な資料なんです。 栄区

img_1128188_32507441_0.jpgご回覧有難うございます。

以前、栄区にお住まいでご葬儀をご自宅にて執り行ったお客様よりお電話を頂きご質問を

投げかけられたのですが大変興味があり、意外と葬儀を取り仕切った施主様・喪主様には

見えにくく盲点となっていることなので、ちょっと経験をもとにお話させて頂きますね。

頂いた用件というのは、こんな内容です。お葬式の際に頂いたお香典にはお香典返しをするが

ご供花や花輪や弔電に対してのお返しはどうすればよいですか?と質問されたんです。

今回の事例に対しては特にこうしなさい!!といったしきたりは無く正解が無いのが現実です。

では皆さんどうしているでしょうか?

数多くお世話になったお客様の大半はお香典に対してはお香典返しを、それ以外の上記に

挙げた頂き物へは葬儀の時に受付で使用した帳面を大切に保管して、もしも頂き物を贈って

くれた方にご不幸があった際には同じもの、それ相当の物を今度はお客様が贈っている

傾向があります。

そのためにも、過去にご葬儀をなさった方は二日間しようした帳面は大事な資料になりますので

大切に保管してくださいね。

もうすぐですよ♪

IMGP91461.jpg御回覧有難うございます。

今日も残暑という言葉がぴったりな一日でしたね。早いもので八月も後三日で終わりで、つい先日

お盆供養が終わったと思っていたんですけどね〜。

来月は9月23日頃(秋分の日)を中心に、それぞれ前後3日の7日間行われるお彼岸がやってきます。お彼岸とは3月21日頃(春分の日)、秋は9月23日頃(秋分の日)の二回行われます。

一般的にはお彼岸の真ん中の日をお中日と言い一番お寺さんや霊園にとっては忙しい一日に

なります。

あおい葬祭としても葬儀の業務と平行してお寺様のお彼岸の準備でお世話になります。

皆さんもお彼岸が近づいてくるとご自宅の仏壇にお供え物として「ぼたもち」「おはぎ」をお供え

するかと思います。

さて、なんで「おはぎ」「ぼたもち」なのでしょう??

「おはぎ」「ぼたもち」それぞれ名称は違いますが同じもので、先にもお話したとおり

お彼岸は春と秋の二回行われます。そこで春の牡丹、秋の萩を模したことが由来と

言われてます。

皆様も早めの準備を心がけてご先祖様への感謝の気持ちを伝えてくださいね。

秋の訪れもすぐそこまで・・・。 南区

110827_091724.jpgご回覧有難うございます。

本日、日曜日ということもあり先日南区でご葬儀をしたお客様の四十九日法要が菩提寺で

執り行われ法要からおときの席(精進おとし)までお世話させて頂きました。

最近お天気が不安定の中天気にも恵まれご親族様も皆さん駆けつけて頂き20名様の法要となりました。

お寺の境内も一時の暑さも少し和らぎ庭の片隅には秋の訪れが早くも感じられるかのように

柿の木に緑色の実がなっていました。もうしばらくするとお彼岸の準備が始まります。

暑さ寒さも彼岸までと申しますが、自然破壊・温暖化により四季のズレも感じぜずにはいられませんね。バッド(下向き矢印)

 話は戻りますが四十九日・一周忌・三回忌・七回忌と大きく法要がご葬儀を終えた方々には

訪れますが、初めて葬儀をなさった方は上記で挙げた法要もどのように準備をすればよいのか

迷ってしまうものです。そんな問題に少しでもお役に立てればと あおい葬祭としては全面的に

お力になれるように会社のモットーに掲げスタッフ一同バックアップさせて頂いております。

何かお困りになったことがありましたら当ホームページの問い合わせフォームよりご連絡

頂ければと思います。

予測された豪雨・・・。 鶴見区

201076.jpgご回覧ありがとうございます。

今、帰宅したのですが夕方から横浜は天気予報が的中して物凄い豪雨でした。現在は少し小降り

になったみたいですが・・・。今日は幸いにも葬儀が無かったのでホッっと胸を撫で下ろしています。

やはり大雨の中のお通夜や出棺はご遺族様やご会葬者にとっても大変なご苦労になります。

やはり、あおい葬祭もスタッフ一同ご不便を掛けないようにより一層アクティブに業務をこなさなくては

いけません。天候だけはどうにもなりませんからね〜雨

今日では横浜・川崎では市営火葬場を利用なさる方が大多数をしめております。

火葬場といっても一部の市営火葬場においては式場が併設しているので、予約制ではありますが

そちらの式場を利用することによって沢山のメリットがあるんです。箇条書きではありますが

下記にまとめてみましたので検討・ご参考にご利用頂ければと思います。

*市が運営しているので火葬料金・式場使用料金が安い

*火葬場が併設している為ご出棺時の車(霊柩車・ハイヤー・マイクロバス)が不要。

 上記の車をすべて手配すると10〜15万円掛かります。

*設備が整っているので何かを持ち込む必要が無い。(接待のお茶など)

 

便利であり大幅に費用を迎えることが出来るので特に自宅葬儀などの希望がなければ

最大限に市営の施設を利用すると良いでしょう。

あおい葬祭も横浜市17区・川崎区を中心にカバーしておりますのでこれから葬儀を執り行う方

またいつかに備えて見学と説明をお聞きになりたい方は当ホームページの問い合わせフォーム

よりご連絡いただければスタッフがお迎えに上がり現地にてご案内、質疑応答させて頂きます。

昔から“百聞は一見にしかず”と申します。

ぜひ、お気軽にご連絡ください。

葬儀も海の仕事も・・・!?

image.jpgご回覧有難うございます。

今日も昨日に続き神奈川区のお客様のご自宅に向かっているのですが途中、山下町を抜けていく

のですが地元の方はご存知でしょうが眼下には海が広がり埠頭には沢山のコンテナと外国からの

船が着岸しています。そこで見かけた一隻の船。その船はタグボートと言って大きい船の横浜港まで

の誘導や着岸の助けをするそうです。つい数日前にもテレビで特集していたのでご覧になった方

もいらっしゃるかとは思いますが、そのタグボートには水先案内人が乗り込んでいるそうです。

数々の天候や航路(船の道)の混雑状況を経験し熟練の技で大型船を誘導するそうです。

そんな光景を見かけたとき葬儀も二つとして同じ お葬式は無く動揺し緊張なさってるご遺族様

をはじめとして弔問に訪れたご会葬者様を手際よくご案内しなくてはいけないのが葬儀社の業務

です。海のルールに従い、いかなる状況においても迅速な判断行動を迫られ安全な航行をしなく

てはならない水先案内人の方々・・・。

なんだか完全な他業種ではありますが他人事には感じない不思議な感じでしたね〜。

では、今日も一日がんばっていきます!!

皆さんも十分な水分補給を!!

葬儀から得るきもち・・・。 神奈川区

110820_122631.jpgご回覧ありがとうございます。

本日もどんよりとした雲の張り出した蒸し暑い一日ですねたらーっ(汗)皆さんちゃんと水分補給してますか?

灼熱のような天気でなくても今日みたいな曇りがちな日も知らぬ間に汗をかいて体の水分を

奪われているんです。こんな天気だからこそご注意を!!

さて今日は四十九日の法要の打ち合わせで神奈川区へ向かっているのですが、みなとみらいを

抜けて向かいました。学生の皆さんは夏休みも大詰め・・・。コスモワールドも賑わっていました。

普段葬儀では故人様の生い立ちを伺い月日、時間の重さをひしひしと感じる瞬間があります。

そして、今こうしてコスモワールドというよりみなとみらいのシンボルの一つである巨大観覧車を

目の前にして一秒一秒刻まれる観覧車の秒針を眺めると、なんだか考え深い思いに駆られて

しまいますね。 

因みにみなとみらい観覧車(コスモクロック)は直径100メートルあるそうですよ♪

磯子区 のとある公園で・・・。

201108-02-thumb-400x267-560.jpgおはようございます。ご回覧ありがとうございます。

今日は続いた雨もやみ雲りがちながらお天気なりましたがととも湿度も高い1日ですね。あせあせ(飛び散る汗)

今日は以前葬儀でお世話になりました磯子区のお客様宅へアフターケアとして訪問する約束を

していたので向かっていたのですが、思いのほか道路はガラガラで約束の時間まで側に公園が

あったので缶コーヒーを買い、つかの間の休憩を取っています。

ホッと一息入れていたときに目に飛び込んできたピンク色の花かわいい

そうです!百日紅(さるすべり)です。それはそれはどんより雲の間から届く光を浴びて美しい

ピンクに幹を彩っていましたよ。

ここで豆豆の知識。

夏を中心に花を咲かせる百日紅(さるすべり)花は白いものもありますが、赤い花が一般的で、原産地は中国で、次から次へと花を咲かせ、百日にもわたってどこかに花を咲かせているので「百日紅」と呼んでいるんですよ。しかし、日本ではその幹がツルツルしているので、木登り名人の猿でさえ登れないということで「さるすべり」と呼ぶんです。なんだか華麗な花からは調子が狂ってしまう

冗談のようなエピソードですよね♪

ですが、こうして見えてくるもの、匂い、音、味など様々な形で五感を刺激され四季の流れ、季節感

を感じれるのは本当に心があらわれる思いですね。

つかの間の休息でしたがすばらしい時間でしたよ。

位牌の疑問?? 港北区

img10342214374.jpgご回覧有難うございます。

以前のブログ記事でもお話しましたが葬儀の後に結構な確立で質問されることがあるんです。

もしかしたらこの記事を回覧していただいている方の中にも同じ疑問を持たれた方も

いらっしゃるかと思いますが、よく位牌の裏側には俗名と年齢が書かれていると思いますが

この年齢が問題なんです。よくご覧になっていただくと年齢の上に享年や行年など書かれていると

思います。ここで気になるのは、享年・行年に違いがあるのかという事です。

厳密に言えばこの二つは同義語で仏教語でもありません。また宗派によって違いがあったり

選別もしません。仏式においてはどちらも共に普通に使用されます。

使い分けているのはお寺の住職の好みだったり地域の習慣や風習に昔から伝わっているものを

使用します。また、一般には満年齢ではなく、数え年で書かれます。意味合いとしては

母親のお腹の中で十月十日この世に命を授かった時点から年を重ね生まれる時には一才

と解釈する事から数え年で年齢を数えます。

あおい葬祭も葬儀でお世話になったお客様から仏壇に納める位牌(本位牌)の注文を

頂くことがありますが、このポイントには十分注意して業務に取り組んでいます。

備えあれば・・・。金沢区

785.gifご回覧有難うございます。

連日の猛暑がひと段落したと思ったら、今度は降ったりやんだりのハッキリしない

お天気が続きますね。今日はこれから、いざ葬儀のときに慌てるのが嫌なので

今のうちに話を聞きたいという金沢区にお住まいの方から生前受注という形で

説明に伺います。やはり葬儀となるとどうしても皆さんにとっては疑問や理解に苦しむ

ポイントが沢山あると思います。それを一つ一つ紐解いていくのことが出来るのは

今回のように事前にお葬式と言うものに向き合い事前の準備をして頂くのは

生前受注の最大の魅力とも言えるでしょう。どうしてもその時になると時間にあまり

余裕がないので判断を急がなくてはいけない状態になります。

その結果後で聞いて無かった!、請求金額に驚いた!!なんて方も耳にした事があります。

あおい葬祭としてはお客様にしっかり理解していただき故人様への最高のセレモニー

になればと勤めております。

縁起でもない話でしょうが、近日ご葬儀を執り行う方がこちらのブログをご覧になって頂け

たのなら他社の葬儀社様でお世話になる方もご遠慮なく当ホームページの問い合わせ

フォームより疑問・ご質問等がございましたらご遠慮なく書き込んで頂ければ、24時間

態勢でチェックしておりますのでお答えできる範囲でご回答させて頂きます。

 

最近、気温の差が激しくなっております。皆様、十分体調には気をつけてお過ごし下さい。

天災も葬儀も備えあれば・・・。

無題.pngご回覧有難うございます。

今日は横浜はお昼あたりから雷と物凄い雨ですごい状態でしたね〜雷外に用事で外出していた方、仕事でお仕事をなさっていた方本当にご苦労様でした。私もその一人でしたがずぶ濡れ

になってしまったでしょうねバッド(下向き矢印)振り返ってみてみると久しぶりの本格的な雨になりましたね。

ただ、お湿りを通り越していたような気がしますが・・・・。

ちょっと気になって何日ぶりの雨なのか調べてみたのですが横浜では7/29に降った雨を

最後に今日が40日ぶりの雨だそうです。

また、豪雨に加えて午後には福島沖を震源とする震度5の大きな地震もありましたね。

私も鶴見区で会議をしていたのですがかなり揺れましたね。

まだまだ余震も続き予断を許さない状況ですが改めて皆さんも゛喉元過ぎれば何とやら”

では無いですが緩んだ心の“たすき”を閉め直さなければいけませんね。

備えあれば憂いなし。この精神は私たち葬儀屋にも大変重要な精神なんですよ。

どうしても、お葬式は実際にお通夜を迎えてみないとご会葬者の人数というのは出てこない

ものなんです。そんな中我々はお客様に失礼が無いように返礼品お料理などを準備しなくてはいけません。無駄を少なく不足が無いように準備を進めます。

備えというものは様々な局面において必要な事なんですね。

お葬式もデジタル化・・・?

paso.gifご回覧ありがとうございます。

今日は業務も落ち着いたので、書類を整理しようとパソコンへ向かったのですが・・・。

嫌な音と共に壊れてしまったのです。たらーっ(汗)たらーっ(汗)何とかデータは別のハードディスクで保存していたので助かったのですが、慣れない新しいパソコンで悪戦苦闘あせあせ(飛び散る汗)大変な作業でした。

お葬式というと昔から伝わる伝統的な儀式に思われがちですが意外と皆さんが想像する以上にデジタルな部分があるんですよ。最近では電報もNTT116が主流でしたが職場などから

インターネットを利用して電報を手配したり、故人様へ贈るご供花の注文など様々で手軽で

簡略化されていますね。皆様も一度は耳にしたことがあると思いますが、インターネットを利用して自宅や職場のパソコンでお墓参りが画面上で出来るなんてサービスを提供している霊園も

ありますね。シンプル。手軽。で楽なのはよいですがやはりこの仕事を長くやっている私に

とっては寂しさも感じますね。あおい葬祭としてもホームページを作りこうしてブログも書いて

お客様には様々な注文問い合わせでは重宝して頂いているのも事実です。

ただ、ご先祖様への手を合わせるお気持ちは敬意を払いアナログであって欲しいですね。

横浜 花火大会を通して感じたこと。

110817_164812.jpgご回覧ありがとうございます。

最近では徐々にではありますが夕暮れの時間が早まってきていますね。日ごろ車での移動が

多いのでライトの点灯時間が早まっているのを感じています。今日も業務であちらこちらに飛び回っていたのですが一枚のタテ看板に目が留まりました。地元でありあおい葬祭の業務エリアでもある横浜で本日、神奈川新聞主催の花火大会が開催されるそうです。本来であれば、

横浜市主催の花火大会も行われるのですが東北大地震へのこともあり中止となった

そうです。世間では各地のお祭り・催しを自粛する声や反対の鎮魂の為に開催するべき!!

と賛否両論ですが皆さんの考え意見はどちらでしょうね?

私たち葬儀に携わっていると似たようなことを感じるときがあるんです。

お葬式と聞くと皆さん悲しみにくれて重い空気の中執り行うイメージがあると思います。

確かにそういったお葬式は多いですが、笑いが耐えないと言っては言い過ぎですが明るく

送り出してあげたいと希望するご遺族もいらっしゃるんですよ。

震災で被害を受けた被災者、震災で命を落とされた方、反対に震災の影響も無く病気も無く大往生で息を引き取った方さまざまですが大切なのは故人を想い遺族がどう受け止めるかなんですよね。

あおい葬祭としても故人様の生前中の願い、また葬儀を勤めるご遺族様の希望にしっかり

耳を傾けてこれからも取り組もう!!とスタッフ一人一人が改めて心に刻みました。

南区 お客様の自宅のそばで・・。

img_320272_35413225_0.jpgご回覧ありがとうございます。

今日は暑い中にも心地よい風もあり暑さも若干和らいだ感じの一日に思いましたが

皆様はいかがでしたか?

今日は先日お世話になった南区のお客様とお香典返しの打ち合わせがありお邪魔してきました。お客様のお宅の周りは緑が沢山あり閑静な住宅街なんですがそれぞれご近所のお宅の

玄関先では送り火をした様子が残っていました。今日8/16は一般的には八月盆の終わりの日

にあたり皆さんはご先祖様とのお別れとなります。ご先祖様は牛を模したナスの牛に乗り

ゆっくりお帰りになるんです。ちなみにお盆が近づくと花屋さんには仏花がところ狭しと

並びますが、ほおずきを目にしたと思います。ほおずきにもちゃんと意味がありご先祖様

が家に帰って来る時に明かり(灯明)をつけて迷わないようにするのですが実際には

火を付けられないので、ほおずきを炎に見立ててお飾りしているんですよ。

今頃、帰り道の渋滞に巻き込まれて疲労困憊の方もいらっしゃると思いますが、くれぐれも

気をつけて下さいね。

住職の訪問と位牌 仏壇のあれこれ・・・。

imageCAZNAD72.jpgご回覧ありがとうございます。

今日もものすごい猛暑ですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?いつもブログをご覧になって頂いてる皆様もゆっくり田舎暮らしを満喫している方や

お盆休みを返上して仕事している方など様々でしょうね。
私は先日葬儀でお世話になった。お客様が新盆を迎えて菩提寺であるお寺の

ご住職がお客様のご自宅の仏壇の前でお経を上げて頂く事になり準備をしております。以前のブログにも書きましたがご住職はこの後も沢山のお檀家さんの

ご自宅へ訪問してお経を上げなければいけません。

あまり長時間引き留めるような事は避けましょう。
 

この後私は以前葬儀でお世話になった中区のお客様のご自宅へお邪魔してお位牌の打ち合わせに入ります。
良い機会なのでここでちょっと仏壇仏具に関してのお話をさせていただきますね。
お位牌をはじめとして、仏壇には様々な種類や決まり事があります。素材やデザインなどは数知れずありますが一般的には黒塗りの仏壇仏具位牌を選ばれる方が多数です。ブログをご覧になっている方の中には自分の家の仏壇は赤茶色の

仏壇だったなんて方もいらっしゃるでしょうね。これを一般的に黒檀素材の仏壇仏具位牌と言い大変高価なものとされています。まず仏壇の購入を考える際にはお部屋のどの場所に置くかを考える必要があります。

生活していく上で不都合はないか?お参りの際には目線の高さでお参りし易いか?など見落としがちなポイントに十分注意をしましょう。

なかなか仏壇というものは買いなおす機会は無いと思いますが購入を考えたときは、どれを選んでよいのか検討もつかないと思います。

あおい葬祭としてはそんな悩みをお持ちの皆様に対してサポート態勢を整えております。ぜひ、Webのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

葬儀を終えてお盆のお迎え・・・。

110813_094744.jpgご回覧ありがとうございます!ちょっと業務が立て込んでしまい久しぶりの更新となってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)またこれから随時アップしていきますので応援よろしくお願いします。

しかし、以前に増して毎日暑い日が続きますが皆さんは夏バテ、熱中症にはなっていませんか?私たちも先日の業務では水分を取りつつ汗をかきつつといった具合でした。ここまで暑いと

やはり気になるのは祭壇や皆様から頂いたお花が駄目になってしまわないだろうか・・・?

と心配してしまいますがそこはやはりプロの花屋さんですね。設営後は勿論のことお通夜終了後、告別式の開式前とポイントポイントでお花の状態をチェックしていただき最高の状態を保ったまま故人様を送り出すという強い気持ちでスタッフ一人一人が全力で取り組んでおります。

さて私自身も無事に葬儀の業務を終えて昨日13日自宅で迎え火を焚きご先祖様を迎え入れました。

親戚が沢山集まりそれぞれ話に花が咲き楽しい時間を過ごしました。

ご先祖様もそんな様子を見て笑っているのかもしれませんね。

皆さんも帰郷していたり海や山へレジャーに出かけている方も沢山いらっしゃると思いますが

帰りの運転、水の事故など十分に気をつけて楽しい夏休みを過ごしてくださいね。

また、ご先祖様のお仏壇、お墓があるようであれば少しの時間でも構わないので手を合わせて

感謝の気持ちをこめて報告してあげてくださいね。

お葬式を終えて没日より四十九日目。 港南区

DSC_0099.JPG

ご回覧有難うございます。

本日、来週の日曜日に執り行う四十九日法要の最終打ち合わせに港南区のお客様のお宅にお邪魔しました。打ち合わせは無事に終わりましたが、ちょっとこの場を借りて法事のあれこれをお話したいと思います。

仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と正しくは呼びます。
この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます。
ただ、忌明けの日が平日に当たる時は忌明け日の直前の土曜日曜日に行うケースが一般的

です。 また法事のあとの会食をお斎(おとき)と呼びます。この呼び名は四十九日に限らず

一周忌、三回忌等の法要の会食すべての呼び名です。

また気を付けなければいけないことは会食の前に一般的には主催者(喪主・施主)の御礼

のご挨拶。続きで献杯の挨拶をどなたかに依頼します。実際私も沢山の法事に立ち会い

ましたが、献杯の依頼をご親戚の方がその場で指名されて戸惑う光景がたた見受けられます。

もし、ご親戚の何方様かに依頼する際は事前にお願いしておくと良いでしょう。

また、当あおい葬祭としてはご法要における全ての依頼・手配を承っておりますので

ご不明な点等がございましたらご連絡頂ければと思います。

お葬式を終えてからのあれこれ・・・。

sindansyo.jpg

ご回覧ありがとうございます。

今日は先日葬儀でお世話になった方のお宅へお邪魔した時の出来事をお話します。

以前、中区のお寺で葬儀を終えたお客様からの質問を頂いたのですが、生命保険の死亡保障

の申請をしようと思い死亡診断書を書いていただいた病院に再度出向いて追加の死亡診断書を頂に行って来たそうです。(死亡診断書は主治医の先生のサインと印鑑が押されている為に

公文書として扱われるために複製は基本的にNGなんです。そのために再度病院に出向き

それぞれ病院で決められた代金を支払い診断書の追加を頂きます。)

お客様はこれを生命保険会社に送れば良いんだよね?と質問され、私も保険屋さんでは

ないので申請方法の用紙を確認させて頂いたのですが、嫌な予感がしていたのですがズバリ

的中バッド(下向き矢印)保険会社の専用の申請用紙に主治医の先生のサインをもらってください。と書いて

あったのです。つまり追加でもらった死亡診断書は不要となり追加代金¥10000が無駄に

なってしまった訳です。

お客様にとっては葬儀後ももろもろの手続きに追われて余計な労力を使いがちです。

精神的にもキツイ時期ではありますが、あおい葬祭としては葬儀が終わってからがお付き合いの始まり。と謳っていますが、葬儀以外もご遺族様のサポート対応出来る様に専門スタッフ

を揃えています。

他の葬儀社さんで葬儀を行ったご遺族様でお困り事がありましたら問い合わせフォームより

お気軽にご相談お待ちしております。全力で対応させて頂きます。

お葬式を終えて・・・。香典返し編

nori.jpg

ご回覧有難うございます。何だかハッキリしない天気が横浜では続いています。

皆様お住まいの地域はいかがですか?

今日は先日ご葬儀でお世話になったお客様より四十九日のお香典返しの依頼を受けて

お邪魔いたしました。今日ではありとあらゆる商品がラインナップされていて、慣わしから言えば

消えてなくなる物(仏事ごとを引きずらないように)を選び先様へお渡しするのが通例でしたが

時代背景もあり変わった商品もあります。珍しいものでは陶芸体験ツアーや乗馬体験ツアー

なんて商品もありましたあせあせ(飛び散る汗)私も葬儀業界に入りまだ20年弱の若輩者ですが入社当初から

考えるとずいぶん香典返しも様変わりしたな〜。なんて感じている今日この頃・・・・。

そんな、時代だからこそ正統な仏事ごとで使われる お茶や海苔にはあおい葬祭としても

重要視しているところです。そこで最近大変お客様からご好評頂いているのが上の画像にも

ある味海苔なんです。これがまた凄いんですexclamation×2とびきり上質な海苔をしようして惜しげもなく

味付け海苔にしてしまっているのです。本来スーパーなどで並んでいる味付け海苔は品質の

落ちる海苔に味をつけてごまかしている傾向にあるそうです。それに対してこの海苔は口に

入れた瞬間から驚きなんですよ。海苔の風味は勿論のこと味付けしているフレーバーが

口の中いっぱいに広がり気づいた時には無くなる口どけ。本当に皆様にも味わって頂けたら

と思います。ご希望の方は問い合わせフォームよりご注文頂けますのでご連絡お待ちして

おります。またお香典返しに商品が決まらない方もご相談ご依頼頂けますのでお気軽に

ご連絡くださいね。

お葬式の必需品!?

灰ならし.jpg

ご回覧ありがとうございます。最近ゲリラ豪雨やら地震やら落ち着いたと思っていると天災に

見舞われて落ち着かない日々が続いてますねバッド(下向き矢印)今日も明け方関東地方でも地震があり

長い時間揺れていたので飛び起きて寝不足の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

睡眠不足から夏風邪を引かないように皆さんも十分に注意してくださいねexclamation×2

さて今日はちょっと珍しい物をお見せしますね。上記の画像をご覧になって

「これは何だろう?」と思われる方がほとんでしょうね。私の仲間の中にはもんじゃ焼きのヘラ?

なんてユニークな回答をしてた人もいましたたらーっ(汗)

これは僕ら葬祭業に携わっている者には大変重宝する道具なんですが、お葬式で私たちが

使います。用途としてはお通夜・葬儀の開式の前や閉式した後の掃除で使うお線香立ての

灰をならす道具なんです。イメージとしては街中で左官屋さんがコンクリートを平らに馴らしてる

イメージが一番近いですかね♪

勿論、お客様やご遺族様がお線香をあげるときに綺麗にしておく為に灰をならすのですが、

本来この灰ならしの道具はお茶の道具に分類されるそうです。正直ピンと私自身こなかった

のですが調べてみるとお茶をたてる際に雑念などを取り払い心を落ち着かせてお茶をたてる

ように灰を平らにならし囲炉裏の灰を整えるのに使っていたそうです。

実際やってみると集中力との戦いで難しいですよねあせあせ(飛び散る汗)

皆さんも お葬式に参列する際は故人様との想い出を浮かべ心落ち着かせて

お参りしてくださいね。

お盆が過ぎると・・・ 金沢区 にて

kurage.jpg

おはようございます。

今日は少し時間があいたので近所の金沢区海の公園へと散歩に行きました。

蒸し暑いながら心地よい風が私の頬を撫で日ごろ仕事柄どうしても時間に追われている緊迫感

から開放されたような気がしました。本当に短い時間でしたがリフレッシュしてまたがんばって業務に取り組めるエネルギー満タンですよグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

 しかし、そんな所にも地球温暖化、環境破壊による変化をすごく感じる出来事があったんです。

波打ち際を歩いてみると無数のクラゲが打ち上げられていたんです。クラゲの大量発生はお盆が過ぎてから増えだすのが恒例なのですが、今年は半月ほど早いですね〜たらーっ(汗)

海の水温上昇が進んでいるのでしょうね〜。こうした変化はお葬式でも必要なお茶やお花

といった物にまで影響を及ぼしているそうです。変な時期の収穫や季節はずれのお花の荷・・・。

私がお葬式を通じて感じる地球の危機を知らせる警鐘はごくごく小さなものかもしれませんが

一人一人みんなで考えなければいけない宿題なんでしょうね。

私を含め皆さんも自分ができることをちょっと考えてみましょうね。

▲このページのトップに戻る